肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。

主食の中でも、食べ物によって、太りやすさは異なるようです。

例えば、白米やうどんより玄米やパスタが「約1・5倍」脂肪がつきにくいなどです。

ここでは、その差を考慮して、肥満を防止する食事方法についてご紹介します。

肥満を防止する食事方法とは?

食事をすると、摂取した炭水化物は腸内で「糖」に変わり、それが吸収されて血液中に入って血糖値の上昇として表れてきます。

糖は身体を動かすエネルギーになりますが、急激に増えると「インスリン」 というホルモンが出て血糖値を下げようとします。

インスリンは糖から脂肪をつくり出し、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因となってしまいます。

つまり、インスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要になります。

その目安となるのが、「GI値」 です。
gi%e5%80%a4%e3%81%a8%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4

GI値の定義とは?

GI値とは

GI値については記事「GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?」でもご紹介しました。

GI値とは 「グリセミック・インデックス」の略で、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを測ったものです。

GI値が低いほど血糖値の上昇が遅く、インスリンの分泌は遅くなります。

つまり、GI値が低い食べ物ほど、ゆっくり吸収されるため腹持ちがよく、内臓脂肪を落とすためにはぴったりなのです。
gi%e5%80%a4_%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa

おもな主食のGI値一覧

では、おもな主食のGI値を見てみましょう。

●お米
精白米 ・・・・・・・・84
赤 飯 ・・・・・・・・77
胚芽米 ・・・・・・・・70
麦(押し麦〕   ・・・・ 65
玄 米   ・・・・・・・ 56

●麺類
うどん ・・・・・・・  80
スパゲティ ・・・・・・ 65
中華麺 ・・・・・・・・ 61
そ ば ・・・・・・・・ 59
全粒粉パスタ ・・・・・ 50

●パン
菓子パン類 ・・・・・・ 95
食パン  ・・・・・・・・91
ロールパン ・・・・・・ 83
ベーグル ・・・・・・・ 75
全粒粉・ライ麦パン ・55

白米やうどんより、玄米や全粒粉パスタのほうがGl値が低いことがわかりますね。

米や麦などの食材は、精白されていないもののほうが、食物繊維やミネラルが残っているため、GI値が低くなります。

たとえば、食パンより全粒粉パン、ロールパンよりはべーグルのほうが、Gl値が低くなります。

内臓脂肪を落とすには、なるべくGI値の低い食材にシフトするのもおすすめです。
%e2%80%8egi%e5%80%a4%e8%a1%a8

チェックポイント

jigazou

 

本文から、肥満を防止するには、血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ない主食」を選べば良いことがわかりますね。
なお、別の方法として、主食を炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることによる方法も有効です。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

体重の減量 目標 |ベストの体重は?減量ペースの理想とは?

なぜ人間は体脂肪を蓄積しようとするのかや、ダイエットには食事制限が必須であることも、運動を同時に行な

記事を読む

ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」 という、太っていた

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

たんばく質と脂肪 の摂取量を減らすと肥満が増加する!その理由とは?

カロリー計算に基づいた古い常識からすると肉などたんぱく質や脂肪の摂取量を減らせば、摂取カロリーが減る

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。 男性85センチ

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

ストレスの身体への影響|過食が招く悪循環は?ストレスをためない 方法は?

食べ過ぎの原因の一つにストレスが上げられます。 ここではストレスの身体への影響をまず確認した後

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑