GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

では肥満を防止する主食のGI値についてご紹介しました。

今回は、主食以外について、GI値が高いものと低いものを確認した後、

食品の組み合わせや調理法によっても、GI値は変わることをご紹介します。

GI値が高い食品、低い食品とは?

主食だけでなく、各食品にもGI値が高いものと低いものがあります。

%e8%8a%8b%e3%83%bb%e4%ba%ba%e5%8f%82GI値が高い食品として、よく挙げられるのが、じゃがいもとにんじんです。

いも類は比較的GI値が高いのですが、意外なことにさつまいものほうがじゃがいもよりGI値が低くなります。

各食品のGI値を知っておくと、ひとつの目安になります。(カッコ内はGI値)。

GI値が高い食品

●GI値が高い食品
 じゃがいも(90)  にんじん(80)   とうもろこし(70)
パイナップル(65)  くり(60)  すいか(60)
キャンディ(108)  いちごジャム(82)  練乳(82)  など

GI値が低い食品

●GI値が低い食品
 きのこ類 (24~29くらい/ただし、干ししいたけは38)
海藻類 (11~19くらい)  大豆製品 (29~33くらい)
トマト(30) キャベツ(26)
ブロッコリー(25)  ほうれん草(15)  など

GI値で食品を組み合わせると?

あわせて、料理においては、食品の組み合わせにGI値を活用してみてください。

たとえば、GI値が高いじゃがいもとにんじんの両方を使う料理(肉じゃが、ポテトサラダなど)や、食パンにいちごジャムを塗ったジャムトーストなどは血糖値を上げや
すいメニューです。

また、GI値が低い食品は、GI値を下げる効果もあります。

たとえば、お酢や食物繊維、乳製品、豆類、酢の物、レタス類、チーズ、豆腐などですね。

GI値が高い食品を食べる時はこれらの食品を組み合わせるといいでしょう。

なお、GI値の低いお酢の効果については以下の記事でもご紹介しています。

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

%e9%85%a2

GI値は調理法よっても変わる?

調理法によってもGI値は変動しますが、基本的には手を掛けすぎず、素材に近い形で食べる方がGI値は低くなります。

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%aegi%e5%80%a4たとえば、フルーツは、そのまま食べるほうがいいのです。

ジュースにすると、食物繊維が砕かれたり、取り除かれたりします。

同じ分量ならジュースのほうが糖質を多く合みます。

砂糖を加えたシロップ煮やジャムなどは、さらにGI値が上がります。

りんごなど皮も食べられるものは、なるべくまるごと食べましょう。

また、同じ甘い液体でも、はちみつとメープルシロップでは、GI値が違います。

はちみつは、ミツバチが植物の蜜を体内で果糖とブドウ糖に分解したものです。

メープルシロップはサトウカエデの樹液を煮詰めたものです。

はちみつは分解が進んでいる分、ブドウ糖の濃度が高くなり、GI値も高くなります。

メープルシロップなど果糖の多い食品は、血糖値は上げないのですが、中性脂肪を増加させて内臓脂肪を増やしますので注意が必要です。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
 

食事の際には「食品のGI値の組み合わせ」にも注意してみましょう。

食品のGI値の組み合わせ法として、補助食品を利用する方法も効果的です。

ちなみに、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。[/su_note]

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

野菜 ダイエットはおすすめか?トマトのダイエット効果は?その他の栄養は?

野菜 ダイエットはおすすめか? 野菜 ダイエットをおすすめする理由は、野菜は基本的にGI値が低く、

記事を読む

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてくれます。 「消化酵素」 

記事を読む

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ケトン体をエネルギー源としたケトジェニック(ケトン体食)ダイエットの効果については、以下の記事で既に

記事を読む

時間帯により必要な栄養は違う?朝食はタンパク質、糖質抜きダイエットは夜とは?

既にご紹介しましましたように、時間栄養学の研究により、食事を食べる時間によって、身体が発する熱量が違

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るべきとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

PAGE TOP ↑