腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。

でも、好きなものを目にすると、分かっていても、なかなか「食べ過ぎ」を防ぐのはむづかしいものです。

そこで、ここでは「食べ過ぎ」を防ぐやり方として「腹八分目を守ることを取り上げます。

まず、そのおすすめ理由を確認し、腹八分目に抑える方法やコツをご紹介します。

腹八分目の おすすめ理由は?

太る理由の1つとして食べすぎが考えられます。

食べすぎないように心掛けることこそ、太らない体作りの王道といえます。

腹八分目」という言葉をよく聞くと思いますが、これを守ることで大切です。

そうすると、厳密なカロリー計算や過度な運動をしなくても食べすぎを防止するための工夫ができるからです。

つまり、「腹八分目を守るだけで非常にシンプルにダイエットできるからです。

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

この工夫を毎日の食生活の中に簡単に取り入れ、続けていくことが大切です。

腹八分目に抑える 方法は?

%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%a7%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b「腹八分目」で大切なのは「よく噛む」ことです。

満腹感が生じるのは、食べ始めてから約20分後です。

ですから、よく噛まずに早食いになってしまう人は必要量以上に食べてしまう傾向があります。

1口につきできれば20回、最低でも10回は噛むように意識してみてください。

麺類やファストフードなどは2~3回噛むだけで飲み込んでしまうという人もいると思いますが、よく噛むためにも噛み応えのある食事を選ぶと良いでしょう。

また、私たちの舌の表面はでこぼこしています。

食べ物を唄噂して噛み砕くほど、舌のでこぼこのすき問に味が入り込み、舌の部位別に存在している味蕾(みらい)と呼ばれる器官に触れて薄味でも満足感を得やすくなります。

従って、家庭での料理は薄味にして、ゆっくり味わいながら食べるようにしましょう。

舌の構造 :舌では酸味,塩味、甘味に加えてうま味も感じる。

腹八分目にして食べる コツは?

%e8%85%b9%e5%85%ab%e5%88%86stop以下の点に注意して20分以上かけてゆっくりと食べることです。

・早食いは食べすぎる原因。

・1口につき20回噛むことを意識する。まずは10回を目標に!

・満腹になる前の、「まだ入るかな」という程度で終える。

・噛む回数を増やすために、なるべく硬い食材を選ぶ,

 

噛むことの効果

・早食いを防止し、満腹感が得られやすくなるため、食べすぎを防げる。

・脳の視床下部からホルモン(神経ヒスタミン)が分泌され、食欲が抑制される。

・ゆっくり味わうことにより、薄味、小食でも十分な満足感が得られる。

なお、食べ過ぎ防止については次の記事も参考になるでしょう。

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。 鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負ける

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女性に多いでしょう。 実は

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという事実をご存知ですか? 短期間で体重を減ら

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑