メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?

脂肪の種類は

人間の脂肪には、2つの種類があります。
%e8%84%82%e8%82%aa%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e
皮下脂肪」と「内臓脂肪」です。

皮下脂肪は、腹筋と皮膚の間にあって体型をつくり、身体を保護しています。

内臓脂肪は、腹筋の内側につき、おもに大腸など内臓を支える役割を果たしています。

皮下脂肪は自分で触わってつまめますが、内臓脂肪に直接触わることはできません。

つまり、お腹が出てきたといっても、その原因が内臓脂肪なのか、皮下脂肪なのか、外から見ただけではほんとうはわからないのです。

メタポリックシンドロームとは?

しかし、内臓脂肪がたまった肥満は病気になりやすいということがわかってきました。

%e5%86%85%e8%94%b5%e8%84%82%e8%82%aa%e5%9e%8b%e8%82%a5%e6%ba%80内臓脂肪が多すぎると動脈硬化や糖尿病を招く悪王物質か増え、さらにそれを防ぐアディポネクチンという善玉物質も減ってしまいます。

その結果、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。

これが「メタポリックシンドローム(メタボ)」です。

つまり、内臓脂肪がたまった肥満で心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まった状態がメタボです。

「お腹ぽっこり=メタボ」という印象が強いのですが、お腹まわりが基準値オーバだからといって、即メタボに該当するわけではありません。

メタボの 診断基準とは?

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c%e5%9f%ba%e6%ba%96%ef%bc%92 そもそも、メタポリックシンドロームと診断されるのは、「腹囲」に加えて、「脂質」「血圧」「血糖値」のうち、2つ以上が基準値にあてはまる場合です。

つまり、腹囲が基準を上回っていても、他の検査数値が正常ならメタボではないのです。

逆にメタボと診断されても、悪い数値を一正常に戻すことができれば、お腹が出たままでもメタボ解消は可能になります。

メタポの具体的な診断基準
●腹囲‥・・男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上

+以下の2つ以上が該当する場合

●中性脂肪‥・150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl末満のうちの一方、または両方

●血圧 ‥・・最大が130mmHg以上、または最小が85mmHg以上

●空腹時血糖‥110mg/dl以上

この「腹囲」のサイズについては賛否両論がありますね。

男性にきびしく、女性にゆるやかではないかという指摘もあります。

ただし、メタボの診断基準の第一に腹囲が設定されているのは理由があります。

メタボの診断基準の第1が腹囲の理由は?

内臓脂肪を正確に検査するには?

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c%e6%a4%9c%e6%9f%bb内臓脂肪の面積を正確に計測するには、CT検査しかありません。

CT検査とはX線を使って画像撮影する検査です。

肉蔵脂肪型肥満の判定は、おへそ周辺の断面を撮影し、内臓脂肪の面積を測定します。

このCTの体断層写真をもとに内臓脂肪がどれくらいになると病気になるかを調査した結果、内臓脂肪の面積が100平方センチメートルを超えると、生活習慣病にかかりやすいことがわかってきました。

ほんとうは1人1人の内臓脂肪を計測できればいいのですが、CT検査は費用もかかりますし、放射線を浴びるので、若い女性にはおすすめできません。

そこで、もっと簡単に判断する方法を探るために、肥満の人のお腹まわりを計測した結果、内臓脂肪の面積が100平方センチメートルに達する腹囲は、男性で85センチメートル、女性で90センチメートルぐらいと判明したのです。

この基準値を超えている場合、内臓脂肪がたまった状態だと認識していいでしょう。

内臓脂肪のデメリットは

血液中の中性脂肋やコレステロールも、内臓脂肪が多い人ほど高いことがわかってきました。

内臓脂肪が増えると血糖値も血圧も上昇します。

糖質や脂肪の多い食事や運動不足が続くと、食事で摂取した糖質やカロリーが余ってしまいます。

その余剰分はまず肝臓や皮下脂肪に取り込まれますが、それがいっぱいになると内臓脂肪のほうに蓄積されます。

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8eつまり、内臓脂肪は食べ過ぎの状況を反映しているんですね。

毎日の食事で取る糖質やカロリーが使い切れないことによって、内臓脂肪は増えてしまうのです。

内臓脂肪の量をチェックしていくことは健康のために大切なのです。

 

チェックポイント
%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c-%e8%85%b9%e5%9b%b2


メタボ予防は現実を知ることから。自分で一度、腹囲を測ってみましよう。

メンズエステサロン エルセーヌMEN 【体験予約】 

↓詳しくはこちら↓



ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

やってみれば、分かることですが、内臓脂肪を減らし肥満を解消するには、カロリー制限よりも糖質制限の方がはるかに理に適っており、効果はてき面です。
なお、長年食べ続けてきたごはん、麺、パンなどを制限し糖質制限を継続するのは辛いと思われるかもしれませんが、工夫次第でやり方は色々あります。

例えば、適切な補助食品を用いる方法でもよいでしょう。

私が利用している補助食品はこれです。
↓ ↓ クリック ↓ ↓
 

ソイドル
こちらの記事も参考になるでしょう。
ソイドルが糖質制限を助ける理由とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑