腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

syokuyokuダイエットといえば、カロリーを抑えることや脂肪を減らすことばかりが注目されてきましたが、近年、腸内環境もダイエットに大きな影響を与えていることがわかってきました。

食べたものは全て、胃や腸を経由して体に吸収されていくからです。

どんな栄養素を吸収するのか、食べ物の消化しやすさ・しにくさを分別するのも胃腸です。

胃腸が脂質や糖質を吸収しやすい状態になっていたら、食事制限を行なっていても、脂肪の増加を抑えることはできません。

このように、腸内環境はダイエットの成功を左右するほどの、重要な要素なのです。

そこで、ここでは腸内環境とダイエットの関係と腸内環境改善に良い食べ物などをご紹介します。

腸内環境が悪いと太る原因に?

腸内環境が悪いとどうなる?

胃で消化された食べ物が次に行く場所は腸です。

小腸では、胃や十二指腸で消化された食べ物をさらに分解し、栄養素を吸収する働きをしています。
大腸では、水分やミネラルを吸収し、便をつくります。
%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83
胃にはできるだけ食物が長く滞留したほうが食べ過ぎが抑えられるので、ダイエットには良いことです。
しかし実は、腸はその正反対です。

腸の中ではできるだけ早く通過してもらったほうが良いのです。

これはダイエットはもちろん、美肌のためにも、健康のためにもとても大事です。

腸内が健康な良い環境だったら、必要な栄養だけ吸収して、あとは老廃物として早く排泄することができます。

しかし、食べたものがいつまでも腸内に滞留してしまうと、いくつも問題が起こってしまいます。

腸内環境が悪いと起こる症状は?

腸に食べ物が長く滞留することによる弊害
①お腹の張りや痛み
②便秘による吹き出物や肌荒れ、口臭など
③腸内にガスがたまり、便やおならが臭くなる
④便が固くなって、排泄時に肛門を傷つける
⑤腸に長くとどまることで、不要なものまで吸収させてしまう

なぜ、こうした問題が起こるのでしょうか。

その理由を埋解するために、まず腸内にいる菌について見ていきたいと思います。

腸内環境を改善するとダイエットできる?

腸内の細菌の種類と働き

腸内に住んでいる細菌は100種類以上ですが、大きく3種類に分けられます。

腸内に住んでいる細菌の種類
(善玉菌)
%e8%85%b8%e5%86%85%e7%b4%b0%e8%8f%8c腸内を酸性に保ち、腸内環境を良くしようと働きます。
食物繊維を分解して、さらに増殖します。
善玉菌が多いと、体の免疫力が高まります。

(悪玉菌)
大腸内に送られた食べかすに含まれるアミノ酸やたんばく質を分解して有毒物質を生み出してしまいます。
悪玉菌が多いと、腸の動きが鈍くなり便秘や下痢の原因に。

(日和見菌)
善玉菌と悪玉歯のどちらか優勢なほうにつきます。
悪玉菌が多くなると、それまで善玉菌だったものが悪玉菌に変わってしまいます。

腸内環境が悪化する原因は?

悪玉菌が増える原因は、主として「生活習慣の乱れ」 です

寝不足や不規則な生活、ストレスや運動不足、肉や甘いものの食べ過ぎによって、悪玉菌が腸内環境を悪化させてしまうのです。

さらに問題なのは、自分にとっては日常生活ですから、生活習慣が乱れていることに気付きにくいということです。

%e8%85%b8%e5%86%85%e6%82%aa%e5%8c%96%e5%8e%9f%e5%9b%a0

「いつも何かを食べて日を動かしている」「土日は家の中にこもりきりで外に出ない」など、第三者から見ればちょっとおかしいと思われることでも、本人は何も感じていないというケースが多いようです。

そして、知らず知らずのうちに、腸内の環境を悪化させてしまうのです。

腸内環境が悪化すると便秘になり、肥満のもとになってしまいます。

従って、ダイエットのためにも、普段から腸内環境を整える食生活を意識して便秘を改善しましょう。

腸内環境の改善に良い食品は?

腸内環境には発酵食品がよい

腸内環境改善のためにおすすめしたいのは発酵食品です。

ヨーグルト、キムチ、納豆といった発酵食品には、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

%e7%99%ba%e9%85%b5%e9%a3%9f%e5%93%81その働きで腸内を美人にしてあげるよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

ただし、ここで「おすすめの食品」とお話ししたからといって、これさえ食べていれば、大丈夫というふうに考えないでください。

たとえ体に良いものであっても、苦手なものを食べることはストレスになりますから、決して良いことではありません。

腸内環境には食物繊維もよい

もう一つ、食物繊維のある食品を食べることも心がけていただきたい点です。

これについては、以下の記事でも説明しています。

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

腸内環境の改善による効果は

腸は、第二の脳ともいわれるほどストレスを感じやすい器官です。

旅行などで、「枕が変わると眠れない上といわれますが、「トイレが変わると体調を崩す」という人も多いのではないでしょうか。

旅行先で便秘になる人が多いのは、環境変化によるストレスでデリケートな腸の働きが鈍くなるからです。

%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83%e6%94%b9%e5%96%84それほど私たちにとって、腸は大切にケアしてあげないといけない器官だということ。

逆にいえば腸内環境が変わることで、くすみや肌荒れの悩みともサヨナラできるうえに、病気予防にもつながります。

まさにいいことだらけです。

腸美人を目指して、自分の生活を見つめ直してみましょう。

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%9f%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c

ダイエットのためには、まず腸内環境の改善が必要ことはわかりましたね。

ところで、青汁には植物繊維が豊富ですので、腸内環境を整えるのに有効なことが分かっています。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には「有胞子乳酸菌」という 、

胃散や熱によって破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されており、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

つまり、生きたまま届く乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのです

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

ストレスの身体への影響|過食が招く悪循環は?ストレスをためない 方法は?

食べ過ぎの原因の一つにストレスが上げられます。 ここではストレスの身体への影響をまず確認した後

記事を読む

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

前回の記事 食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう! でもご紹

記事を読む

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりに

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

便秘&下痢対策|腸内環境を改善する栄養素は?食物繊維の種類と効果は?

前回の記事 肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は? では肌荒れ

記事を読む

カロリー制限ダイエットで成功しない理由は脳が食欲をコントロールしているから?  

あなたは おなかがすいたからではなく、脳を満足させるために、食べていませんか? 前回の記事「カ

記事を読む

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材と言われています。 その理由は大麦若葉は栄養バランスをと

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてき

→もっと見る

PAGE TOP ↑