体幹が老化すると?要介護のリスクは?筋肉を鍛える効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

体幹とは、身体の頭部と四肢(左右の手足)を除く胴体部分のことです。

%e4%bd%93%e5%b9%b9%e3%81%a8%e3%81%af

体幹が衰えると姿勢がわるくなり、体の不調につながります。

しかし、筋肉は鍛えればよみがえるものです。

ここでは、体幹が老化することの影響や要介護になるリスクを確認した上で、筋肉を鍛えることの効果をご紹介します。

体幹が老化すると?

年を取るに従って肉体的、精神的な機能が衰えるのが「老化」です。

老化には個人差がありますが、65歳以上になると、骨筋肉系の疾患、うつ・ストレス関連障害や認知症などの脳の疾患をはじめ、あらゆる疾患の推計患者の数は著しく増えます。

%e4%bd%93%e5%b9%b9%e3%81%ae%e8%80%81%e5%8c%96特に女性は、50歳前後に更年期を迎え、閉経後に骨量(骨密度)が著しく減少し、骨粗髭症(こつそしょうしょう)にかかりやすくなります。

また、筋肉量も次第に低下し、80歳時の下肢筋肉量は20歳時から約3割減り、全身筋肉量も約1割が失われるという研究結果もあります。

要介護になるリスクは?

こうした要因が重なって、体形が崩れ、姿勢が悪くなり、周りの人から 「老けたね」と言われてしまうわけです。

 

しかし、「年なんだから仕方がない」とあきらめて、何も手を打たなくていいのでしょうか。

衰えを感じたら、少しでも早くそこを改善しようとしなければ、衰えはますます加速します。

そのまま体を長期間動かさないでいると、筋肉や骨組織が萎縮して歩行能力が低下します。

そして、転倒による骨折の危険性が高まります。

%e8%a6%81%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af

実は、要介護になる原因は、骨折・転倒や関節疾患が全体の約3割を占めているのです。

 

筋肉を鍛える 効果は?

そうならないために、心身ともに若さを取り戻すのが 「若返り」 です。

%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e5%8a%b9%e6%9e%9c適切な運動を継続することで、筋力はいくつになっても発達することが実証されています。

体幹を鍛えれば、悪い姿勢が矯正され、筋肉パワーが体の可動域を拡大し、歩行能力や体形が維持されるのです。

また、筋力を鍛えればダイエットにも効果的です。

ストレッチで筋肉をメンテナンスして体幹を維持しましょう。

 

jigazou

 

 

 

例えば、以下のようなサービスはいかがですか

糖質制限の食事指導と、ビデオ通話のパーソナルトレーニングで
自宅にいながらジムに通わずダイエット

ダイエットに何十万も必要なし。
費用はパーソナルジムに通うのと比較してなんと3分の1以下。

公式サイトはこちら

↓↓ クリック ↓↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)

記事を読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?放置すると危険?治療するには?

昼間も眠気が取れない、大事な会議中でも眠気が襲ってくる……。 あなたにはこのような経験はありま

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明

肥満は飢餓に備えた身体の防衛反応!時計遺伝子の働きとは?朝食との関係は?

前回の記事では、時間栄養学の研究で、「朝食を抜くと太る」理由として以下

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

→もっと見る

PAGE TOP ↑