朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。

「昨日の酒が残って食欲がない…」。ぼんやりした頭のままで会社に向かう。

あなたは、こんな生活をしていませんか?

1日3回、きちんと食べていますか?

ぽっこりお腹にさようならするためには、規則正しい生活をすることが大切です。

まずは、「朝食抜きは太る」。これをぜひ知ってください。

体内時計をリセットするには?

体内時計リセットの必要性

内臓脂肪を減らし、ポッコリお腹を是正するためには、体内時計を整える必要があります。

以前の記事

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

でもご紹介したように、人間には「体内時計」というものが備わっています。

そして、自律神経を整えるためには、体内時計をリセットする必要あり、
そのために朝の太陽の光」が重要な働きをします。

従って、朝、起きたらまず、カーテンを聞け、しっかり太陽の光を浴びましょう。

陽射しを感じることで、私たちの身体は1日の始まりを感じ、活動態勢に入ります。

体内時計が狂うとなぜ太る?

食事もまた、体内時計をリセットして、生活リズムを整えるために大切な役割を果たします。

食事の回数を減らしたり、食べる時間が不規則では、体内時計が狂ってしまいます。

しかも食事の間隔があくと身体は脂肪をためこもうとします。

なぜなら、人間の身体は、飢餓のリスクに備えて効率的にエネルギーをストックするメカニズムをもっているからです。

次にいつ食べられるかわからないと感じると、1回の食事で貪欲にエネルギーを吸収しようとします。

ですから、肥満防止のためには、一日に3回に分けて規則正しく食べるのが良いのです。

体内時計を活動モードに変える食事とは

朝の卵かけご飯でも効果的?

朝は時間がないという方は、卵かけごはんを食べてください。

ごはんに卵をかけるだけの卵かけごはんは、炭水化物とタンパク質がいっぺんに摂取できます。

糖質だけでないほうが吸収も遅いので、トーストにジャム、コーヒーに砂糖という食事よりも卵かけごはんの方がよっぽど良いのです。

 

バナナでもOK

それも面倒だという方は、1本のバナナ。

バナナなら皮をむくだけです。

食物繊維も含まれますし、それなりにボリュームもあります。

スポーツ選手の中には試合前にバナナを食べるという人もいます。

とりあえず朝食を取ることが大切

手間をかけなくていいから、とりあえず、朝食を取る。

内臓脂肪をためないためにはこれが大切です。

朝は余裕があって、ジョギングや散歩をする方も、何か少し口にするようにしてください。

空腹のまま身体を動かすより、体内時計を活動モードに変えてから出かけましょう。

この場合は本格的な食事ではないので、口にしやすいものなら、チョコレートや牛乳などでもかまいません。

エネルギー源になりそうなものを少量食べてください。

手っ取り早く、効果的に朝食を取るには私が毎日飲んでいる補助食品「すっきりフルーツ青汁」が効果的です。

1日3食の習慣化が大切!

炭水化物の食べ過ぎにも注意!

内臓脂肪を減らし、ポッコリお腹を是正するためには、炭水化物(糖質)に偏った食事を改善するとともに、1日の体内時計のリズムを整えることも大切です。

前回の記事

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

でご紹介したように、本来は、糖質だけに偏らないよう、炭水化物・タンパク質・野菜をまんべんなく取るのがおすすめです。

そういう意味では、いわゆる「旅館の朝食」のような和食メニューはぴったりなのです。

パン食ならトーストとコーヒーだけより、ゆで卵やヨーグルト、できればサラダをつけたいですね。

出勤前に時間のない場合は、通勤途中か、オフィスに到着してからでもいいので、朝ごはんを食べるようにしましょう。

1日に3回の食事を自分の生活スタイルにあわせて取り習慣化しましょう。

 

体内時計を整えるためのチェックポイント

  • 朝食をきちんと取っていますか?
  • お腹に食物を入れて体内時計を整えましょう。
  • 補助食品「すっきりフルーツ青汁」も効果的
【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

便秘になると太るのはなぜ?便秘の種類と原因は?根本原因を解消するには?

便秘になると腸の働きが悪く、食べものの消化吸収が悪いわけですから、かえって痩せてもよいのではないか、

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

食事制限 ダイエットの 問題点とは?失敗の原因は? 成功させる秘訣とは?

なぜいつもあなたのダイエットは続かないのでしょうか? それは、あなたの意志が弱く、我慢が足らな

記事を読む

肥満は飢餓に備えた身体の防衛反応!時計遺伝子の働きとは?朝食との関係は?

前回の記事では、時間栄養学の研究で、「朝食を抜くと太る」理由として以下の点を上げました。

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑