乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

乳製品のダイエット 効果とは?

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優良食材です。

それだけでなく、GI値も低く、炭水化物など高GI値の食材と組み合わせることで、血糖値の上昇を抑えることができます。

また、最近の研究では、牛乳や母乳など哺乳類の乳に含まれる多機能性たんばく質「ラクトフェリン」が内臓脂肪を減らすことが確認されています。

砂糖を添加していない牛乳やチーズ、ヨーグルトは、小腹がすいたときの貴重なたんばく源です。

乳製品は食べ過ぎを防止する?

また、つい食べ過ぎてしまう人は、食前に牛乳を1杯飲んでおくだけで過食が抑えられ、血糖値の上昇も抑えられます。

%e4%b9%b3%e8%a3%bd%e5%93%81-%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8eパン食の人は、まず先に牛乳を少しでも飲んでから食べるようにすると、それだけでも違ってきます。

ごはんでも、牛乳やチーズを使ったリゾットやドリアにすれば、少量でも満足度は高く、ダイエットの物足りなさをカバーできます。

また、ヨーグルトは発酵食品として、腸内環境を整える働きが知られていますが、加熱しても整腸効果があります。

食べ方は、そのまま食べるだけでなく、みそ汁やスープに使えます。

そうすると、うま味成分のアミノ酸が倍増して、深みのあるまろやかな味わいになるのです。

 

お肉をヨーグルト漬けにすると?

%e8%82%89%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88%e6%bc%ac%e3%81%91ヨーグルトで野菜、肉、魚を漬け込むヨーグルト漬けが話題になりました。

インドのタンドリーチキンを例にとると、肉をヨーグルトに漬け込むことで、肉の筋繊維が乳酸菌で溶かされて軟らかくなります。

そして、そのすき間に肉汁がたまることでジューシーになるのです。

 

いずれにしても、乳酸菌もラクトフェリンも熱や酸に弱く、分解されやすい性質を持っています。

ですから、一度にたくさん食べるよりも、習慣的に毎日続けて摂取したほうがよいでしょう。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

以上から、、乳製品にダイエット効果があることが分かりましたね。

ちなみに私のダイエットにも、牛乳やヨーグルトなど乳製品を積極的に取り入れています。

なお、私は毎日の朝食前にすっきりフルーツ青汁を牛乳で割って飲むことにより、牛乳とすっきりフルーツ青汁のW効果を確保しています。

また、最近はネットで見つけたラクトフェリン サプリ「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」を取り寄せ効果を試しています。

 

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリ

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の公式ページははこちら

↓↓ クリック ↓↓

バナー原稿imp

 

なお、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリの効果についてはこちらでご紹介中です。

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

 

 

 

また、「ラクトフェリン+乳酸菌」サプリによるストレス解消の口コミはこちらでご紹介しています。

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑