40代以降だからこそ太りやすい?太る要因は?ライフスタイルは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

このサイトでも40代の方が成功した、次のダイエット体験談の記事をご紹介しました。

1番難しい40代でもがっちり痩せた!その方法とは?

この体験者が主張するように、40代のダイエットは決して簡単ではなく、様々な工夫が必要で、何よりも「継続すること」が大切です。

では、なぜ、40代は痩せるのが難しくなるのでしょうか。

ここでは、40代以降、加齢とともに太りやすくなる要因について取り上げます。

40代が太る要因は?

%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%93%e3%82%8a40代は、太る要因がまとまって押し寄せる年代といえます。

加齢による身体機能の低下により、ぽっこリお腹や中年太りなど「太りやすい体」になってきます。

食事制限や運動などのダイエットですぐに肥満が解消できたのは、20代~30代までです。

40代以降の肥満は普通のダイエットではなかなか解消されません。

 

40代のライフスタイルは?

40代のライフスタイルでいえば、若いころに比べて運動量が減少します。

仕事上でも管理職などの役回りで忙しく、生活が不規則になりがちです。

また、責任も増えてくることから、様々なストレスも溜まりがちです。

一方では経済的なゆとりが生まれて、食生活が充実しやすい年代でもあります。

家族に食べ盛りの子どもがいるのであれば、糖質過多脂っこいボリュームのあるメニューが食卓に並ぶ機会も多いでしょう。

%e4%b8%ad%e5%b9%b4%e5%a4%aa%e3%82%8a

運動量が減ったにも関わらず同じように食べていると、余分なエネルギーが脂肪として蓄えられてしまいます。

 

40代以降だからこそ太りやすい?

また、人類の歴史上狩りをしてきた男性は、エネルギーとしてすぐに使える内臓脂肪を蓄えやすくなっています。

しかし、現代では、仕事といえば狩りではなくデスクワークの人が多くなりました。

ITの普及や交通網の発達によりエネルギーをあまり使わなくなりました。

%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%81%a8%e8%82%a5%e6%ba%80

このように、

さまざまな太る要因を抱えた40代以降だからこそ、年令と共にどんどん太りやすくなるのです。

 

まとめ

40代が太りやすい要因

内蔵脂肪は狩猟時代に役だった
すぐに使える内臓脂肪は有益なエネルギー源だったため、蓄えやすい体になっている。

飽食の時代
コンビニやファストフードなど、食品がすぐ手に入るようになった。

デスクワークでは内臓脂肪がつかわれにくい
現代的な生活では、仕事といえばテスクワークの人か多い。
内臓脂肪がエネルギーとして使われにくい。

食卓には糖質や脂肪が多いメニューが並ぶ
内臓脂肪が使われにくいにも関わらず、食卓には糖質過多や脂っこいボリュームのあるメニューが並ぶ傾向。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

加齢とともに、太りやすくなることから、40歳以降の方がダイエットするにはその方の状況に応じた様々な工夫が必要ですね。

ちなみに、60代で糖尿人でもある私は、肉や魚などのタンパク質と良質の脂質(オリーブオイルやココナッツオイルなど)をしっかり摂る糖質制限ダイエットを継続して肥満解消とともに筋肉痩せを防いでいます。

また、腸内環境を改善するために必要な栄養素をしっかり摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を利用しています。

同時に、運動は食後のウォーキング以外に最近はゴルフにエンジョイして取り組み、ストレス解消に役立てています。

おかげで、私は毎日、快腸でストレス解消もできています。

「すっきりフルーツ青汁」の詳しくはこちら
↓ ↓公式サイトはこちらから↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

でんぷん、タンパク質、脂肪の消化吸収のしくみとは?

わたしたちが食べたものは、どんなしくみで消化され、吸収されるのでしょうか。 じつは、食品の消化・吸

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑