40代以降だからこそ太りやすい?太る要因は?ライフスタイルは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

このサイトでも40代の方が成功した、次のダイエット体験談の記事をご紹介しました。

1番難しい40代でもがっちり痩せた!その方法とは?

この体験者が主張するように、40代のダイエットは決して簡単ではなく、様々な工夫が必要で、何よりも「継続すること」が大切です。

では、なぜ、40代は痩せるのが難しくなるのでしょうか。

ここでは、40代以降、加齢とともに太りやすくなる要因について取り上げます。

40代が太る要因は?

%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%93%e3%82%8a40代は、太る要因がまとまって押し寄せる年代といえます。

加齢による身体機能の低下により、ぽっこリお腹や中年太りなど「太りやすい体」になってきます。

食事制限や運動などのダイエットですぐに肥満が解消できたのは、20代~30代までです。

40代以降の肥満は普通のダイエットではなかなか解消されません。

 

40代のライフスタイルは?

40代のライフスタイルでいえば、若いころに比べて運動量が減少します。

仕事上でも管理職などの役回りで忙しく、生活が不規則になりがちです。

また、責任も増えてくることから、様々なストレスも溜まりがちです。

一方では経済的なゆとりが生まれて、食生活が充実しやすい年代でもあります。

家族に食べ盛りの子どもがいるのであれば、糖質過多脂っこいボリュームのあるメニューが食卓に並ぶ機会も多いでしょう。

%e4%b8%ad%e5%b9%b4%e5%a4%aa%e3%82%8a

運動量が減ったにも関わらず同じように食べていると、余分なエネルギーが脂肪として蓄えられてしまいます。

 

40代以降だからこそ太りやすい?

また、人類の歴史上狩りをしてきた男性は、エネルギーとしてすぐに使える内臓脂肪を蓄えやすくなっています。

しかし、現代では、仕事といえば狩りではなくデスクワークの人が多くなりました。

ITの普及や交通網の発達によりエネルギーをあまり使わなくなりました。

%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%81%a8%e8%82%a5%e6%ba%80

このように、

さまざまな太る要因を抱えた40代以降だからこそ、年令と共にどんどん太りやすくなるのです。

 

まとめ

40代が太りやすい要因

内蔵脂肪は狩猟時代に役だった
すぐに使える内臓脂肪は有益なエネルギー源だったため、蓄えやすい体になっている。

飽食の時代
コンビニやファストフードなど、食品がすぐ手に入るようになった。

デスクワークでは内臓脂肪がつかわれにくい
現代的な生活では、仕事といえばテスクワークの人か多い。
内臓脂肪がエネルギーとして使われにくい。

食卓には糖質や脂肪が多いメニューが並ぶ
内臓脂肪が使われにくいにも関わらず、食卓には糖質過多や脂っこいボリュームのあるメニューが並ぶ傾向。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

加齢とともに、太りやすくなることから、40歳以降の方がダイエットするにはその方の状況に応じた様々な工夫が必要ですね。

ちなみに、60代で糖尿人でもある私は、肉や魚などのタンパク質と良質の脂質(オリーブオイルやココナッツオイルなど)をしっかり摂る糖質制限ダイエットを継続して肥満解消とともに筋肉痩せを防いでいます。

また、腸内環境を改善するために必要な栄養素をしっかり摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を利用しています。

同時に、運動は食後のウォーキング以外に最近はゴルフにエンジョイして取り組み、ストレス解消に役立てています。

おかげで、私は毎日、快腸でストレス解消もできています。

「すっきりフルーツ青汁」の詳しくはこちら
↓ ↓公式サイトはこちらから↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

最近Twitterで、「すっきりフルーツ青汁」「ダイエット学校」「CUZA〜クーザ〜」などで、絶対痩

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足りなくなりがちです。 特

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりに

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑