40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

40代は「太りやすい体」になっている!

%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%93%e3%82%8a40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早く落としたいと思うものです。

ところが、以下の記事でご紹介したように40代以降は若いころと比べて「太りやすい体」になっています。

40代以降だからこそ太りやすい?太る要因は?ライフスタイルは?

そのため、何かに「すがりたい」思いが先走りがちなのです。

これは、自分の生活をかえりみることなく、流行や話題のダイエットに飛びつき「飲むだけ」「食べるだけ」といった1つのものにすがってなんとかしようとする傾向といえます。

しかし、これは40代からのダイエット方法としては間違いです。

よくあるダイエット方法の間違いとは?

極端な低カロリーダイエットにチャレンジすると、一時的には痩せるかもしれません。

でも、栄養バランスの崩れやリバウンドなどに直結するので健康上良くありません。

ribaudo

また、健康的なイメージのあるプロテインは運動後に摂取すれば効果的に働きますが、運動せず食生活も変えずに飲んでしまっていると、そのプロテインの分はエネルギー過多となります。

earobyk通販で買うような痩身マシーンに頼るのもありがちなダイエットです。

継続して使えばダイエット効果も期待できますが、やがて飽きてしまい使用しなくなる人が大半です。

ですから、必ずしも誰でもが成果が得られるわけではありません。

このような間違ったダイエットをせず、生活習慣の改善を見直すことからはじめてみましょう。

40代がやりがちな間違いダイエットのまとめ

1つのものだけに絞ったダイエット

バナナダイエットなど1つのものだけを食べるといったダイエットは、栄養のバランスが崩れ、リバウンドの原因にもなる。%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

プロテインを飲むだけ

プロテインのヘルシーなイメージに惑わされがちだが、運動を取り入れた上で摂取しなければダイエット効果はない。

ジムに入会して満足する

入会しただけで、効果があると思い込み、運動はしていない。
仲間ができて楽しむことは良いが、飲みに行く機会が増えては本末転倒。

痩身マシーンに頼る

legmagic通信販売で買った痩身マシーンなどの器具にすがるが長続きしない。
継続することが大切。

 

 

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
  

太りやすい40歳以降のダイエットでは単一の方法だけでは成功は困難です。
自分の体調やライフスタイルなど状況に応じた様々な工夫が必要です。

例えば、単一のダイエット方法では不十分な点や弊害にも対応できる方法を組み合わせる必要があります。

ちなみに、60代で糖尿人でもある私は、肉や魚、大豆製品などのタンパク質と良質の脂質(オリーブオイルやココナッツオイルなど)をしっかり摂る糖質制限ダイエットを継続して肥満解消とともに筋肉痩せを防いでいます。

また、食事からだけでは摂りにくい腸内環境を改善するための栄養素を補助食品「すっきりフルーツ青汁」で摂っています。

更に、食後のウォーキング以外に最近はゴルフをエンジョイして、ストレス解消に役立てています。

「すっきりフルーツ青汁」の詳しくはこちら
↓ ↓公式サイトはこちらから↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

40代の睡眠が浅い理由は? 睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。 あなたは若いころ

記事を読む

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑