「 月別アーカイブ:2016年10月 」 一覧

GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は? では肥満を防止する主食のGI値についてご紹介しました。 今回は、主食以外について、GI値が高いものと低いも

続きを見る

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも、食べ物によって、太りやすさは異なるようです。 例えば、白米やうどんより玄米やパスタが「約1・

続きを見る

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。 食べ方の順番でも糖の吸収率は違うのです。 はっきりした統計はないのですが、同じ量であれば

続きを見る

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起してスポーツクラブに入会したのに、通わなくなってしまった」 「『今年年こそ、筋トレしよう!』と心

続きを見る

ダイエットのための運動はいつやると効果的?食後or食前?リバウンド 防ぐには?

ダイエットのための運動をするとしたら、ウォーキング程度から始めるのが一番です。 では、いつやるのかというと、食前、食後、そのどちらもメリットがありますが、その効果は違います。 それでは、リ

続きを見る

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという事実をご存知ですか? 短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。 これが、リバウンドです。これではダイエット成功と

続きを見る

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻)ダイエット、○○抜きダイエット…など涙ぐましいダイエット。 これらはみんなトライしますが、た

続きを見る

野菜 ダイエットはおすすめか?トマトのダイエット効果は?その他の栄養は?

野菜 ダイエットはおすすめか? 野菜 ダイエットをおすすめする理由は、野菜は基本的にGI値が低く、なんでもたっぷり食べて大丈夫だからです。 でも例外として、いも類(じゃがいも、さつまいも、さと

続きを見る

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化したものです。   つまり、GI値が高いものは血糖値を上げやすく、インスリンの分泌

続きを見る

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引き立てます。 米や穀物を原料にして作られる日本の酢は、日本食にはなくてはならない調味料です。

続きを見る

[ 広 告 ]
肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

→もっと見る

PAGE TOP ↑