肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。

主食の中でも、食べ物によって、太りやすさは異なるようです。

例えば、白米やうどんより玄米やパスタが「約1・5倍」脂肪がつきにくいなどです。

ここでは、その差を考慮して、肥満を防止する食事方法についてご紹介します。

肥満を防止する食事方法とは?

食事をすると、摂取した炭水化物は腸内で「糖」に変わり、それが吸収されて血液中に入って血糖値の上昇として表れてきます。

糖は身体を動かすエネルギーになりますが、急激に増えると「インスリン」 というホルモンが出て血糖値を下げようとします。

インスリンは糖から脂肪をつくり出し、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因となってしまいます。

つまり、インスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要になります。

その目安となるのが、「GI値」 です。
gi%e5%80%a4%e3%81%a8%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4

GI値の定義とは?

GI値とは

GI値については記事「GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?」でもご紹介しました。

GI値とは 「グリセミック・インデックス」の略で、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを測ったものです。

GI値が低いほど血糖値の上昇が遅く、インスリンの分泌は遅くなります。

つまり、GI値が低い食べ物ほど、ゆっくり吸収されるため腹持ちがよく、内臓脂肪を落とすためにはぴったりなのです。
gi%e5%80%a4_%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa

おもな主食のGI値一覧

では、おもな主食のGI値を見てみましょう。

●お米
精白米 ・・・・・・・・84
赤 飯 ・・・・・・・・77
胚芽米 ・・・・・・・・70
麦(押し麦〕   ・・・・ 65
玄 米   ・・・・・・・ 56

●麺類
うどん ・・・・・・・  80
スパゲティ ・・・・・・ 65
中華麺 ・・・・・・・・ 61
そ ば ・・・・・・・・ 59
全粒粉パスタ ・・・・・ 50

●パン
菓子パン類 ・・・・・・ 95
食パン  ・・・・・・・・91
ロールパン ・・・・・・ 83
ベーグル ・・・・・・・ 75
全粒粉・ライ麦パン ・55

白米やうどんより、玄米や全粒粉パスタのほうがGl値が低いことがわかりますね。

米や麦などの食材は、精白されていないもののほうが、食物繊維やミネラルが残っているため、GI値が低くなります。

たとえば、食パンより全粒粉パン、ロールパンよりはべーグルのほうが、Gl値が低くなります。

内臓脂肪を落とすには、なるべくGI値の低い食材にシフトするのもおすすめです。
%e2%80%8egi%e5%80%a4%e8%a1%a8

チェックポイント

jigazou

 

本文から、肥満を防止するには、血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ない主食」を選べば良いことがわかりますね。
なお、別の方法として、主食を炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることによる方法も有効です。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑