炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。

あなたは、たとえば、うどんとおにぎり、そばといなりずしなどのメニューを選んでいませんか。

これらは、脂肪も控えめで、一見カロリーも少なそうですが、実は炭水化物に偏った食事は太りやすいのです。

ここでは、炭水化物で太るメカニズムを確認して、その理由をご紹介します。

炭水化物が多い 食事は太る?

炭水化物で太る メカニズムは

炭水化物はブドウ糖になって消化吸収され、私たちが活動するエネルギー源になりますが、消費しきれなかった分は、内臓脂肪や皮下脂肪として身体にためこまれます。

炭水化物に偏った食事を取ると血液の中に糖が放出され、血糖値が急激に上昇していきます。

 

血糖値が上昇すると、血糖値を下げようとして膵臓から多量のインスリンが分泌されます。

インスリンが血液中の糖を細胞内に送り込み、細胞内に取り込まれた糖はインスリンにより脂肪に作り変えられます。

糖は血管から体内に吸収され、脂肪細胞の中にいったん蓄積されます。

この脂肪細胞の数は決まっていて、糖を放出した。、吸収したりしています。

しかし、脂肪細胞のキャパシティには限界があり、糖の量が多いと吸収されず、血管にべ夕べ夕くっついたようになります。

これを解決しようとして、脂肪細胞が肥大化し、お腹まわりにしっかり内臓脂肪として蓄積されるのです。

 

ダブル炭水化物の食事は太る!

主食中心の食事では脂肪も燃えにくいので、新陳代謝もあがりません。

肉や油などを取らなくても、人間の身体は炭水化物だけでも太る。

これをまず認識してください。

いわゆる「ラーメンライス」や「井ものと麺類のセット」など、「麺+ごはん」のダブル炭水化物のメニューは内臓脂肪をためこみやすい食事です。

とんかつ屋よりそば屋が太りやすい?

とんかつやステーキには糖質が少くなく、反面、そばには多くの糖質が含まれています。

従って、外食では、とんかつ屋よりそば屋の方が太りやすいのです。

また、とんかつ定食やステーキセットのほうがタンパク質や野菜も一緒に取れますから、

栄養に偏りがないという意味で、ダブル炭水化物の食事よりヘルシーなのです。

ランチが炭水化物に偏っている人はぜひ、メニューを見直してください。

【チェックポイント】

「脂肪=肉や油」とは限らない。ダブル炭水化物は内臓脂肪のもとです。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

大豆はダイエットのみならず生活習慣病などの予防につながる、健康効果のある素晴らしい食材です。炭水化物に偏った食事を是正するための食材として最適です。
なお、最近は、大豆の栄養を丸ごと利用した、ダイエッターにとって嬉しい補助食品が登場しているので、それを利用するのも良いでしょう。

ちなみに、麺好きの私は補助食品大豆麺ソイドルを主食として重宝し栄養バランスを確保しています。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからといって、朝食を抜く人がいます。

記事を読む

三大栄養素のカロリー数の疑問?食物毎の測定方法や計算結果はうさんくさい?

糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくてよいのでしょうか。 糖質制限をすると、どうしても以前より脂

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか? 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提

記事を読む

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

ハンバーガー+ポテトのカロリーは?+マヨネーズなら?ヘルシー対策は?

ファストフードの代名詞といえば、ハンバーガーでしょう。 安い値段も手伝って、食欲旺盛な若い人に

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑