たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

たるみ対策が必要なわけは?

%e3%81%8a%e5%b0%bb%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。

筋力や代謝が落ちてくる40代からは、体型をキープするための「たるみ」についても対策が必要になって来るからです。

せっかく頑張って痩せても、たるみが目立ってしまっては、魅力は半減してしまいます。

40代から一般的に目立つのは、お尻のたるみです。

また、お腹周りの脂肪の重みにより、お腹がたるむ人も多くなります。

40代からのたるみの3つの原因とは

40代からのたるみには3つの原因があります。

1つ目は「筋肉のたるみ」。

本来張りのある筋肉が、加齢や運動不足などによって衰え、たるんでしまいます。
特に、顔の筋肉のたるみは気になりますね。
%e9%a1%94%e3%81%ae%e7%ad%8b%e8%82%89

2つ目は「脂肪のたるみ」。

皮膚の張りを皮下で支えているコラーゲンと、それに絡み合うことで弾性を保つ役割を担っている工ラスチンという組織が、脂肪の重さで伸びたり切れたりします。%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf

3つ目は「皮膚のたるみ」。

加齢とともに、皮下組織を作り出す線維芽(せんいが)細胞の働きが徐々に減少し、古く劣化したコラーゲンが置き換わらないままになって、皮膚の密度が下がるためたるんでしまうのです。

%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0

こちらは痩せている人に多く、ほうれい線やしわなど顔のたるみとして目立つようになってきます。

顔だけではなく腕や脚のたるみもあります。張りや弾力がなくなる原因もたるみに含まれます。

たるみの改善方法は

「たるみ」の原因を知ることがたるみ解消し太らない体型をキープすることの第一歩です。

脂肪や筋肉が関わるなら、改善できます。

たるみの3つの原因
・筋肉
若いころは張りのあった筋肉が、加齢や運動不足により衰えてたるむ。

・脂肪
脂肪が増えると、重力の影響を受けて下がり、たるみになる。

・皮膚
体の表面を覆う皮膚の構造が加齢によって変化し、弾力性が弱くなってたるむ。

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざまです。

また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。

たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

 

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

 

 

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

例えば、以下の方法も顔の表情筋、深層筋を鍛えるのに効果的でしょう。
動画でわかりやすく紹介していますよ♪

 若さのカギは顔の筋肉!
【 FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ) 】
★1回30秒~、一日2回の新習慣★
くわえて首を振るだけで簡単に顔の筋肉を鍛えることが出来るPAO(パオ)。

化粧品などによる肌の外側からのケアではなく、筋肉トレーニングにより
内側からのたるみケアが可能に!

簡単に出来て、何よりも楽しいのに
「筋肉に効いている」実感があるのが魅力です♪

PAO(パオ)の公式ページはこちらをクリック
↓ ↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

食事制限 ダイエットの 問題点とは?失敗の原因は? 成功させる秘訣とは?

なぜいつもあなたのダイエットは続かないのでしょうか? それは、あなたの意志が弱く、我慢が足らな

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑