自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか?

実は、自律神経の乱れが内臓脂肪がたまることに関係していることが分かってきました。

そして、自律神経を整えるためには、体内時計をリセットする必要あり、
そのために「朝の太陽の光」が重要な働きをするのです。

ここでは、太りにくい身体をキープするために体内時計の乱れを防止し整える方法についてご紹介します。

自律神経が乱れると太る?

自律神経の乱れも肥満の原因?

肥満のおもな原因は食べ過ぎと運動不足ですが、「自律神経」の乱れも関係しています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、バランスを取り合って身体を調整しています。
jiritusinkei
朝から夕方は身体を活動モードにする交感神経が優位になり、代謝を活発にします。

夜から朝は身体を休息モードにする副交感神経が優位になり、代謝がゆるやかになります。

交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れていると、日中の活動的な時間帯に代謝がスムーズに進み、太りにくい身体になります。

逆にバランスが乱れると、朝になっても交感神経がうまく立ち上がらず、代謝が悪くなってしまうのです。

このように、自律神経のバランスが乱れると太りやすくなるのです。

体内時計をリセットするのは太陽の光だけ?

この自律神経のバランスには、人間の生体リズムである「サーカディアンリズム」が関わっています。

いわゆる「体内時計」です。

体内時計とは
交感神経や副交感神経のバランスを取るための人間の生体リズム

%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89サーカディアンリズムは、睡眠と党醒、体温などをコントロールし、約25時間周期で変動しています。

これを24時間周期にリセットするのが、太陽の光です.

朝、太陽の光を浴びると、交感神経が優位になり、自律神経がバランスよく働き始めます。

しかし、サーカディアンリズムは、ほかの光の影響も受けやすいのです。

体内時計が乱れる原因は?

体内時計は夜ふかしをして人工的な照明を浴びる時間が長いと狂ってしまいます。

パソコンやスマートフォンの液晶画面から発生する明るいブルーライトは、特によくありません

sumaho

体内時計をうまくリセットできないままだと、食欲にも関係してきます。

身体の機能を調整してくれるホルモンも体内時計でコントロールされているからです。

たとえば、夜型の生活になると昼以降、胃から「グレリン」という物質が多く分泌され、昼から夜にかけて食欲を亢進(こうしん)させるうえ、代謝も悪くしてしまいます。

食欲は増すのに代謝は落ちるのですから、内臓脂肪がたまり太りやすくなります。

体内時計を整える方法は?

太りにくい身体をキープするためには、夜型より朝型の生活のほうがいいのです。

朝、交感神経をスムーズに立ち上げ、サーカディアンリズム(体内時計)を整えるためには、次のようなことに心がけましょう。

●朝起きたら、カーテンを開け、太陽の光を浴びる
●同じ時間に寝て、起きる習慣をつける
●朝食をきちんと食べ、夜10時以降の食事は控える
●就寝前にパソコンやスマートフォンをいじらない

仕事の都合で夜型になりがちな人も、自分なりの生活リズムを整え、同じ時間帯に寝て起きるようにしてください。

朝食を取るのも活動モードに入る準備になります。

また、交感神経をスムーズに立ち上げるには、朝、熱めのお湯でシャワーを浴びたり、ふとんのうえでストレッチをするのも効果的です。

 

チェックポイント

夜遅い食事、寝る前のPC・スマホは避け、朝は太陽の光を浴びましょう。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント

↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

40代の睡眠が浅い理由は? 睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。 あなたは若いころ

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

PAGE TOP ↑