善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?摂取法は?すっきりフルーツ青汁には?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e4%be%bf%e7%a7%98%e6%94%b9%e5%96%84%e6%b3%95善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌。

その中でも善玉菌の代表選手が乳酸菌で、私たちの健康を支援してくれています。

それでは乳酸菌は私達の健康にどのように関わっているのでしょうか?

ここでは、乳酸菌の健康への役立ちを確認し、乳酸菌の効果的な摂取方法をご紹介します。

善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?

腸管の免疫力をアップ

100兆個いるといわれる腸内の細菌のうち、特に、乳酸菌は腸が担っている腸管免疫という機能に深く関わっています。

というのも、白血球の仲間のナチュラルキラー細胞は、ウイルスやがんなどをやっつけてくれる大切な防御の働きをしています。

腸の壁面の一部、バイエル板が乳酸菌を取り込むと、このナチュラルキラー細胞などを増やすことができ、結果として体の免疫機能を高めることになるのです。

免疫力が高まれば、かぜにかかりにくくなりがん予防も期待できます。

 

%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c

便秘の予防にも効果

%e4%be%bf%e7%a7%98%e8%a7%a3%e6%b6%88また、乳酸菌が出す乳酸によって腸の嬬動運動(注)は活発になり、便通がよくなります

(注)消化管において、内容物の移動のため、腸が虫のように動くこと。

便秘は体にとって不要なものが留まっているということです。

消化吸収され、残ったかす(便)は約24時間後に排出されていれば問題はないですが、長く体内に留まっていると大腸がんになりやすいのです。

また便が異常発酵するとアンモニアが発生し、それを血液が吸収すると体臭にも結び付きます。

従って、乳酸菌をとることのより、便秘改善効果のほか、体臭防止効果もあるのです。

 

乳酸菌の効果的な摂取法は?

乳酸菌は毎日コツコツ摂りましょう。

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88乳酸菌はヨーグルトや発酵食品などに多く含まれています。

こうした食品に含まれる乳酸菌を積極的に摂ることで、腸内の菌を増やすことができます。

しかし体の外から摂った菌は体内に定着せず、一日経つと排出されます。

だから乳酸菌は毎日摂ることが大切なのです。

なるべく菌の数が多いものを摂ると効果的です。

乳酸菌や、善玉菌の一つのビフィズス菌は加齢で減少するため、意識して摂るようにするといいでしょう。

また、私たちの腸には宿主特異性といって、もともとその人の腸にすみ着いている乳酸菌がいます。

その菌そのものを増やすために、餌となるオリゴ糖を摂るのもよい方法です。

 

 

乳酸菌はすっきりフルーツ青汁から摂取できる?

乳酸菌を多く含む食品は?

乳酸菌はヨーグルト、チーズ、漬けもの、みそなどの発酵食品に多く含まれています。
%e7%99%ba%e9%85%b5%e9%a3%9f%e5%93%81

 

すっきりフルーツ青汁の乳酸菌は?

jigazou
%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%9f%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c

ところで、青汁には植物繊維が豊富ですので、腸内環境を整えるのに有効なことが分かっています。

最近は乳酸菌を配合した青汁もいろいろ発売されています。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には「有胞子乳酸菌」という 、胃散や熱によって破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されており、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

つまり、生きたまま届く乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのです

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

赤ちゃんの腸内細菌は母乳から!?腸内フローラの個人差は?整える方法とは?

お母さんの子宮の中は無菌状態のため、生まれる前の赤ちゃんの腸内には細菌は住んでいません。 赤ち

記事を読む

美禅食で置き換えダイエット!その効果は?食事制限ダイエットはもう古い?

ダイエットのための補助食品って、TV通販などの宣伝のせいか利用する人が増えてきています。 でも

記事を読む

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットといえば、カロリーを抑えることや脂肪を減らすことばかりが注目されてきましたが、近年、腸内環

記事を読む

「糖質が脳の唯一のエネルギー」は嘘!活性酸素の影響?脳は酸素を栄養に働くとは?

「糖質が脳の唯一のエネルギー源」の嘘!とは? 「糖質をやめると、頭がボケる」と主張する人がいますが

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。 このブログのでも、以下の記事で

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。 そう、実は今、酵素はブ

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑