朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。

「昨日の酒が残って食欲がない…」。ぼんやりした頭のままで会社に向かう。

あなたは、こんな生活をしていませんか?

1日3回、きちんと食べていますか?

ぽっこりお腹にさようならするためには、規則正しい生活をすることが大切です。

まずは、「朝食抜きは太る」。これをぜひ知ってください。

体内時計をリセットするには?

体内時計リセットの必要性

内臓脂肪を減らし、ポッコリお腹を是正するためには、体内時計を整える必要があります。

以前の記事

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

でもご紹介したように、人間には「体内時計」というものが備わっています。

そして、自律神経を整えるためには、体内時計をリセットする必要あり、
そのために朝の太陽の光」が重要な働きをします。

従って、朝、起きたらまず、カーテンを聞け、しっかり太陽の光を浴びましょう。

陽射しを感じることで、私たちの身体は1日の始まりを感じ、活動態勢に入ります。

体内時計が狂うとなぜ太る?

食事もまた、体内時計をリセットして、生活リズムを整えるために大切な役割を果たします。

食事の回数を減らしたり、食べる時間が不規則では、体内時計が狂ってしまいます。

しかも食事の間隔があくと身体は脂肪をためこもうとします。

なぜなら、人間の身体は、飢餓のリスクに備えて効率的にエネルギーをストックするメカニズムをもっているからです。

次にいつ食べられるかわからないと感じると、1回の食事で貪欲にエネルギーを吸収しようとします。

ですから、肥満防止のためには、一日に3回に分けて規則正しく食べるのが良いのです。

体内時計を活動モードに変える食事とは

朝の卵かけご飯でも効果的?

朝は時間がないという方は、卵かけごはんを食べてください。

ごはんに卵をかけるだけの卵かけごはんは、炭水化物とタンパク質がいっぺんに摂取できます。

糖質だけでないほうが吸収も遅いので、トーストにジャム、コーヒーに砂糖という食事よりも卵かけごはんの方がよっぽど良いのです。

 

バナナでもOK

それも面倒だという方は、1本のバナナ。

バナナなら皮をむくだけです。

食物繊維も含まれますし、それなりにボリュームもあります。

スポーツ選手の中には試合前にバナナを食べるという人もいます。

とりあえず朝食を取ることが大切

手間をかけなくていいから、とりあえず、朝食を取る。

内臓脂肪をためないためにはこれが大切です。

朝は余裕があって、ジョギングや散歩をする方も、何か少し口にするようにしてください。

空腹のまま身体を動かすより、体内時計を活動モードに変えてから出かけましょう。

この場合は本格的な食事ではないので、口にしやすいものなら、チョコレートや牛乳などでもかまいません。

エネルギー源になりそうなものを少量食べてください。

手っ取り早く、効果的に朝食を取るには私が毎日飲んでいる補助食品「すっきりフルーツ青汁」が効果的です。

1日3食の習慣化が大切!

炭水化物の食べ過ぎにも注意!

内臓脂肪を減らし、ポッコリお腹を是正するためには、炭水化物(糖質)に偏った食事を改善するとともに、1日の体内時計のリズムを整えることも大切です。

前回の記事

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

でご紹介したように、本来は、糖質だけに偏らないよう、炭水化物・タンパク質・野菜をまんべんなく取るのがおすすめです。

そういう意味では、いわゆる「旅館の朝食」のような和食メニューはぴったりなのです。

パン食ならトーストとコーヒーだけより、ゆで卵やヨーグルト、できればサラダをつけたいですね。

出勤前に時間のない場合は、通勤途中か、オフィスに到着してからでもいいので、朝ごはんを食べるようにしましょう。

1日に3回の食事を自分の生活スタイルにあわせて取り習慣化しましょう。

 

体内時計を整えるためのチェックポイント

  • 朝食をきちんと取っていますか?
  • お腹に食物を入れて体内時計を整えましょう。
  • 補助食品「すっきりフルーツ青汁」も効果的
【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。 鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負ける

記事を読む

カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。 カツ丼は牛丼よりもさらに、高カ

記事を読む

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

あなたは、デトックスという言葉の意味をご存知ですか? デトックスの英語表記は「detox」。「

記事を読む

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されてい

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑