太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%ef%bc%92あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。

では、なぜ、あなたは食べすぎてしまうのでしょうか?

これについては、好物を目にした時、別腹ができてしまうことは以下の記事でご紹介しましたね。

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

ここでは、太る原因のもう一つの原因が「油や濃厚な味、甘味に対する依存性」にあることをまず確認します。

そしてその依存性を回避する方法をご紹介します。

太らない 体作りを意識するには

%e5%88%a5%e8%85%b9%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88油や濃厚な味、甘味はカロリーを高くする傾向がある上に依存性があります。

この依存性により、お腹が空いていなくても食べたくなってしまうのです。

ついついポテトチップスをつまんでしまうというのも、この油と塩気による濃厚な味の依存が関わっていると考えられます。

一方でうま味や酸味は、基本的に低カロリーで、依存性はあまりありません。

太らない体作りを意識するためには、こういったうま味や酸味の味つけで、素材の味を生かす調理法が好ましいといえます。

太らない 味付けにするには?

%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%aa%e3%83%bb%e6%98%86%e5%b8%83うま味といえば、かつお節や昆布ですね。

市販のだしを使うのも手軽ですが、お茶用のパックにかつお節や煮干しを入れて一晩置いておくだけでも簡単にだしがとれます。

 

 

また、酸味は酢やかんきつ類のことです。

%e9%85%a2%e3%83%bb%e6%9f%91%e6%a9%98

現代の食事は塩や砂糖、ケチャップ、マヨネーズなど調味料の濃い味が多くなり、素材本来の味を感じない食生活になりがちです。

うま味や酸味を上手く使えば、強い塩気や甘味で味をつける必要はありません。

素材本来の味を引き出せて、薄味でも美味しく調理することができます。

結果的に、摂取エネルギーを減らして太らない体作りを成功に導くのです。

素材の味を生かすには?

昧つけは

味つけはうま味(かつお節、昆布)と酸味(酢、かんきつ頬)を利用する。%e9%85%a2

調味料は

減塩、カロリーオフ、糖質オフの調味料を選ぶ。
油や調味料は計量して使う癖をつけ、目分量による使いすぎをなくす。

%e6%b8%9b%e5%a1%a9

  • 減塩、カロリーオフ、糖質オフを意識する
  • 計量スプーンで量る

切り方・調理の仕方は

油を使わないだけではなく、肉の脂質も切り落せる。

%e7%b6%b2%e7%84%bc%e3%81%8d

  • 野菜は大きめにカット
  • 網焼き・グリルを使う
  • 具材を煮すぎない

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという事実をご存知ですか? 短期間で体重を減ら

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑