睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

睡眠は時間より質を重視すべき?

睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

では、成長ホルモンの分泌量が多い時間帯(22~2時)に質の高い睡眠にすることが大切なことをご紹介しました。

でも、 肥満予防になるとはいえ、毎日22~2時の問に寝るのはなかなか困難です。

実際、「よい眠りだった」と感じる睡眠時間には、かなりの個人差があります。

また、質のよい眠りのために睡眠時間は8時間以上が理想だとよく言われます。

でも、厚生労働省「平成23年国民健康・栄養調査結果」によると1日の平均睡眠時間は6時間台でした。

 

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%ae%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%88%a5%e5%b9%b3%e5%9d%87

平均よりも短い5時間程度の睡眠時間だったとしても、ぐっすり眠れて爽やかに目覚め、日中も調子よく働くことができれば、睡眠時間は十分だといえます。

「なんとしても22~2時は寝なければ!」との強迫観念から眠くもないのにベッドに入って「眠れない!」とイライラしても、質の良い睡眠はとれません。

 

睡眠の質を高める生活習慣とは?

%e8%89%af%e3%81%84%e7%9d%a1%e7%9c%a0睡眠時間を増やそうとしても、忙しい毎日の中では、普段の睡眠時問から1時間単位で増やすのは難しいでしょう。

1日の時間数を極端に増やすのではなく、1週間、1カ月と長いスパンで考えてみてください。

1日10分早く眠るようにすると、1カ月続けたら全体で5時間、睡眠量が増えたことになります。

約1日分の睡眠を確保できるのです。

睡眠で大切なのは、絶対量を増やすこと。

極端に睡眠時問を確保しようとするのではなく、毎日少しずつ10分でも早く寝るよう心がけましょう。

それが結果として 「睡眠の質」を高める生活習慣につながります。

 

体内時計を治すには?

あなたの体内時計は何時間周期でしょうか?

人間の体に備わる体内時計は、人によリ24時間周期か25時間周期に設定されていて、個人差があります。

時計を見ずに起きていると、毎日少しずつ起床時間が遅くなっていく人は25時間周期になっているかもしれません。

そういう人は朝、日光をよく浴びて、24時間周期に体内時計をリセットするとよいでしょう。

 

なお、体内時計の乱れを整える方法については次の記事で詳しく記載しています。

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

 

チェックポイント

夜遅い食事、寝る前のPC・スマホは避け、朝は太陽の光を浴びましょう。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント

↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑