睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか?

たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思っていませんか?

実は、ただ睡眠時間さえ確保すればよいというものではないのです。

ここでは、睡眠の質と肥満予防の関係と、睡眠時間に関する研究結果から睡眠のダイエットに与える影響を明らかにします。

そして、ダイエットに良い睡眠と悪い睡眠の例を具体的にご紹介します。

睡眠の質と肥満予防の関係は?

睡眠の質は肥満予防に関係します。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e9%96%a2%e4%bf%82

質の高い睡眠をとれば、肥満を防ぐことができるのです。

質の高い睡眠では、22時から2時の間に、深い眠りに入っていることが大切です。

この時間帯に、脂肪を燃焼する働きがある成長ホルモンが最も分泌されます。

成長ホルモンはダイエットに効果的なのです。

ダイエットをしても、この時間帯に寝ていなければ成長ホルモンの分泌が少なく効果が十分に発揮されません。

 

睡眠時間とダイエットの研究結果は?

%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%83%85%e5%a0%b1理想の睡眠時間は?

質のよい眠りのために睡眠時間は8時間以上が理想だとよく言われます。

でも、研究結果によると、実は理想の睡眠時間とダイエットは直接的には関係ありません。

成長ホルモンの分泌量が少ない時間帯にいくら長く寝ても、質の高い睡眠にはならず、ダイエット効果は見込めないからです。

従って、成長ホルモンの分泌量が多い時間帯(22~2時)に質の高い睡眠にすることが大切なのです。

 

夜遅くまで起きていると

%e5%a4%9c%e6%9b%b4%e3%81%8b%e3%81%97また、夜遅くまで起きていると飲食の機会が増えやすくなります。

長く起きていると、体は「活動エネルギーを作り出さなければ」と働くため、余分なカロリーを摂っしまいやすくなります。

従って、夜更かしする人は太りやすいのです。

寝ている間は当然飲食できませんから、余分なカロリーを摂る心配がなくなり、太りにくい体になります。

 

睡眠とダイエットの関係(例)

以下に睡眠とダイエットの関係について、良い例と悪い例の典型的なものをご紹介します。

良い睡眠の例%e8%89%af%e3%81%84%e7%9d%a1%e7%9c%a0

  • 6時に起きて朝食を摂り、規則正しい生活スタイル。
  • 帰宅後に夕食を早めにすませて夜10時に就寝
  • 午前2時までの4時間、成長ホルモン分泌タイム中に熟睡できているので、太りにくい

 

悪い睡眠の例

  • 朝食抜きで出社。そのぶんおやつに手が伸びる。%e5%a4%9c%e6%9b%b4%e3%81%8b%e3%81%97%ef%bc%92
  • 飲み会後、寝る直前まで夜食を摂って入眠は午前1時。
  • 成長ホルモンが分泌される時間は1時間(1~2時)、よい例の4分の1。
  • 眠りが浅いともっと少なくなるので、太りやすい。

 

チェックポイント

睡眠とダイエットの関係については次の記事も参考になるでしょう。

体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

質のいい睡眠と昼寝で内臓脂肪を吹き飛ばしましよう。

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント
↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

お肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑