体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

体内時計と睡眠の関係は?

前回の記事 自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

で「体内時計」が、睡眠と覚醒、体温などをコントロールし、約25時間周期で変動していいることをご紹介しました。

この「体内時計」を整えることが、代謝がスムーズに進み、食欲が正常に働く身体をつくるポイントです。

「体内時計」を整えるためには、毎日の就寝と起床時間を一定にすることが大切です。

そして、1日7時問程度はぐっすり眠ることが必要です。

睡眠がこれ以下になると、代謝が悪くなり、内臓脂肪が蓄積しやすい身体になってしまいます。

平日は睡眠不足の状態で働き、休日は寝だめという生活では、体内時計も狂ったままです。

体内時計のリズムを上手に取り入れた質の高い睡眠はダイエットに欠かせません。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

睡眠時間と肥満度(BMI)の関係は?

肥満を予防したり解消するには、睡眠が十分取れる規則正しい生活を心がけることが重要です。

睡眠時間が7~8時間程度あり、艮質な睡眠を取っている人はBMI値が低いということがわかっています。

以下がは睡眠時間と肥満度の関係を示したデータです。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93bmi人間の身体はもともと、太陽とともに生活するようにできています。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

夜更かしをして、昼まで寝ているような生活では、健康は維持できません。

睡眠時間は7時間、夜11時に寝て朝6時に起床。

これが理想のパターンです。

とはいっても、仕事が不規則だったり、夜間勤務があったりする人は理想通りの生活はなかなかできません。

生活のリズムを整えるには?

大切なのは、無理のない範囲で自分なりのリズムを維持する生活を心掛けることです。

寝だめはできませんが、身体を休めるために、週末は普段より長めに睡眠時間をとってもいいでしょう。

また、短い昼寝タイムを設けるのもおすすめです。

眠いまま、仕事をしても効率はあがりません。

昼休みに15~30分程度、仮眠すると頭がすっきりしてリフレッシュできます。

オフィスの中や職場の近くに、「昼寝スポット」を見つけましょう。

また、ぐっすり寝るための環境づくりも大切です。

%e5%af%9d%e5%ae%a4%e7%92%b0%e5%a2%83

寝室の位置を工夫L、音や光の刺激を避けることが熟睡のポイント。

遮光・遮音カーテンやブラインドを活用しましょう。

また、布団や枕、ベッドの硬さ、柔らかさ、保湿性も考慮すべきでしょう。

チェックポイント

質のいい睡眠と昼寝で内臓脂肪を吹き飛ばしましよう。

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント
↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。 鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負ける

記事を読む

ヤセ菌、デブ菌の働きは?ヤセ菌を増やす方法は?ストレスを溜めない生活とは?

ヤセ菌、デブ菌の働きは? 記事 ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されてい

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑