カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bcカツ丼は牛丼よりもさらに、高カロリーな丼です。

脂質も、糖質もたっぷりなので、ダイエッターにとって要注意食品ですね。

でも、たまには食べたい。

どうすれば、ヘルシーにカツ丼を食べることができるでしょうか?

カツ丼は高カロリー!

カツ丼は、脂身のある厚いロース肉を油で揚げ、甘辛いタレで一度煮込んだ後、卵でとじる……。

こうしてレシピを書いただけでも、カツ丼のカロリーの高さが伝わってきますね。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bc%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc

一般的なカツ丼のカロリーは、なんと約1000キロカロリー

上図のように、丼の中では最高クラスですね。

一般的な成人の場合、1日2000キロカロリーとされていますから、1日の半分のカロリーをカツ丼一杯でまかなってしまう計算になります。

カツ丼に含まれるビタミンは

豚肉には、良質なタンパク質とビタミンB1が豊富に含まれています。

%e3%82%ab%e3%83%84%e4%b8%bc%e3%81%ae%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0ビタミンB1は、細胞が活動するために欠かせないエネルギーを炭水化物や脂質から得るときに不可欠などタミンです。

しかし、カツ丼に含まれる脂質は25グラム、そして炭水化物は100グラム以上と、いかに豚肉にビタミンB1が豊富に含まれているとはいえ、すべての脂質や炭水化物を分解するにはちょっと力不足です。

しかも、ビタミンB1は熱によって壊れやすく、カツ丼のように二度にわたって熱を加えた場合、50%以上が消えてしまいます。

脂質や炭水化物を過剰にとると、十分に消化・吸収がされず、腸に汚れがたまりやすくなります。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81

そのためにも、ビタミンB1を多く含む具の味噌汁を一緒に飲みたいところです。

ビタミンB1は、かつお節にも含まれていますから、ダシのきいた味噌汁なら、なお良いでしょう。

 

食物繊維を補給するには?

食物繊維たっぷりのおかずを一緒に

さらに、カツ丼には食物繊維も欠けています

食物繊維なしで25グラムもの脂質を日にすれば、腸の中はドロドロになってしまいます。

それを予防してくれるのがタマネギですが、残念ながらカツ丼に使われているタマネギの量は、それほど多くありません。

そのため、できればヒジキ切り干しダイコンの煮付け、インゲンマメなど、食物繊維がたっぷり含まれているおかずを一緒に食べたいところです。

%e3%81%b2%e3%81%98%e3%81%8d

大麦若葉の青汁が効果的!

手っ取り早く、食物繊維を補給するために、カツ丼と一緒にとってほしいのが大麦若葉を主成分とする青汁です。

記事
大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

では、大麦若葉には、驚くほど栄養素が詰まっており、まさにスーパー緑黄色野菜であること、

そして、食物繊維はごぼうの約8倍とたっぷり含まれていることをご紹介しました。

従って、大麦若葉を主成分とする青汁は食物繊維をたっぷりとる方法として効果的といえるでしょう。
%e9%9d%92%e6%b1%81
実際、私は毎朝 国内産大麦若葉を主原料とし、ビタミン、ミネラルなどその他の栄養素も配合されている「すっきりフルーツ青汁」を飲んですっきりと快腸です。

 

「すっきりフルーツ青汁」の公式ページはこちらから
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリー制限で痩せた!ウォーキングも徹底!リバウンド対策は?

tmさん 41歳女性  専業主婦 41歳になったばかりの一昨年の話です。 健診結果を見て、愕

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

炭酸水ダイエットのメリットとデメリット?実践方法は?効果は?

infoさん 26歳、会社員、女性、158センチ 私は最近炭酸水ダイエットを始めました。 炭

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

コンビニ食で低カロリー・置き換えダイエット!成功の秘訣は?

okadaytさん 28歳 男性 ダイエットに挑戦したのは私が23歳の時でした。 当時の

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、 これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑