太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

太る油・太らない油とは?

「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。
身体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制してくれる油もあります。
内臓脂肪をつけない・ふやさないためにも、油の性質を見極めて選ぶことが大切です。

油の種類と効能

油の種類は大きくわけて次の2つがあります。

飽和脂肪酸・・・動物性の脂肪に多い。バター、ラード、牛脂など
不飽和脂肪酸・・魚介類や植物の油に多い。オリーブオイル、ゴマ油など

飽和脂肪酸の特徴

飽和脂肪酸は、常温では液体ですが、冷えると白い塊になります。
肉料理が冷めた後に目にすることがありますね。

皮下脂肪になりやすく、コレステロールや中性脂肪を増やしてしまうので、取りすぎには注意しましょう。

肉を食べるなら脂身の多い部位はほどほどにして、なるべく赤身の多い部分を食べるようにしてください。

不飽和脂肪酸の健康効果

不飽和脂肪酸は、化学構造の違いから、さらに3つに分類されます。

●α-リノレン酸 (オメガ3系)・・アマニ油、エゴマ油、魚の池など
●リノール酸 (オメガ6系)・・・・ゴマ油、ベニバナ油、コーン油など
●オレイン酸 (オメガ9系)・・・・オリーブオイル、ナタネ油、ナッツ類など

オメガ3系」 の油は体内で産生できない必須脂肪酸。α-リノレン酸は、ごく1部が体内で「血液サラサラ成分」として有名なエイコサペンタエン酸 (EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA) に変化します。

動物性の脂肪と違い、低い温度でも固まりません。
冷たい水中で暮らす魚の脂と同じ種類ですから、飽和脂肪とは違い、生活習慣病の予防も期待されます。

近年、オメガ3系をサプリメントで取る方法が注目されています。

ご参考記事:オメガ3脂肪酸の効果とは?オメガ3を含む食品は?サプリメントは?

 

オメガ6系」 はリノール酸で、料理によく使われる油です。
これも必須脂肪酸ですが、酸化しやすく、酸化された油は悪玉コレステロールをさらに悪い物に変えてしまう危険性があるため、取りすぎには注意したい油です。l

 

オメガ9系」 の油は、酸化しにくく、天然の油には抗酸化成分が多く含まれているため、活性酸素の影響による細胞障害を抑制し、脂質や糖の代謝を促進します。

 

従って、オメガ6系の油の使用を少なめにして、オメガ9系の油を使っていくといいでしょう。

なお、オメガ3系とオメガ6系の最適比率については以下の記事が参考になるでしょう。

ご参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

オメガ3系とオメガ6系の比率を最適比率にするためにも、オメガ6系の油の使用を少なめにして、オメガ9系の油を使っていくことの妥当性がわかりますね。

 

ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

中でも内臓脂肪を落とすためにおすすめなのが、新鮮なオリーブを圧搾してつくった「エクストラヴァージンオリーブオイル」です。

抗酸化作用の強いポリフェノールなどが豊富に含まれ、体内で脂肪細胞が増加するのを抑制してくれます。

しかも、加熱に強いので妙めたり、焼いたりする料理にも使えます。

エクストラヴァージン以外の普通のオリーブオイルは、オリーブの有効成分が取り除かれてしまっているものが多いので、効果はあまり期待できません。

品質もさまざまなので、表示ラベルなどを見て、なるべく質のいいものを選ぶようにしてください。

また、オメガ3系のアマニ油やエゴマ油も、血液中の中性脂肪の増加を抑え、血圧をドげる効果があるので、メタボが気になる人にはおすすめです。
ただし、熱を加えると酸化してしまうので、冷蔵庫で低温保存し、ドレッシングなど、そのままで使うようにしましょう。

ご参考記事:オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

 

動物性脂肪より、植物性油のほうが健康によい?

動物性脂肪は健康に良くない?

動物性脂肪より、植物性油のほうが健康によいとされていた時代もありました。

しかし、現在では植物油のなかでも、コーン油、ベニバナ油などに合まれるリノール酸(オメガ6系)の取りすぎは肥満につながり、健康によくないことがわかってきました。

リノール酸をとりすぎると?

リノール酸の一部は、体内でアラキドン酸からプロスタグランジンというホルモン状物質に変化し、炎症反応を強くします。

つまり、リノール酸が増えると、酸化物ができやすくなるほか、炎症を引き起こすプロスタグランジンも増加させ、心疾患や動脈硬化の要因にもなるので、リノール酸の取りすぎには気をつけてください。

揚げ物や妙め物など、油をたくさん使う料理は控えめにしましょう。

ご参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

油選択のチェックポイント(まとめ)

調理に使う油は質のよいオリーブオイルがおすすめです。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

 

ダイエットと健康効果を最大限に引き出すなら、エキストラバージンオイルが良い。
でも、エキストラバージンと表記されていても、ピンからキリまであり偽物も多いという。

そこで、まず本物を購入しその美味しさを味わって、自分自身で本物と偽物を見分ける感性をもつ必要がありそうですね。

高品質の本物エキストラバージンは日本でも生産しています。
詳しくはこちら
↓  ↓  ↓


ご参考記事:

オリーブオイルの種類と効果、保存方法は?本物の選び方は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品はタンパク質が豊富だし、カルシ

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機会が増えて来るでしょう。

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてきました。 でも、1日1回

記事を読む

地中海食は 長寿に繋がるか?地中海食ピラミッドとは?特徴は?

前回まで、地中海食は ・健康的でダイエット効果もあること ・炭水化物を食べても良いので続けやすい

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑