腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事
食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

でもご紹介しましたが、食物繊維が便秘に効果をあげるのはよく知られています。

でも、食物繊維を食べるとビタミンができるという話は、案外知られていないのではないでしょうか。

食物繊維を食べると腸内細菌が活発に働いて、ビタミンB群をつくり出すのです。

ここでは、腸内細菌がビタミンを合成するメカニズム、ビタミンB群の働き、食物繊維が多い食べ物をご紹介します。

腸内細菌がビタミンをつくるとは?

腸内細菌とは、文字どおり腸管内で繁殖する細菌で、人の梗から検出されるものだけでも、100種類を上回ります。

腸内細菌の状態は、食べ物によって変動しにくいものですが、食物繊維は例外的に変化をもたらします。

また、寒さ、激怒、恐怖、ストレス、老化、病気、抗生物質、薬物などによっても変化するといわれています。

腸内細菌の大きな役割は、消化を助け、ビタミンを合成することです。

tyounaisaikinn腸内細菌は、人間にはない食物繊維を分解する酵素をもっているのです。

そして、食物繊維をエサにして繁殖し、ビタミンB群をつくります。

腸内細菌は、繊維を食べると化学変化を起こし、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンK、ナイアシン(ニコチン酸)などのビタミンB群を合成します。

他に、われわれが繊維を食べると、腸内にかさばりができ、ほどよく水分と空気が含まれるので腸内細菌が発酵しやすくなり、その働きが活発になるという利点もあります。

ビタミンB群の働きは?

さて、腸内細菌によって合成されるビタミンB群には、どういう働きがあるのでしょうか。

ビタミンB2の働き

まず、ビタミンB2は発育に不可欠などビタミンです。

細胞内の物質代謝(変化)に関係し、不足すると、腸内細菌がスムーズにいかなくなり、脂肪の吸収力が低下します。

極端に不足した場合には、舌炎(舌の炎症)、口唇炎(唇の炎症)、口角炎(口の両端が裂ける)といった病気になります。

ビタミンB2を多く含む食品としては、レバー、卵、チーズ、牛乳、うなぎ、緑黄色野菜などがあげられます。

vitaminb2

日本人にとって、いちばん不足しがちな栄養素はカルシウム、次がビタミンB2なので注意が必要です。

ビタミンkの働き

ビタミンKは、血液の凝固に必要なプロトロンビンという物質が、肝臓でつくられるときに必要などタミンです。

ブドウ糖の燃焼にも必要とされています。

ビタミンkが不足すると、出血したとき血が止まりにくくなります。

ビタミンkはキャベツ、ホウレンソウ、トマト、レバー、牛乳に多く含まれています。

これらは胃潰瘍などで出血している人に治療食としても使われています。

ビタミンkは大切なビタミンですが、ふつうに食事をしていれば、特別に不足しないようです。

ナイアシンの働き

ナイアシンは、ビタミンB2と同様に、細胞内の新陳代謝に関係しています。不足すると、ぺラグラという皮膚病になります。

食物繊維を食べると、以上のようなビタミンが腸内細菌の働きによって合成されるわけです。

一見して栄養がなさそうな食物繊維の効用が、よくわかりますね。

食物繊維が多い 食べ物は?

では、食物繊維を摂るにはどんなものを食べたらいいのでしょうか。

syokumotuseni-foodゴボウ、レンコン、切り干しダイコン

(ダイコンにも含まれていますが、干した物のほうが、繊維量はずっと多くなります)、

海草類(ヒジキ、ワカメなど)、グルコマンナン(コンニャク、シラタキなど)、

穀類(小麦のフスマに多く合まれています。フスマ添加のパン、ムギコガシ、トウモロコシなど)、

乾燥サツマイモ(ふつうのサツマイモにも多く合まれています)、

ポテトチップス、ごま、ナッツ類(バターピーナツ、ヘーゼルナッツ、アーモンドなど)、

豆類(フライピーンズ、エンドウマメ、ソラマメ、インゲンマメなど)、オカラ、納豆、野沢菜などなど……。

これらを見渡すと、日本人が日本的な食生活を送っていれば、十分に繊維がとれるのがわかります。

極端に洋風にしたり、偏食をしたりしなければ、まず安心といえます。

いずれにしても食物繊維を多く含む食品は、カロリーも少なく、無理なく健康的に痩せるのに必要な食べものなのです。

 

なお、腸内環境を良くするには、食品からだけではなく、適切なサプリメントを利用するのも効果的でしょう。

例えば以下のサプリです。

食物繊維と酵素のWパワーのお腹のサプリです!
便秘にお悩みのお客さまにとって必ず気になる食物繊維と
酵素が贅沢に配合されたサプリメントです!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

アミノ酸ってどんなもの?タンパク質との結合・構成の関係は?その定義は?

既にご紹介しました記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に違います

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているので

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。 このブログのでも、以下の記事で

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑