冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e5%86%b7%e3%81%88%e3%81%9f%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%8c%e8%89%af%e3%81%84糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思ってダイエットを諦めていませんか。

でもご飯を食べても痩せやすい方法があるのですよ。

ここでは、ちょっとしたことに注意するだけのその方法をご紹介します。

冷や ご飯がダイエットには良い?

%e5%86%b7%e3%81%88%e3%81%9f%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93ダイエットを始めてお弁当派になった、という人は多いのではないでしょうか。

好きな食材を好きな調理法で作った総菜を詰め込んだお弁当は、量をコントロールできたり、栄養のバランスを整えることができるます。

また、それだけでなく、もう一つのダイエット効果を高めるものがあります。

それは、冷えたごはんです。

通常お米に含まれるでんぷんは囲まった状態ですが、加熱して炊くとその結合が解かれて、ごはんは吸収されやすくなります。

ところが、ごはんが冷えると再びでんぷんが結合されて「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」になります。

難消化性でんぷんを食べると、食物繊維のように働くため、食後の血糖値の上昇が緩やかになるのです。

保温式弁当箱はダイエット的にはNG?

%e4%bf%9d%e5%86%b7%e5%bc%8f%e5%bc%81%e5%bd%93%e7%ae%b1
最近は保温式弁当箱も使いやすくなり、温かいごほんとおかずを食べることができると評判ですが、ダイエット的にはNGです。

炭水化物は摂取後に小腸で分解されてブドウ糖(グルコース) になり、血液中に入って血糖となりますが、ごはんは冷める

と難消化性でんぷんが増えるため、消化管では吸収されにくくなり、血糖値の上昇が低くなるからです。

ですから、ここは文明の利器は使わず、昔ながらの弁当で冷めたごはんを味わってください。

 

冷えた おにぎりもおすすめ

%e3%81%8a%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%8aまた、市販のお弁当もできれば電子レンジで温めず、そのままで。

冷めたごはんといえば、コンビニにズラリと並んだおにぎりもそうです。

さけやたらこ、ツナマヨ入りや、炊き込みごほんのおにぎりもあります。

小腹がすいたときにも、袋菓子を食べるよりもおにぎり1個の方がおすすめです。

もちろん、おにぎりも冷えたままの方がダイエットによいのですよ。

そして、野菜やおかずを先に食べ、おにぎりは最後にゆっくり良く、噛んでたべましょう。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

日本人の死因 ランキングは?メタボリックドミノとは?メタボ患者数は?

なぜ、ダイエットが必要なのでしょうか? それは、肥満が見た目がかっこ悪いだけでなく健康に重大な悪影

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑