入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

入浴のストレス解消効果は?

毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

%e5%85%a5%e6%b5%b4%e3%83%bc%e7%9d%a1%e7%9c%a0しかし、太りにくい身体をキープするためには、お湯に侵かって1日の疲れをしっかり取ることが大切です。

あたたかいお風日に身体を沈めると、思わず「はあ~つ」と息を吐きますね。
それこそ、リラックスしている証拠です。

身体を洗うだけならシャワーで十分ですが、ここまでリラックスすることはできません。

バスタイムは身体を清潔にするだけでなく、ストレス解消のためにも大切です。

緊張モードを解放して、疲れた身体と気持ちをいったん解きほぐしましょう。

入浴時の効果的な湯の温度は?

寝る前に38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり侵かると、副交感神経が優位になりやすく、気持ちよく眠りにつけます。

人間はだいたい42℃ぐらいを熱いと感じますが、お出が熱すぎると血圧が上がったり、かえって疲れが出たりします。
%e3%81%8a%e6%b9%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a6
また、時間のある時には、半身浴もおすすめです。
肩までお湯に浸からず、みぞおちぐらいまでの水位でじっくり身体を満めてください。

心臓に負担がかからないので、長く入っていることができ、下半身や足の冷えの解消にもつながります。

バスタブに浸かりながら、音楽を聴いたり、好みの入浴剤やアロマの香りを楽しむようにすれば、さらにリラックスできるでしょう。

半身浴をする時は思いのほか汗をかきますから、水分不足にならないよう、こまめに水分補給をしてください。

なお、サウナは新陳代謝を活発にしてくれますが、水分が体外に排出されるだけで、脂肪を落とす効果はあまりありません。

むしろ急激な寒暖が血圧に影響するので、注意しましょう。

利用するなら温度差が少なめなミストサウナや、身体の老廃物を出す効果もある岩盤浴やゲルマニウム温浴がおすすめです。

入浴のダイエット効果を高めるには?

%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc近年、水素の美容や健康効果が注目されるようになりました。

水素に含まれる抗酸化作用が悪玉活性酸素を除去し、
美容で最も大切なシミやシワにも働きかけてくれ、
さらに腸内環境が良くしてくれると言うものです。

そして、水素は”老化予防”や”ダイエット”に有効ということで、
水素水”が注目されてきました。

一方、最近では、

皮膚と呼吸から効率的に水素を取り入れるやり方として、
「自宅のお風呂を水素風呂にする方法」が話題を集めています。

%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e9%a2%a8%e5%91%82

水素の分子は非常に小さい(ナノレベル)ため、他の物質では入り込めない細胞の隙間にまで入っていくことができます。

水素風呂に入ると、肌呼吸により水素が全身の皮膚から吸収されて肌の奥まで浸透していくので、高い吸収力を期待できるのです。

さらに、口からの呼吸によっても浴室内に充満した水素を取り込むことができます。

 

なお、以下のサイトで、水素を体に取り入れる方法として、水素風呂と水素水のコストパフォーマンスを比較しているので参考になるでしょう。

「水素風呂スパーレ」VS「水素水サラスバ」!コスパで勝るのはどちら?

 

なお、水素風呂の入浴効果を自宅で実感できる「水素風呂スパーレ」の詳細はこちら
↓ ↓ ↓


 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

太らない 体質の作り方|食材の買い物の頻度は?買い物上手なダイエッターは?

太る理由の1つとして食べ過ぎが考えられます。 従って、もしあなたが太らない体質を手にしたいのな

記事を読む

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は?

このサイトのテーマである「綺麗に痩せる」を実現するためには、肥満解消のみならず美容面への注意も必要で

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑