便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

yasetaあなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか?

実は、コレは最近わかってきた人の腸内に住んでいる細菌の数なんです。

神秘的な数字ですね。

この腸内細菌の働きが、ダイエットや健康に影響しているとしたら・・・

ダイエットが従来のカロリー計算だけの単純理論で説明できないことは明らかですね。

ここでは、まず、この腸内細菌による腸内環境である腸内フローラについて説明します。

そして、便秘など腸内環境悪化のサインについて確認した後、ダイエットを成功し健康になるには腸内環境を整え、正常化することが大切なことをご紹介します。

腸内細菌の数や種類は?

便の固形成分の3分の1を占めるのが腸内細菌またはその死骸であり、腸の中には腸内細菌が約1kgあるといわれています。

腸の中には約1000種類、100兆(最近になって1000兆個以上であることが分かってきました。)の細菌が住んでいます。
%e8%85%b8%e5%86%85%e7%b4%b0%e8%8f%8c%e3%81%ae%e6%95%b0
人間の体の中の細胞は60兆と言われていますので、それよりはるかに多いということになります。

腸内細菌による 腸内フローラとは?

腸内フローラってお花畑?

これらの腸内細菌は同じグループで回まって、腸の中にびっしりと敷き詰められているので、お花畑にたとえられて腸内フローラと呼ばれています。

フローラとはローマ神話に登場する花と春に関する女神のことですが、一般的にはお花畑のことを指します。

 

%e8%85%b8%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9これら腸内細菌からなる腸内フローラが私達の腸内環境を作っているのです。

腸内細菌中の大腸菌の割合は

腸内細菌で有名なものとして大腸菌がよく知られています。

大腸にいるから大腸菌と名付けられたのですが、大腸にいる菌は大腸菌だけではありません。

実は、腸内細菌全体に占める大腸菌の割合は0.1%以下で、ほんの一部にすぎないのです。

大腸菌って危険?

その、大腸菌だけでも180種類以上あるのですが、その中でも食中毒を起こす大腸菌であるO-157は、有名でよく知られています。

O-157は腸管出血性大腸菌の一種で、少しでも含まれた食事を食べてしまうと3~5日後に、腹痛やまさに名前の通り腸から出血するという症状を起こします。

大腸菌は確かにその一部はO-157に代表されるような、食中毒を引き起こす菌もあるため、「危険」というイメージがつきまとっていますが、実はほとんどの大腸菌は無害なんです。

大腸菌に関しては以前からよく知られていたのですが、その理由は大腸菌が腸の中のように酸素がないところでも、また酸素がある状態でも生きていける菌だからです。

便と一緒に出てきた大腸菌は空気に触れても生きていますので、便を調べれば大腸菌を見つけることができるのです。

最近になって腸内フローラが発見されたわけは?

しかし、腸内細菌の大部分は酸素がないところで生きる菌が多く、酸素に触れると死んでしまうので、便を調べても酸素に触れてしまって死んでいるので、見つけることができなかったのです。

ところが、最近になって腸内細菌の死骸であっても、細菌の遺伝子のDNAを調べることができるようになり、色々な腸内細菌のことが分かってきました。

それらの研究によって、腹の中には人間の細胞の数を超える、100~1000兆個の細菌がいると予想されるようになりました。

%e8%85%b8%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%ef%bc%92これらのたくさんの腸内細菌が腸の中でお花畑(フローラ)のように住んでいるのです。

便秘は腸内環境が悪化しているサイン?

腸内細菌のバランスが大切!

腸内細菌にはいわゆる善玉菌悪玉菌そしてそのどちらでもない日和見菌と呼ばれるものがバランスをとって腸の中に住んでいます。

%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

このバランスが崩れると腸内環境が悪くなってしまい、様々な異常を起こしてしまうのです。

%e4%be%bf%e7%a7%98具体的には便秘、そして下痢というお腹の症状だけではなく、免疫機能が低下して腸の感染症だけでなく全身の感染症を起こしやすくなったり、最近の研究では肥満にも関係することが分かってきました。

つまり、腸内環境の悪化が肥満の原因になっているのです。

従って、ダイエットを成功し健康になるには腸内環境を整え、正常化することが大切なのです。

腸内環境悪化と肥満や健康との関係

なお、腸内環境悪化と肥満や健康との関係は次の記事が参考になるでしょう。

腸内環境が悪化する主要な原因について。

腸内環境が悪化する3つの原因とは?年齢は?食生活は?ストレスは?

また、腸内環境が悪化の影響については

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%9f%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c

ダイエットを成功し健康になるには腸内環境を整え、正常化することが大切ことはわかりましたね。

ところで、青汁には植物繊維が豊富ですので、腸内環境を整えるのに有効なことが分かっています。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には胃酸や熱によって破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されており、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

つまり、生きたまま届く乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのです

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?摂取法は?すっきりフルーツ青汁には?

善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌。 その中でも善玉菌の代表選手が乳酸菌

記事を読む

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

前回の記事 食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう! でもご紹

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻

記事を読む

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

あなたは、デトックスという言葉の意味をご存知ですか? デトックスの英語表記は「detox」。「

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。 そう、実は今、酵素はブ

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑