40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

40代の睡眠が浅い理由は?

睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e9%9a%9c%e5%ae%b3あなたは若いころはぐっすり眠れて、すっきり起きられたのに、40代に入ってからは寝つきが悪くなった、起きにくくなったと感じることはないでしょうか?

一般的に睡眠の老化が始まるのは30代後半からといわれています。

40代はすでに、睡眠老化が進行している年齢です。

老年期に入るとさらに、夜中に日が覚める中途覚醒が多くなります。

理由はいろいろありますが、ひとつには、日中の活動量が少なくなり、体温があまり上がらないことがあげられます。

睡眠の老化防止方法は?

体は、日中に上がった体温を下げることで眠ろうとしますが、その度合いが少ないために、睡眠の質に悪影響が及ぶと考えられます。

また、40代は、体はさほど疲れていないのに脳ばかりが覚醒しているあまり、リラックスできずに、眠りが浅くなりやすいともいわれます。

加齢とともに、若いころのようにぐっすりと眠れなくなるのは当たり前のことです。

まずは、その事実を受け入れて、日中は体を積極的に使って活動量を増やすようにしましょう。

昼と夜とのメリハリをつける生活を送ることが、質の高い睡眠を得るうえで大切です。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e8%80%81%e5%8c%96%e4%ba%88%e9%98%b2

中途覚醒を予防するには?

睡眠の老化のまとめ

  • 30代後半から睡眠の質は老化する。
  • 日中の活動量を増やそう
  • 30代後半あたりから眠りが 浅くなるのは、自然な現象。
  • 日中に積極的に動いて体温を上げておくことが、夜になってぐっすり眠るための準備になる。

 

中途覚醒の予防法は?

老年期に入ると、夜中に目が覚める中途覚醒が多くなります。

すると、寝たり起きたりを繰り返すから布団の中ですごす時間が長くなり、結果として睡眠の質が悪くなってしまうのです。

従って、日中は脳や体を積極的に使い、昼と夜とのメリハリをつけることが大切です。

%e6%98%bc%e3%81%a8%e5%a4%9c%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%aa 

チェックポイント

夜遅い食事、寝る前のPC・スマホは避け、朝は太陽の光を浴びましょう。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント

↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は?

このサイトのテーマである「綺麗に痩せる」を実現するためには、肥満解消のみならず美容面への注意も必要で

記事を読む

ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」 という、太っていた

記事を読む

太る 原因のチェック方法!ライフスタイル別 チェックシートによる診断結果は?

あなたが、太っているなら、その原因はあなたのライフスタイルの中に潜んでいます。 ライフスタイル

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

入浴のストレス解消効果は? 毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑