カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bcカツ丼は牛丼よりもさらに、高カロリーな丼です。

脂質も、糖質もたっぷりなので、ダイエッターにとって要注意食品ですね。

でも、たまには食べたい。

どうすれば、ヘルシーにカツ丼を食べることができるでしょうか?

カツ丼は高カロリー!

カツ丼は、脂身のある厚いロース肉を油で揚げ、甘辛いタレで一度煮込んだ後、卵でとじる……。

こうしてレシピを書いただけでも、カツ丼のカロリーの高さが伝わってきますね。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bc%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc

一般的なカツ丼のカロリーは、なんと約1000キロカロリー

上図のように、丼の中では最高クラスですね。

一般的な成人の場合、1日2000キロカロリーとされていますから、1日の半分のカロリーをカツ丼一杯でまかなってしまう計算になります。

カツ丼に含まれるビタミンは

豚肉には、良質なタンパク質とビタミンB1が豊富に含まれています。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bc%e3%81%ae%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0ビタミンB1は、細胞が活動するために欠かせないエネルギーを炭水化物や脂質から得るときに不可欠などタミンです。

しかし、カツ丼に含まれる脂質は25グラム、そして炭水化物は100グラム以上と、いかに豚肉にビタミンB1が豊富に含まれているとはいえ、すべての脂質や炭水化物を分解するにはちょっと力不足です。

しかも、ビタミンB1は熱によって壊れやすく、カツ丼のように二度にわたって熱を加えた場合、50%以上が消えてしまいます。

脂質や炭水化物を過剰にとると、十分に消化・吸収がされず、腸に汚れがたまりやすくなります。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81

そのためにも、ビタミンB1を多く含む具の味噌汁を一緒に飲みたいところです。

ビタミンB1は、かつお節にも含まれていますから、ダシのきいた味噌汁なら、なお良いでしょう。

 

食物繊維を補給するには?

食物繊維たっぷりのおかずを一緒に

さらに、カツ丼には食物繊維も欠けています

食物繊維なしで25グラムもの脂質を日にすれば、腸の中はドロドロになってしまいます。

それを予防してくれるのがタマネギですが、残念ながらカツ丼に使われているタマネギの量は、それほど多くありません。

そのため、できればヒジキ切り干しダイコンの煮付け、インゲンマメなど、食物繊維がたっぷり含まれているおかずを一緒に食べたいところです。

%e3%81%b2%e3%81%98%e3%81%8d

大麦若葉の青汁が効果的!

手っ取り早く、食物繊維を補給するために、カツ丼と一緒にとってほしいのが大麦若葉を主成分とする青汁です。

記事
大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

では、大麦若葉には、驚くほど栄養素が詰まっており、まさにスーパー緑黄色野菜であること、

そして、食物繊維はごぼうの約8倍とたっぷり含まれていることをご紹介しました。

従って、大麦若葉を主成分とする青汁は食物繊維をたっぷりとる方法として効果的といえるでしょう。
%e9%9d%92%e6%b1%81
実際、私は毎朝 国内産大麦若葉を主原料とし、ビタミン、ミネラルなどその他の栄養素も配合されている「すっきりフルーツ青汁」を飲んですっきりと快腸です。

 

「すっきりフルーツ青汁」の公式ページはこちらから
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
ファイトケミカルの効果的な摂り方は?野菜でとるには?摂取の効果を上げるには?

近年、ファイトケミカルがガン予防に効果がある「第7の栄養素」として注目

肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑