GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

では肥満を防止する主食のGI値についてご紹介しました。

今回は、主食以外について、GI値が高いものと低いものを確認した後、

食品の組み合わせや調理法によっても、GI値は変わることをご紹介します。

GI値が高い食品、低い食品とは?

主食だけでなく、各食品にもGI値が高いものと低いものがあります。

%e8%8a%8b%e3%83%bb%e4%ba%ba%e5%8f%82GI値が高い食品として、よく挙げられるのが、じゃがいもとにんじんです。

いも類は比較的GI値が高いのですが、意外なことにさつまいものほうがじゃがいもよりGI値が低くなります。

各食品のGI値を知っておくと、ひとつの目安になります。(カッコ内はGI値)。

GI値が高い食品

●GI値が高い食品
 じゃがいも(90)  にんじん(80)   とうもろこし(70)
パイナップル(65)  くり(60)  すいか(60)
キャンディ(108)  いちごジャム(82)  練乳(82)  など

GI値が低い食品

●GI値が低い食品
 きのこ類 (24~29くらい/ただし、干ししいたけは38)
海藻類 (11~19くらい)  大豆製品 (29~33くらい)
トマト(30) キャベツ(26)
ブロッコリー(25)  ほうれん草(15)  など

GI値で食品を組み合わせると?

あわせて、料理においては、食品の組み合わせにGI値を活用してみてください。

たとえば、GI値が高いじゃがいもとにんじんの両方を使う料理(肉じゃが、ポテトサラダなど)や、食パンにいちごジャムを塗ったジャムトーストなどは血糖値を上げや
すいメニューです。

また、GI値が低い食品は、GI値を下げる効果もあります。

たとえば、お酢や食物繊維、乳製品、豆類、酢の物、レタス類、チーズ、豆腐などですね。

GI値が高い食品を食べる時はこれらの食品を組み合わせるといいでしょう。

なお、GI値の低いお酢の効果については以下の記事でもご紹介しています。

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

%e9%85%a2

GI値は調理法よっても変わる?

調理法によってもGI値は変動しますが、基本的には手を掛けすぎず、素材に近い形で食べる方がGI値は低くなります。

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%aegi%e5%80%a4たとえば、フルーツは、そのまま食べるほうがいいのです。

ジュースにすると、食物繊維が砕かれたり、取り除かれたりします。

同じ分量ならジュースのほうが糖質を多く合みます。

砂糖を加えたシロップ煮やジャムなどは、さらにGI値が上がります。

りんごなど皮も食べられるものは、なるべくまるごと食べましょう。

また、同じ甘い液体でも、はちみつとメープルシロップでは、GI値が違います。

はちみつは、ミツバチが植物の蜜を体内で果糖とブドウ糖に分解したものです。

メープルシロップはサトウカエデの樹液を煮詰めたものです。

はちみつは分解が進んでいる分、ブドウ糖の濃度が高くなり、GI値も高くなります。

メープルシロップなど果糖の多い食品は、血糖値は上げないのですが、中性脂肪を増加させて内臓脂肪を増やしますので注意が必要です。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
 

食事の際には「食品のGI値の組み合わせ」にも注意してみましょう。

食品のGI値の組み合わせ法として、補助食品を利用する方法も効果的です。

ちなみに、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。[/su_note]

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?  

近年、ヒトが肥満になるメカニズムが明らかになり、肥満のカギを握るインスリンというホルモンが出るのを抑

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

果物は甘いお菓子 ?果糖の血糖値への影響は?食べるならどうする?

果物は全般的に低GIだから、健康的でダイエットにも効果あり、と思われてきたようです。 低GIと

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べな

記事を読む

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

和食のマナーは三角食べ?その弊害は?食べる順番ダイエットと は?

和食のマナーは三角食べ? 三角食べとは? 日本の家庭料理は一汁三菜を基本として、汁物・主食・主菜

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑