腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。

でも、好きなものを目にすると、分かっていても、なかなか「食べ過ぎ」を防ぐのはむづかしいものです。

そこで、ここでは「食べ過ぎ」を防ぐやり方として「腹八分目を守ることを取り上げます。

まず、そのおすすめ理由を確認し、腹八分目に抑える方法やコツをご紹介します。

腹八分目の おすすめ理由は?

太る理由の1つとして食べすぎが考えられます。

食べすぎないように心掛けることこそ、太らない体作りの王道といえます。

腹八分目」という言葉をよく聞くと思いますが、これを守ることで大切です。

そうすると、厳密なカロリー計算や過度な運動をしなくても食べすぎを防止するための工夫ができるからです。

つまり、「腹八分目を守るだけで非常にシンプルにダイエットできるからです。

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

この工夫を毎日の食生活の中に簡単に取り入れ、続けていくことが大切です。

腹八分目に抑える 方法は?

%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%a7%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b「腹八分目」で大切なのは「よく噛む」ことです。

満腹感が生じるのは、食べ始めてから約20分後です。

ですから、よく噛まずに早食いになってしまう人は必要量以上に食べてしまう傾向があります。

1口につきできれば20回、最低でも10回は噛むように意識してみてください。

麺類やファストフードなどは2~3回噛むだけで飲み込んでしまうという人もいると思いますが、よく噛むためにも噛み応えのある食事を選ぶと良いでしょう。

また、私たちの舌の表面はでこぼこしています。

食べ物を唄噂して噛み砕くほど、舌のでこぼこのすき問に味が入り込み、舌の部位別に存在している味蕾(みらい)と呼ばれる器官に触れて薄味でも満足感を得やすくなります。

従って、家庭での料理は薄味にして、ゆっくり味わいながら食べるようにしましょう。

舌の構造 :舌では酸味,塩味、甘味に加えてうま味も感じる。

腹八分目にして食べる コツは?

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86stop以下の点に注意して20分以上かけてゆっくりと食べることです。

・早食いは食べすぎる原因。

・1口につき20回噛むことを意識する。まずは10回を目標に!

・満腹になる前の、「まだ入るかな」という程度で終える。

・噛む回数を増やすために、なるべく硬い食材を選ぶ,

 

噛むことの効果

・早食いを防止し、満腹感が得られやすくなるため、食べすぎを防げる。

・脳の視床下部からホルモン(神経ヒスタミン)が分泌され、食欲が抑制される。

・ゆっくり味わうことにより、薄味、小食でも十分な満足感が得られる。

なお、食べ過ぎ防止については次の記事も参考になるでしょう。

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマー

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

ココナッツオイルにバナナの効果は?フルーツの糖質で太るか?お勧めのレシピは?

前回ご紹介の記事 ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

たんばく質と脂肪 の摂取量を減らすと肥満が増加する!その理由とは?

カロリー計算に基づいた古い常識からすると肉などたんぱく質や脂肪の摂取量を減らせば、摂取カロリーが減る

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑