肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

肥満の種類と見分け方は?

肥満の種類は

肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。
%e8%82%a5%e6%ba%80%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e
1つは、脂肪が皮膚のすぐ下に溜まる皮下脂肪型肥満です。

閉経前の女性に多く、下半身太りになりやすいことから、その体型は「洋なし型」といわれています。
もう1つは、脂肪がお腹の内側に溜まる内臓脂肪型肥満です。

男性や閉経後の女性に多く、お腹がぽっこリと出やすいことから、その体型は「りんご型」といわれています。

見分け方は

皮下脂肪は脂肪に触れると、ブヨブヨしてつかめます。

一方、内臓脂肪は脂肪に触れると、厚みがなくつかめません。

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の違いは?

皮下脂肪は定期預金

皮膚の真下に分厚くつき、臓器に直接的な悪影響を及ぼさず、内科的病気には直結しにくい。

でも、溜まってしますと使われにくいので、引き出すときに手続きのかかる定期貯金に例えられます。%e8%84%82%e8%82%aa%e3%81%a8%e9%a0%90%e9%87%91

内蔵脂肪は普通預金

重要な内臓のまわりにこびりつき、臓器に悪影響を及ぼし、病気につながりやすい。

でも、エネルギー不足のときすぐに使えることからお金の出し入れがしやすい普通貯金に例えられます。

内臓脂肪型肥満は病気になりやすい?

この2つの脂肪のうち、健康へ悪影響を与えてしまうのは「りんご型」の内臓脂肪です。

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af内蔵脂肪型肥満は高血圧や糖尿病などを引き起こす原因になることがわかっています。

内臓脂肪は体にとって重要な内臓器のまわりについてしまう特徴があります。

また、正常な体であれば、血管にできる小さな傷などは「アデイポネクチン」上により修復されます。

内臓脂肪が多くなるとアデイポネクチンが出にくくなります。

アデイポネクチン:体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモン

従って、内蔵脂肪型肥満は血管の傷が原因となり動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気にも発展しかねません。

けれど、溜まりやすい一方でエネルギー不足のときには率先して使われやすいのが内臓脂肪です。

食事による摂取エネルギーを減らし、運動により消費エネルギーを増やせば、効率的に減らすことができます。

 

ですから、内蔵脂肪型肥満は放置することなく、ダイエットで積極的に減らすことが大切なのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

内臓脂肪型肥満の方はダイエットが必須であることわかりましたか?

ちなみに、60歳代のおやじの私は補助食品すっきりフルーツ青汁大豆麺ソイドルを用いることにより、ストレスなく糖質制限ダイエットを継続し、内臓脂肪を落とし各種生活習慣病予防に努めています。

faojiru.s

「すっきりフルーツ青汁」の公式サイトはこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

記事を読む

酵素とは何か?触媒としての働きは?酵素が活性化する最適環境とは?

「酵素」 は私たちの健康を守るうえで大切で、スリムな体を手に入れるためにも欠かせない存在です。

記事を読む

動物性油脂=不健康 説の根拠は?「植物性油脂の方が健康に良い」に疑問あり?

脂質・脂肪酸の種類と働きについては既に、以下の記事で確認し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であるこ

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑