リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、

短期(速攻)ダイエット、○○抜きダイエット…など涙ぐましいダイエット。

これらはみんなトライしますが、たいていは挫折し、リバウンドしてしまいます。

 

dieto3それは、なぜでしょうか?

ここでは、ダイエットでリバウンドする原因、メカニズムを明らかにしリバウンドの繰り返し防ぐ方法をご紹介します。

ダイエットでリバウンドする原因は?

私はやっぱり、「短期間で痩せようとすることに無理がある」と思います。

誰でも、少しでも早くダイエットを達成したい、その気持ちは分かります。

でも、いまの体重とどのくらいの期間付き合っているか、考えてみてください。

1年、2年でいまの体重になってしまった人と、何十年とこの体重と付き合っている人では、おのずとダイエット達成にかかる時間は異なります。

太った期間によって、ダイエット成功にかかる期間が決まるのです。

まず、以下の計算式であなたのBMIを求めてみてください。

BMl=22を健康指標として、以下の判定と照らし合わせます。

bmi

一般的にBMl=30以上は直ちに計画的なダイエットが必要ですが、長期間にわたって太っている場合にはダイエット計画にかかる時間も長期間を要します。

つまり、何年も維持していた体重をほんの1~2カ月でやせようとしてしまうのがリバウンドの原因なのです。

ダイエットで怖いのはリバウンドの繰り返し、その理由は?

短期間でやせようとするあまりに、頑張って極端な食事制限をして、摂取エネルギーを少なくすると、体内ではエネルギーを節約しようとして、消費エネルギーも少なくなってしまいます。

つまり、いままでの摂取エネルギーを極端に減らしてしまったら、体内では少ないエネルギーでやりくりする代謝メカニズム (節約モード) に切り替わってしまいます。

それでも食事量を減らしつづけると、体脂肪とともに筋肉も減ってしまい、体内の貯蔵エネルギーは不足して体重は減りますが、脳内の満腹中枢は働かなくなる一方で
食欲(摂食)中枢の働きはどんどん強くなります。

その食欲に負けそうになりながらも、さらに食事制限を続けると交感神経の働きが低下し、体温が下がり、体の活動が徐々に低下してきます。

%e3%83%aa%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%beこのような節約モードになったままの状態でダイエットを終了し、食事量を元に戻すと、どうなるでしょう?

満腹中枢の働きは鈍く、摂食中枢の働きは活発なので食欲が増しますが、代謝が低下しているので摂取エネルギーはどんどん体内に蓄えられ、脂肪細胞が増殖しながら体脂肪は増えつづけます。

そしてダイエット前の体重まではあっという間に戻ってしまい、さらに以前の体重を超過して逆に体重が増えてしまうのがリバウンドです。

ウエイトサイクリングとは?

dietpe-suハードな運動をしてやせた人はもっと大変です。

いまでは10人に1人は走っているといわれるほどのランニングブームですが、ランニングを始めた動機でいちばん多いのが「ダイエットのため」です。

ウオーキングに比べエネルギー消費も高く、走っているうちは、少々食べ過ぎても体重を気にすることはありません。

男性では、90Kgあった人が1年で30Kgも減量に成功したといった例も珍しくないほどです。

ところが、ランニングを続けている間はいいのですが、たとえば膝や腰を故障したり、また、職場が替わり忙しい部署に配属されるなど、走れる環境がくずれてしまったときが大変です。

特に、ハードな練習を積んでいた人ほど揺り戻しが大きく、たちまちリバウンドして元に戻ってしまいます。

間隔を空けずに運動を再開できれば、すぐ体重は減りますが、間隔が空いてしまうと、以前は簡単に落ちた体重が落ちなくなってしまうのです。

%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0リバウンドが怖いのは、減った筋肉は戻らず、体脂肪に置き換えられてしまうことです。

筋肉よりも比重が軽い体脂肪は、減った筋肉量以上に付着して体重を増やすので休のサイズが以前に増して大きくなります

特に腹部や腎部・大腿部が目立ってしまいます。

ここで気づけばよいのですが、ほとんどの人は気づくことなく、また同じようなダイエットを繰り返し、リバウンドを繰り返してしまいます。

このリバウンドの繰り返しを「ウエイトサイクリング」とか、行ったり来たりとヨーヨーのようにたとえられて 「ヨーヨー症候群」 とよびますが、これこそがやせにくくなり疾病リスクが高まる原因
となってしまいます。

いままでいろいろなダイエットを試し、そのたびに挫折している人は今度こそ、じっくりしっかり正しいダイエットに取り組んで、後戻りしないようにしたいものです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

 

リバウンドしてしまうダイエット法は誤ったダイエット法です。
本文にあるように、短期間で痩せようとしてリバウンドしてしまうのは、無理があるからです。
ご自分の採用しているダイエット法を正しく理解して取り組むことが大切です。

例えば、糖質制限の場合、「糖質を制限するだけダイエット」は誤りです。
糖質は控えるもののそれ以外の栄養素は、むしろしっかり摂ることが大切です。
また、糖質の制限の程度も状況に応じて(スーパー、スタンダード、プチ等を使い分けて)コントロールする必要があります。
正しいダイエットは我慢するものではなく満足度が高くストレスなく継続できるものです。

ちなみに、麺好きの私は補助食品大豆麺ソイドルを主食として満足度を高めています。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。 これではダイエット成功とはいえ

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

短期間 ダイエットは健康を害す?リバウンドする理由は?減量の目安は?

急激なダイエットで、かえって太る! 太りやすくなる、健康を害す。とよく言われます。 これ

記事を読む

ダイエットのための運動はいつやると効果的?食後or食前?リバウンド 防ぐには?

ダイエットのための運動をするとしたら、ウォーキング程度から始めるのが一番です。 では、いつやる

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」 という、太っていた

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑