腸内環境が悪化する3つの原因とは?年齢は?食生活は?ストレスは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83%e6%94%b9%e5%96%84近年、腸内環境がダイエットに大きな影響を与えていることがわかってきました。

腸内環境が悪いと便秘になり、太りやすくなるのです。

それでは、腸内環境はなぜ悪化するのでしょうか?

ダイエット成功させる上で、腸内環境の悪化原因を正しく知る必要があります。

ここでは、腸内環境の悪化させる3つの原因を詳しくご紹介します。

年齢とともに腸内環境は悪化する

まずは年齢です。年齢とともに腸内環境は悪化します。

赤ちゃんの腸内細菌は、善玉菌であるビフィズス菌が大多数ですので、便は臭くありません。

しかし、離乳食が始まるとビフィズス菌は減ってしまい、その後は横ばいで経過するのですが、多くの人は中年期以降は年齢とともに徐々に減ってしまいます。

 

%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%81%a8%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83逆に、大腸菌は出産時に増えますがすぐに減って、その後は病気などがなければ増えることはありません。
しかし中年期以降になると徐々に増えてしまうのです。

つまり、年齢が中年以降になると、よっぽど生活習憤に気をつけておかないと善玉菌は減って、悪玉菌は増えてしまうものなのです。

それだけでなくマウスの実験では、最も早く老化が始まる臓器は腸だということも分かってきました。

心臓や脳に異常が起こると命にかかわることがありますので、注意を払っている方も多いのですが、腸も生きていくためには必要な臓器です。

しかし、便秘だけでなく、お腹の調子が悪いなどの症状があり、腸が悪化しているというサインが出ているのに、そのまま放ったらかしにしている方がたくさんいます。

若い時から便秘があり腸内環境が悪くなっている方は、中年以降はさらに悪くなってしまう心配があります。

そうならないように、若い時から腸内環境を良くする生活を心がけるようにして、腸の老化をなるべく遅らせるようにしましょう。

食生活が腸内環境を悪化させる

hiku-amiyaki続いて食生活ですが、肉類をたくさん食べると悪玉菌が増えることが分かっています。

肉食動物の腸の中には悪玉菌であるウエルシュ菌が多くみられます。

悪玉菌はタンパク質を栄養としますので、タンパク質の多い肉食を続けると悪玉菌が増えてしまうのではないかと考えられています。

ただタンパク質は体にとって必要な栄養ですので、全く摂らないわけにはいきません。

%e9%9d%92%e6%b1%81従って、肉を食べるときには食物繊維の多い野菜をしっかり摂る必要があります。

あるいは青汁など適切な補助食品を用いても良いでしょう。

 

食事はバランスよく摂ることが大事ですが、陽の環境を良くする食品については以下の記事でご紹介しています。

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

 

ストレスが腸内環境を悪化させる

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf最後にストレスです。ストレスが腸内環境を悪化させるという研究結果があります。

宇宙飛行士というのは閉ざされた空間で長時間生活するため、そのストレスは大変なものです。

1976年にNASAが、牛用飛行士は訓練によってどのような健康状態になるのかを調べたところ、訓練後に便の中の悪玉菌が増えていたことが分かりました。

また、阪神淡路大震災のときにも、震災前後に腸内細菌を調べたところ、震災後の便の中の悪王菌が増えていたという研究もあります。

さらにストレスがかかると、腸のなかに出てくるホルモンによって大腸菌が増えて、しかも病原性が高まったという研究結果も出ています。

なお、腸内環境とストレスの関係についても以下の記事でご紹介しています。

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

植物繊維が豊富な青汁は、腸内環境を整えるのに有効な補助食品です。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁は、食物繊維が豊富であるのみならず、ストレス解消効果があるプラセンタも含んでいます。

おかげで、私は毎日、快腸でストレス解消もできています。

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

本来、人間には125歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっているということをご存知でしょうか。

記事を読む

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

前回の記事 食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう! でもご紹

記事を読む

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく質を減らさないことかポイントで

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあり、広げればテニスコート一面分

記事を読む

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中でも善玉菌の代表選手として、乳

記事を読む

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりに

記事を読む

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました

記事を読む

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットといえば、カロリーを抑えることや脂肪を減らすことばかりが注目されてきましたが、近年、腸内環

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑