睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

睡眠は時間より質を重視すべき?

睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

では、成長ホルモンの分泌量が多い時間帯(22~2時)に質の高い睡眠にすることが大切なことをご紹介しました。

でも、 肥満予防になるとはいえ、毎日22~2時の問に寝るのはなかなか困難です。

実際、「よい眠りだった」と感じる睡眠時間には、かなりの個人差があります。

また、質のよい眠りのために睡眠時間は8時間以上が理想だとよく言われます。

でも、厚生労働省「平成23年国民健康・栄養調査結果」によると1日の平均睡眠時間は6時間台でした。

 

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%ae%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%88%a5%e5%b9%b3%e5%9d%87

平均よりも短い5時間程度の睡眠時間だったとしても、ぐっすり眠れて爽やかに目覚め、日中も調子よく働くことができれば、睡眠時間は十分だといえます。

「なんとしても22~2時は寝なければ!」との強迫観念から眠くもないのにベッドに入って「眠れない!」とイライラしても、質の良い睡眠はとれません。

 

睡眠の質を高める生活習慣とは?

%e8%89%af%e3%81%84%e7%9d%a1%e7%9c%a0睡眠時間を増やそうとしても、忙しい毎日の中では、普段の睡眠時問から1時間単位で増やすのは難しいでしょう。

1日の時間数を極端に増やすのではなく、1週間、1カ月と長いスパンで考えてみてください。

1日10分早く眠るようにすると、1カ月続けたら全体で5時間、睡眠量が増えたことになります。

約1日分の睡眠を確保できるのです。

睡眠で大切なのは、絶対量を増やすこと。

極端に睡眠時問を確保しようとするのではなく、毎日少しずつ10分でも早く寝るよう心がけましょう。

それが結果として 「睡眠の質」を高める生活習慣につながります。

 

体内時計を治すには?

あなたの体内時計は何時間周期でしょうか?

人間の体に備わる体内時計は、人によリ24時間周期か25時間周期に設定されていて、個人差があります。

時計を見ずに起きていると、毎日少しずつ起床時間が遅くなっていく人は25時間周期になっているかもしれません。

そういう人は朝、日光をよく浴びて、24時間周期に体内時計をリセットするとよいでしょう。

 

なお、体内時計の乱れを整える方法については次の記事で詳しく記載しています。

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

 

チェックポイント

夜遅い食事、寝る前のPC・スマホは避け、朝は太陽の光を浴びましょう。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント

↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。 そこで、ここで

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるには?

前回の記事 人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか? 実は、自律神経の乱れが内臓

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑