ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。

たとえば、焼きノリだけでもおいしくいただけますし、漬け物や梅干しがあれば、2~3杯はいけるという人もいるでしょう。

しかし、体のことを考えると、このおいしい主食が裏目に出る場合があります。

ご飯はおいしいから、つい食べすぎてしまうのです。

ご飯のカロリー は?

たとえばカロリーだけとってみても、どんぶり1杯あたり、実に350キロカロリーもあります。

これに鶏の唐揚げとポテトサラダを一緒に食べると、それだけで1000キロカロリー。

男性が必要とする1日分のカロリーの約半分に達してしまいます。

しかも、私たちがふだん目にする白米は、ぬかや胚芽を取り除いているため、食物繊維がほとんど含まれず、大半が糖質です。

ご飯を食べ過ぎると?

おいしいからと言ってご飯を食べすぎるとどんな症状が現れるでしょうか?

食物繊維の不足と糖質のとりすぎは便秘の原因になり、陽に汚れがたまりやすくなります。

「どんぶり飯なんか食べたことがない」という人もいるでしょうが、では、コンビニなどのお弁当のご飯はどうでしょうか。

少なく見えますが、これは運搬中にかたよらないようにギッシリ詰められているためです。

一般的なお弁当の場合、ご飯の量は約250グラムあります。

どんぶり一杯の重さが200~250グラムですから、お弁当のご飯を残さずに食べると、どんぶり1杯以上食べている計算になります。

これは、明らかにご飯の食べ過ぎです。多少の残

ですから、コンビニのお弁当のご飯は多少残したほうが良いでしょう。

 

玄米に替えて便秘解消できる?

ご飯が好きでたまらないという人は、主食を玄米に切り替えてみてはいかがでしょうか。

玄米には、白米にはほとんど含まれない食物繊維が10倍も含まれています。

たとえば、朝昼晩に玄米をどんぶり一杯ずつ食べた場合には、それだけで一日に摂取すべき食物繊維をとることができます。

また、玄米には糖質を燃やすために欠かせないビタミンB1も含まれているので、腸の中に汚れがたまる心配もありません。

漬け物や梅干しのような塩辛いものが大好きという人にも、玄米はおすすめです。

梅干しは塩のかたまりといってもいいほど、塩が大量に使われています。

たとえば低塩タイプの梅干し一個でも、およそ1グラムの塩分です。

つまり、梅干し7~8個だけで一日の塩分摂取に達してしまうというわけです。

ところが玄米には、とりすぎた塩分(ナトリウム)を体外に排出するカリウムが白米の4倍以上も含まれています。

これなら、多少塩辛いものをとりながらどんぶり飯を食べても、便通が悪化する可能性は低くなります。

 

なお、塩分のとり過ぎると便秘になりやすい理由についてはこちら

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

ダイエットアドバイザーのコメント

便秘・お通じにお困りの方
サプリメント等ではなく、お茶でダイエットをしたい方に

すっきりとキレイを同時に実感できるお茶★ボンボワール

公式ページで くみっきー流ダイエット法を動画で紹介中
↓ クリック ↓
ボンボワール

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑