メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。

男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上です。

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%e5%9e%8b%e8%82%a5%e6%ba%80%e5%9f%ba%e6%ba%96%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%b7%ae

ここでは、この基準に男女差がある理由をまず確認し、内臓脂肪型肥満への注意は女性も必要なことおよび、内臓脂肪の落とし方などをご紹介します。

 

メタボリックシンドロームの基準 腹囲の男女差の理由は?

メタボの診断基準で、腹囲のサィズが女性に対してゆるやかなのは理由があります。

 

それは、ホルモンの違いです。
himan-syurui
女性ホルモンは、脂肪を内臓脂肪より皮下脂肪として蓄積する働きをもっています。

女性のほうがぽっちゃりしているのはそのためですね。

女性は赤ちゃんを産むので、外部の衝撃から身体を守るため、皮下脂肪がたまりやすくなるのです。

反対に男性は、皮下脂肪もある程度はつきますが、女性に比べて内臓胎肋がよりたまりやすいのです。

ですから、肥満に関係する生活習憤病にもかかりやすい傾向があります。

外から見ただけではわからないものの、脂肪の中身が女性と違います。

女性も内臓脂肪がたまる?

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%8d%e5%a5%b3女性は男性にくらべて、内臓脂肪がたまりにくいものの、

かといって、女性も決して安心できません。

女性ホルモンの分泌は、更年期になると減ってきます。

その頃から男性同様、脂肪が内臓のほうにたまりやすくなリます。

したがって、女性も内臓脂肪には注意が必要です。

内臓脂肪の落とし方は簡単か?

健康にとっては、よくない内臓脂肪ですが、メタボやその予備軍の方が食餌療法を開始すると、皮下脂肪はそれほど減っていないにもかかわらず、内臓脂肪はどんどん減っていきます。

皮下脂肪はなかなか落ちませんが、内臓脂肪は意外と落ちやすいのです。

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%8d%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%97%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84

目に見える体重変化はなくても、適切な食事療法を取り入れ、運動を続ければ、内臓脂肪は確実に落ちていきます。

ただ、CT検査をしない限りその成果を酢認することはできません。

ひとつの目安としては、体脂肪率が測れる体重計で変化を見てみてください。

体重が減っていなくても、体脂肪率が下がっていれば、それなりに効果が出ていると思います。

市販の体重計で測定する体脂肪率は、医学的には正確と言えませんが、ダイエットをするモチベーションとして、参考にしてみてください。

 

 

【チェックポイント】

内臓脂肪も生活習慣病も男性のほうが要注意!

【広告】
■メンズエステサロン【エルセーヌMEN】体験エステ
メタボリックなお腹の脂肪を燃焼系ボディにするコースや、
ヒゲ脱毛・減毛コース、美しい肌へにきび対策コースなど、
男の魅力を引き出すエステ体験実施中!

◇燃焼系ボディーコース:メタボリックなお腹の脂肪に
◇ヒゲ脱毛・減毛コース:ひげのデザイン&むだ下減毛
◇にきび対策コース:美しい肌で魅力倍増!
◇小顔対策コース:キュッと引き締まった小顔になろう

『まずは体験エステ!』男のエステは「エルセーヌ」で決まり!
↓ 詳しくはこちら ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

太るホルモンインスリンを出さないことでダイエット!追加分泌と基礎分泌とは

糖質を大量に摂るとどうなると思いますか? 実は、過剰な糖質は脂肪に変換され体内に蓄積される、つまり

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑