「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e5%88%a5%e8%85%b9%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。

これは、どういうことでしょうか?

別腹ってほんとうにあるのでしょうか?

ここでは、まず、「甘いものは別腹」の意味を確認し、別腹の正体に迫ります。

ダイエットのためには、これを知って、食べ過ぎを防止に注意することが大切だからです。

「甘いものは別腹」の 意味は?

人は自分の好物を見ると、別腹を作り出す能力を持っています。

といっても、もうひとつの胃袋を作るわけではありません。

人は自分の好物を見ると「オレキシン」という化学物質を脳から分泌します。

そのオレキシンが働くと胃のぜん動運動が促進し、胃の中の内容物を腸の方へと押し出します。

その結果、胃に空間=別腹ができるため、お腹いっぱいでもさらに食べられてしまうのです。

%e5%88%a5%e8%85%b9%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b

 

別腹の正体とは

別腹の原因は「オレキシン」?

人間の脳は甘いものは元より、そうでなくとも、自分の好物に反応して「オレキシン」という化学物質を分泌します。

つまり、たとえお腹いっぱいのときでも、自分の好物を見ることにより、胃に「早く消化してスペースを作れ!」と指示を出してしまうのです。

この脳からの指示が「オレキシン」の分泌なのです。
%e5%88%a5%e8%85%b9%ef%bc%bf%e8%84%b3

脳が別腹を作るとは?

分泌された「オレキシン」が腸のぜん動運動を促進し胃の内容物が腸へ送られます。

その結果、胃にできるスペースが、「別腹」の正体です。
%e5%88%a5%e8%85%b9%ef%bc%8e%e5%b0%8f
つまり、脳が別腹を作るのです。

 

食べ過ぎを防ぐ には?

太りにくい食べ順はありますが、く好物があるなら満腹になる前に食べておくことです。

あるいは、その好物の分も考慮して最初に食べすぎないようにしなければいけません。

そのほうが、あとから別腹に押し込むよりも摂取カロリーを少なくすることができるからです。

食べ過ぎを防ぐには、ゆっくり時間をかけて食べることです。

そのためには、よく囓んで食べることです。

また、甘いもの以外にも、宴会のシメで食べる寿司や、飲み会の帰り道でのラーメンなどもオレキシンを分泌させるため注意が必要です。

つまり、甘いものだからとか、デザートだからということではなくて、好きなものだったら何でも別腹ができてしまうのです。

%e5%88%a5%e8%85%b9space

オレキシンは食べ物が自由に手に入らなかった時代に飢えることを前提に獲得された体に備わるシステムといわれています。

飽食と呼ばれる現代では、甘いものは別腹」 でも、食べすぎには注意しましょう。

 

また、食べ過ぎについてはストレスにも注意が必要です。

詳しくは次に記事を参照願います。

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑