メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。

男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上です。

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%e5%9e%8b%e8%82%a5%e6%ba%80%e5%9f%ba%e6%ba%96%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%b7%ae

ここでは、この基準に男女差がある理由をまず確認し、内臓脂肪型肥満への注意は女性も必要なことおよび、内臓脂肪の落とし方などをご紹介します。

 

メタボリックシンドロームの基準 腹囲の男女差の理由は?

メタボの診断基準で、腹囲のサィズが女性に対してゆるやかなのは理由があります。

 

それは、ホルモンの違いです。
himan-syurui
女性ホルモンは、脂肪を内臓脂肪より皮下脂肪として蓄積する働きをもっています。

女性のほうがぽっちゃりしているのはそのためですね。

女性は赤ちゃんを産むので、外部の衝撃から身体を守るため、皮下脂肪がたまりやすくなるのです。

反対に男性は、皮下脂肪もある程度はつきますが、女性に比べて内臓胎肋がよりたまりやすいのです。

ですから、肥満に関係する生活習憤病にもかかりやすい傾向があります。

外から見ただけではわからないものの、脂肪の中身が女性と違います。

女性も内臓脂肪がたまる?

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%8d%e5%a5%b3女性は男性にくらべて、内臓脂肪がたまりにくいものの、

かといって、女性も決して安心できません。

女性ホルモンの分泌は、更年期になると減ってきます。

その頃から男性同様、脂肪が内臓のほうにたまりやすくなリます。

したがって、女性も内臓脂肪には注意が必要です。

内臓脂肪の落とし方は簡単か?

健康にとっては、よくない内臓脂肪ですが、メタボやその予備軍の方が食餌療法を開始すると、皮下脂肪はそれほど減っていないにもかかわらず、内臓脂肪はどんどん減っていきます。

皮下脂肪はなかなか落ちませんが、内臓脂肪は意外と落ちやすいのです。

%e5%86%85%e8%87%93%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%8d%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%97%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84

目に見える体重変化はなくても、適切な食事療法を取り入れ、運動を続ければ、内臓脂肪は確実に落ちていきます。

ただ、CT検査をしない限りその成果を酢認することはできません。

ひとつの目安としては、体脂肪率が測れる体重計で変化を見てみてください。

体重が減っていなくても、体脂肪率が下がっていれば、それなりに効果が出ていると思います。

市販の体重計で測定する体脂肪率は、医学的には正確と言えませんが、ダイエットをするモチベーションとして、参考にしてみてください。

 

 

【チェックポイント】

内臓脂肪も生活習慣病も男性のほうが要注意!

【広告】
■メンズエステサロン【エルセーヌMEN】体験エステ
メタボリックなお腹の脂肪を燃焼系ボディにするコースや、
ヒゲ脱毛・減毛コース、美しい肌へにきび対策コースなど、
男の魅力を引き出すエステ体験実施中!

◇燃焼系ボディーコース:メタボリックなお腹の脂肪に
◇ヒゲ脱毛・減毛コース:ひげのデザイン&むだ下減毛
◇にきび対策コース:美しい肌で魅力倍増!
◇小顔対策コース:キュッと引き締まった小顔になろう

『まずは体験エステ!』男のエステは「エルセーヌ」で決まり!
↓ 詳しくはこちら ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻

記事を読む

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマー

記事を読む

食事制限 ダイエットの 問題点とは?失敗の原因は? 成功させる秘訣とは?

なぜいつもあなたのダイエットは続かないのでしょうか? それは、あなたの意志が弱く、我慢が足らな

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べな

記事を読む

カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。 カツ丼は牛丼よりもさらに、高カ

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑