ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」
という、太っていたときと痩せだときの姿を比較するものです。

それをみると、「そんなに痩せるの?」 と、つい広告の商品に目をやってしまいます。

しかし、こうして痩せた人たちが、その体形をずっと維持しているかどうかはかなり疑問です。

なにしろ、ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという報告があるからです。

ダイエットで リバウンドするのはなぜか?

いくらダイエットで痩せても、その後にリバウンドしてしてしまったら意味がありません。

せっかく痩せたのに、どうして多くの人がリバウンドしてしまうのでしょうか?

それはダイエットの意味を勘違いしているからです。

ダイエットというと、ある一定の期間だけダイエットに励めばいいというイメージがあります。

しかし、実はダイエットに成功した後が問題なのです。

いくら痩せでも、ダイエットをする以前と同じような食事スタイルに戻ってしまったら、もとどおりの体重になるのは当たり前です。

むしろ、低血糖で筋肉や骨が減ってしまい、当初と同じ量を食べでも太ってしまうのです。

そして、再び無理なダイエットに挑戦するのです。

これでは一時的にに体重が減っても、またリバウンドしてしまうだけです。

こうならないためには、次の記事も参考になるでしょう。

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットでリバウンドする原因は?

急激なダイエットは筋肉が減るだけ

リバウンドする人の大きなまちがいは、急いで痩せようとすることです。

すぐに効果が出るダイエットは、ごく少量の食事だけ、あるいは特定の食材や健康食品だけ食べるといった、極端にカロリーを減らす方法しかありません。

そうなると栄養バランスが悪くなり、エネルギーが足りなくなってしまうのです。

こちらの記事も参考になりますよ。

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?
 

エネルギーが 不足するとは?

急激なダイエットでエネルギーが足りなくなるとは、どういうことでしょうか?

 

それを説明する前に、食べ物からエネルギーをつくるしくみについて、確認しましょう。

食べ物からエネルギーをつくるしくみ

私たちは食事をすることで、3大栄養素である炭水化物タンバク質脂質を体内に取り入れています。

炭水化物

炭水化物は内臓で分解されてブドウ糖になり、脳と全身の筋肉に運ばれ、エネルギーとして消費されます。
また、一部は肝臓にグリコーゲンとして蓄えられますが、消費されなかったブドウ糖は脂肪酸に変えられて、脂肪がたまっていくことになるのです。

タンパク質

タンパク質は、アミノ酸に分解されて内臓の各器宮や筋肉などで使われ、身体をつくるもとになります。
余ったアミノ酸はブドウ糖に変えられてエネルギーとして使われ、消費されなかったブドウ糖は脂肪酸となり、最終的には脂肪として蓄えられます。

脂質

脂質は、脂肪酸に分解されて筋肉に運ばれ、エネルギーとして使われますが、一部は中性脂肪として脂肪細胞のなかに蓄えられます。
そして、必要に応じて脂肪酸に分解されてエネルギー源となるのです。 

脳にとって、エネルギー不足は

ここで気をつけたいのは、ブドウ糖とアミノ酸は脂肪酸に変えられても、脂肪酸はブトウ糖やアミノ酸には変えられないということです。
とくに脳にとって、エネルギー不足は深刻です。

脳は血液中ののブドウ糖だけを栄養分としていますが、脳に運ぶブドウ糖が足らなくなると、口から入る食べ物意外の方法で、血糖を取り出そうとします。

それが脂肪を分解して血糖に変える糖新生ケトン体による方法です。

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

tou-sinnsei

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

keton1

 

しかし、糖新生やケトン体回路が活性化できなければ、筋肉や骨のコラーゲンを分解して血糖に変えてしまいます。

それでは筋肉が痩せて筋肉減少症(サルコぺニア) になってしまい、骨も衰えてことそ骨粗しょう症になりやすくなるのです。

サルコぺニア肥満について詳しくはこちら

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満とは

%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%9a%e4%ba%8c%e3%82%a2%e8%82%a5%e6%ba%80

この場合、食べる量を極端に減らして体重が減ったとしても、実は減ったのは筋肉であって、脂肪ではないのです。

見た目は痩せでも、筋肉が減っただけですから、基礎代謝が低下して、さらに太りやすくなるだけです。

 

リバウンド予防に関する体験談

以下のリバウンド予防に関する体験談も参考になるでしょう。
リバウンド予防のダイエットは成功したか?オルビスダイエット食品の効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

入浴のストレス解消効果は? 毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

記事を読む

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

でんぷん、タンパク質、脂肪の消化吸収のしくみとは?

わたしたちが食べたものは、どんなしくみで消化され、吸収されるのでしょうか。 じつは、食品の消化・吸

記事を読む

たんばく質と脂肪 の摂取量を減らすと肥満が増加する!その理由とは?

カロリー計算に基づいた古い常識からすると肉などたんぱく質や脂肪の摂取量を減らせば、摂取カロリーが減る

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

「糖質が脳の唯一のエネルギー」は嘘!活性酸素の影響?脳は酸素を栄養に働くとは?

「糖質が脳の唯一のエネルギー源」の嘘!とは? 「糖質をやめると、頭がボケる」と主張する人がいますが

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑