ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。

これではダイエット成功とはいえません。

ダイエットで理想の体重になった後にリバウンドせず、体重の維持はできないのでしょうか?

ダイエットでリバウンドするメカニズムは?

リバウンドのメカニズムについては前回の記事「リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?」で述べました。

人や動物はすべて生体を維持させるために、環境変化に対応して内部を一定に保つ恒常性機能を備えています。

体重にも「セットポイント」があり、最も長く維持している体重にセットされています。

そのために、一時的にやせた体重および一時的に太った体重は、セットされている体重に戻りやすくなっています。

%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

例えば、長年の間60Kg前後だった体重を1カ月間で10Kg減量して50Kgにしたとしても、60Kgのセットポイントが解除されたわけではありません。

ですから、元の生活に戻れば、また1カ月以内に60Kg前後まで戻ってしまうことはよくあることです。

つまり、短期間に減量してしまうと、体重のセットポイントが強く働き、脳内視床上部の摂食中枢が元進して食欲が増します。

ところが、脳内視床下部の満腹中枢の働きは低下したままなので、どんどん過食が促されます。

さらに、急激なダイエットにより交感神経の働きが低下し、体温も下がりやすく、基礎代謝も落ちているので、食べたものはどんどん脂肪として蓄えられるというしくみです。

このように、セットポイントによって体重を元に戻すメカニズムが備わっているからこそ、どんなに頑張っても短期ダイエット後の体重は維持できないのです。

ダイエットできれいに 痩せるには?

yaseledy一時的にやせることは厳格な食事制限で可能なのですが、「やせてきれいになる」とか「やせて健康になる」ことをダイエットの目標にするのなら、短期ダイエットで はよい結果が得られません。

一般的には体重のリバウンドは筋肉が減って体脂肪が増えることを意味するので、リバウンドを繰り返すほど太りやすくやせにくい体質へと変化してしまいます。

 

ダイエットは減量よりもその後の体重維持が最も大切ということを、心に刻んでください。

ダイエット後の体重維持の方法は?

そのためには、短期に減量させるのではなく、長期的に取り組む事が大切です。

そして、脳の食欲コントロールと体重のバランスを平衡させながら、減量後の体重を少しでも長く維持させることで、セットポイントを少しずつ減量後の体重へと設定変更させる必要があります。

長く維持していた体重を、体はしっかり覚えているからです。

%e4%bd%93%e9%87%8d%e7%b6%ad%e6%8c%81%e6%96%b9%e6%b3%95

例えば、90Kgをダイエットで70Kgに減量しただけでは、まだ自分の体重ではなく仮の体重です。

70Kgを自分の体重にするためには最低でも1年間以上、できれば90Kgだった期間を超えるほど長期間にわたって維持させることなのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

リバウンドしてしまうダイエット法は誤ったダイエット法です。
本文にあるように、短期間で痩せようとしてリバウンドしてしまうのは、無理があるからです。
ご自分の採用しているダイエット法を正しく理解して取り組むことが大切です。

例えば、糖質制限の場合、「糖質を制限するだけダイエット」は誤りです。
糖質は控えるもののそれ以外の栄養素は、むしろしっかり摂ることが大切です。

ちなみに、野菜が不足気味な私は補助食品 すっきりフルーツ青汁で、ビタミン、ミネラル、食物繊維を補っています。

faojiru.s

 

「すっきりフルーツ青汁」の公式サイトはこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑