「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

前回の記事

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

benpiではデトツクスにより新陳代謝が活発になり、脂肪燃焼が促進されることによるダイエット効果があること、そして、デトツクスするなら便秘解消が一番!であることをご紹介しました

今回は、その便秘の原因が腸の働きに関わるモリチンというホルモンの乱れにあることを確認します。

そして、その乱れを改善し便秘を改善する方法についてご紹介します。

「モリチン」の乱れが便秘の原因?

%e4%be%bf%e7%a7%98%e3%83%bb%e5%8e%9f%e5%9b%a0体の中に老廃物を長く留めてしまうことで、余分な糖分や油分を吸収してしまいやすくなり、代謝も下がります。

これらが、便秘が肥満につながってしまう原因です。

では、便秘にならないためには、どうすればよいでしょうか?

便秘の原因にはさまざまありますが、腸の働きに関わる「モリチン」というホルモンの乱れが関係しているといわれています。

モリチンは十二指腸などで分泌されます。

寝ている間にも便の排出に備えて、腸のぜん動運動を調整するホルモンです。

ところが、夜ふかしやストレスなどで自律神経の働きが乱れると、モリチンの分泌量や働きは低下してしまいます。

腸の動きが悪くなるため、便秘しやすくなってしまうのです。

従って、「モリチン」の乱れが便秘の原因であるといえるでしょう。

便秘を改善する方法は?

%e4%be%bf%e7%a7%98%e6%94%b9%e5%96%84%e6%b3%95腸のぜん勤運動を正常化させ便秘を改善するには、前述のホルモン「モリチン」の乱れを是正する必要があります。

そのためには、規則正しい生活習慣に改め、自律神経の働きを整えることが大切です。

便秘が改善されれば、余分な糖分や油分の吸収は抑えられます。

また、老廃物を排出することで動きやすくなり活動量も増加します。

代謝もアップすることで結果的にダイエットにもっながリやすくなります。

なお、代謝のアップによるダイエット方法については以下の記事が参考になるでしょう。

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

 

胃腸で出るホルモンの種類は?

胃腸で出るホルモンは

胃腸では、「モリチン」のほかにもたくさんのホルモンが分泌されています。

胃のホルモン

%e8%83%83%e8%85%b8胃酸の分泌やぜん勤運動を促す「ガストリン」、消化に関わる「ペプシ/ゲン」などを分泌する。

十二指腸のホルモン

モリチン」を分泌。胃酸を抑える「セクレチン」も存在する。

腸のホルモン

ぜん動運動に関わる「コレシストキ二ン」「サブスタンスP」、食欲を起こす「ガラ二ン」などを分泌し胃や十二指腸と連携して働く。

 

便秘しやすくなる要因は

ストレス

syokuyoku緊張してストレスを感じると神経伝達物質の一種であるアドレナリンが分泌されるけ腸のけいれんを引き起こし、ぜん勤運動を鈍くして便秘体賢にんりやすい。

夜更かし

眠っている問にも、「モリチン」が働いて胃腸の内容物を動かしているので睡眠不足は便秘の大敵。

 

 

なお、便秘の解消法については以下の記事が参考になるでしょう。

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットアドバイザーのコメント

便秘・お通じにお困りの方
サプリメント等ではなく、お茶でダイエットをしたい方に

すっきりとキレイを同時に実感できるお茶★ボンボワール

公式ページで くみっきー流ダイエット法を動画で紹介中
↓ クリック ↓
ボンボワール

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは? では、ビフィズス菌

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえ

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。 これではダイエット成功とはいえ

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、 これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑