40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

40代の睡眠が浅い理由は?

睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e9%9a%9c%e5%ae%b3あなたは若いころはぐっすり眠れて、すっきり起きられたのに、40代に入ってからは寝つきが悪くなった、起きにくくなったと感じることはないでしょうか?

一般的に睡眠の老化が始まるのは30代後半からといわれています。

40代はすでに、睡眠老化が進行している年齢です。

老年期に入るとさらに、夜中に日が覚める中途覚醒が多くなります。

理由はいろいろありますが、ひとつには、日中の活動量が少なくなり、体温があまり上がらないことがあげられます。

睡眠の老化防止方法は?

体は、日中に上がった体温を下げることで眠ろうとしますが、その度合いが少ないために、睡眠の質に悪影響が及ぶと考えられます。

また、40代は、体はさほど疲れていないのに脳ばかりが覚醒しているあまり、リラックスできずに、眠りが浅くなりやすいともいわれます。

加齢とともに、若いころのようにぐっすりと眠れなくなるのは当たり前のことです。

まずは、その事実を受け入れて、日中は体を積極的に使って活動量を増やすようにしましょう。

昼と夜とのメリハリをつける生活を送ることが、質の高い睡眠を得るうえで大切です。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e8%80%81%e5%8c%96%e4%ba%88%e9%98%b2

中途覚醒を予防するには?

睡眠の老化のまとめ

  • 30代後半から睡眠の質は老化する。
  • 日中の活動量を増やそう
  • 30代後半あたりから眠りが 浅くなるのは、自然な現象。
  • 日中に積極的に動いて体温を上げておくことが、夜になってぐっすり眠るための準備になる。

 

中途覚醒の予防法は?

老年期に入ると、夜中に目が覚める中途覚醒が多くなります。

すると、寝たり起きたりを繰り返すから布団の中ですごす時間が長くなり、結果として睡眠の質が悪くなってしまうのです。

従って、日中は脳や体を積極的に使い、昼と夜とのメリハリをつけることが大切です。

%e6%98%bc%e3%81%a8%e5%a4%9c%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%aa 

チェックポイント

夜遅い食事、寝る前のPC・スマホは避け、朝は太陽の光を浴びましょう。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

【広告】
夜ぐっすり眠れない、朝の目覚めが悪い、昼間眠くなってしまう方に
ミルクペプチド特許成分の
ラクティウムなどを配合し、すこやかな
眠りをサポートする休息サプリメント

↓ 詳しくはこちら ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

太らない 体質の作り方|食材の買い物の頻度は?買い物上手なダイエッターは?

太る理由の1つとして食べ過ぎが考えられます。 従って、もしあなたが太らない体質を手にしたいのな

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

食事制限 ダイエットの 問題点とは?失敗の原因は? 成功させる秘訣とは?

なぜいつもあなたのダイエットは続かないのでしょうか? それは、あなたの意志が弱く、我慢が足らな

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑