牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e7%89%9b%e4%b8%bc糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

でも、牛丼は、ファストフード店のランチメニューの定番になっています。

サラリーマンにとっては安価で手頃なメニューです。

牛丼のヘルシーな食べ方はないのでしょうか?

牛丼に含まれる塩分量は?

公開されているデータによると、牛丼(並盛り) のカロリー数は660キロカロリーで、塩分は2グラム強となっています。

牛バラ肉をタレで煮て、それをどんぶり飯の上にかけているわりに、カロリー、塩分ともに低いような気がしますね。

ただし、紅ショウガと味噌汁を一緒に注文すると、塩分の量は一気に5グラムまで増加します。

%e7%89%9b%e4%b8%bc%e3%81%ae%e5%a1%a9%e5%88%86

一日の塩分摂取の目標は8グラムですから、残りはあと3グラム。

夕食の塩分を3グラムで抑えるのはかなり難しいのではないでしょうか。

塩分の取りすぎでどうなる?

塩分のとりすぎは体内のミネラルバランスを崩し、便の水分を減らしてしまいます。

%e4%be%bf%e7%a7%98通常は、便の水分は70~80%に維持されていて、わずか5%低くなっただけでも、便秘の症状があらわれます。

便の水分を減らさないためには、カリウムを多く含む食品をとり、ナトリウムを排出させてしまうのがペストです。

牛丼と一緒に摂取できるカリウム食品は、お茶です。

夏の暑い盛りに温かいお茶を飲むのは抵抗があるものですが、お茶を飲めば、塩分のことを気にせずに牛丼を味わえるのですから、おかわりして飲むようにしましょう。

牛丼の おすすめの食べ方は?

牛丼の 玉ねぎの量は

牛丼には必ず玉ねぎが使われています。

玉ねぎにはコレステロールを吸収し、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

しかし、牛丼に含まれている玉ねぎの量はかなり少なめです。

これでは食物繊維もあまりとれません。

食物繊維の一日の目標摂取から考えると、牛丼だけ食べていては、陽のためにはあまりよいとはいえません。

食物繊維を補給するには

ゴボウサラダ

食物繊維を補給するために、牛丼と一緒にとってほしいのがゴボウサラダです。

%e3%82%b4%e3%83%9c%e3%82%a6%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

見た目ではグリーンサラダのほうがヘルシーなようですが、以下の記事でも記載してきたように、グリーンサラダにはほとんどメリットがありません

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

 

その点、ゴボウには食物繊維が大量に含まれ、さらにビフィズス菌の大好物のフラクトオリゴ糖も含まれています。

ですから、ゴボウサラダを牛丼と一緒に食べれば、豊富な食物繊維のため、腸と全身の健康を維持することができるのです。

大麦若葉を主成分とする青汁

食物繊維を補給するために、牛丼と一緒にとってほしいのが大麦若葉を主成分とする青汁です。

記事
大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

では、大麦若葉には、驚くほど栄養素が詰まっており、まさにスーパー緑黄色野菜であること、

そして、食物繊維はごぼうの約8倍とたっぷり含まれていることをご紹介しました。

従って、大麦若葉を主成分とする青汁は食物繊維をたっぷりとる方法として効果的といえるでしょう。
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89
実際、私は毎朝 国内産大麦若葉を主原料とし、ビタミン、ミネラルなどその他の栄養素も配合されている「すっきりフルーツ青汁」飲んでいますが、極めてすっきりと快腸です。

 

「すっきりフルーツ青汁」の詳細はこちらから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。 カツ丼は牛丼よりもさらに、高カ

記事を読む

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ケトン体をエネルギー源としたケトジェニック(ケトン体食)ダイエットの効果については、以下の記事で既に

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

ロカボ食の定義や効果については以下の記事でご紹介しました。 ⇒カロリーに対する栄養学の変化は?

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑