空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。
お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

今回は、お酒のおつまみについてです。

あなたは、「お酒を飲むとき、おつまみを食べなければ太らない」と思っていませんか?

おつまみなしのお酒のことを「空洒(からざけ)」といいますが、

空洒はダイエットにとって良いのでしょうか?

ここでは、飲み過ぎや悪酔いを防ぐためのおつまみやその食べ方をご紹介します。

空酒は 体に悪いか?

お酒を飲む時に、おつまみは食べないという人がいます。

いわゆる「空洒(からざけ)」で、飲んべえには少なくありません。

食物を口にしないのは一見、内臓脂肪を抑える意味では理にかなっているようですが、実はこれも問題です。

なぜならアルコールを分解する過程で、肝臓では中性脂肪の合成が促進されるため、お酒だけ飲んでいると「肝臓が太る」のです。

空酒は脂肪肝を誘発するので、お酒を飲む時には、食物も一緒に取ってください。

食べる順番は野菜から?

飲み会では好きなものから食べてしまいがちですが、飲み過ぎや悪酔いを防ぐために、食べる順番をちょっと工夫しましょう。

まずは野菜からスタート

食物繊維の多い食材を胃に入れておくと、アルコールや糖質がゆっくりと身体に吸収されるようになります。

アルコールが回るのが遅くなり、糖質もゆるやかに吸収きれろので、脂肪が蓄積しにくくなります。

いきなりフライドポテトやビザなどに飛びつくのはやめましょう。

まずは野菜料理、その後にタンパク質などのメインの料理に進みましょう

肝臓に良い食材を意識

カロリーコントロールだけでなく、肝臓にいい食材も意識してください。

たとえば、イカやタコ、員やまぐろに含まれる「タウリン」というアミノ酸は肝臓の味方です。

また、レバーに多いビタミンB群も肝臓の働きを助けます。

なぜなら、アルコールはおもに肝臓で分解されますが、そのとき、ミネラルやビタミン、タンパク質が消耗されるからです。

ちなみに、アルコールで肝臓の働きが低下すると、脂肪肝や糖尿病が発生してきますので、注意が必要です。

炭水化物は 最後に

ごはんやパスタなどの炭水化物は、最後に少量、食べるようにしましょう。

太らない おつまみとは?

二次会で おつまみを頼むなら

二次会に行く場合、もしおつまみを頼むなら、野菜スティックやチーズ、ナッツ類など、野菜とタンパク質を中心に選んでください。

前回の記事で、お酒を飲むと満腹中枢が麻痺する仕組みを説明しましたが、

どうしても食べたい場合は、ところてんやこんにゃく麺など、低カロリー・低糖質な食材でお腹を満たしましょう。

雑穀コンニャク麺の詳細はこちら
↓ ↓ クリック ↓ ↓


それが難しい場合は、あたたかい汁物を頼みませんか。

汁物はごはんものや麺類などに比べればカロリーが低く、身体が温まることでアルコールの代謝も進みます。

しじみなど、肝臓にいい貝類を使っているならなおいいでしょう。


 炭水化物のおつまみはNG

一番よくないのは酔っ払った勢いでニセの食欲に負け、背脂たっぷりのとんこつラーメンなどを平らげてしまうことです。

ちなみに、麺類や粉物などのカロリーをご紹介しておきましょう。

麺類や粉物などのカロリー
●ラーメン&ざるそば・・410キロカロリー

●焼きそば・・・・・・540キロカロリー

●お好み焼き・  ・・550キロカロリー

●天ぷらうどん・・・・640キロカロリー

あとは寝るだけの時間にカロリーを取るのはメタボ街道まっしぐらにはかなりません。

飲んだあとの炭水化物はできるだけ控えてください。

 

チェックポイントとまとめ

お酒を飲むときのおつまみにも注意。

  • 野菜やタンパク質でカロリーや糖質を抑えましょう

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

大豆はダイエットのみならず生活習慣病などの予防につながる、健康効果のある素晴らしい食材です。炭水化物に偏った食事を是正するための食材として最適です。
なお、最近は、大豆の栄養を丸ごと利用した、ダイエッターにとって嬉しい補助食品が登場しているので、それを利用するのも良いでしょう。

ちなみに、麺好きの私は糖質96%オフの補助食品大豆麺ソイドルを主食として重宝し栄養バランスを確保しています。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ケトン体をエネルギー源としたケトジェニック(ケトン体食)ダイエットの効果については、以下の記事で既に

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえ

記事を読む

40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

40代の睡眠が浅い理由は? 睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。 あなたは若いころ

記事を読む

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

糖質や脂質の吸収を抑えるサプリは?体脂肪の合成抑制、分解促進は?

ダイエットの基本といえばまず食事制限。 でも、独身者や単身赴任の方なら、食事制限に取り組みやすいで

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑