太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

太る油・太らない油とは?

「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。
身体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制してくれる油もあります。
内臓脂肪をつけない・ふやさないためにも、油の性質を見極めて選ぶことが大切です。

油の種類と効能

油の種類は大きくわけて次の2つがあります。

飽和脂肪酸・・・動物性の脂肪に多い。バター、ラード、牛脂など
不飽和脂肪酸・・魚介類や植物の油に多い。オリーブオイル、ゴマ油など

飽和脂肪酸の特徴

飽和脂肪酸は、常温では液体ですが、冷えると白い塊になります。
肉料理が冷めた後に目にすることがありますね。

皮下脂肪になりやすく、コレステロールや中性脂肪を増やしてしまうので、取りすぎには注意しましょう。

肉を食べるなら脂身の多い部位はほどほどにして、なるべく赤身の多い部分を食べるようにしてください。

不飽和脂肪酸の健康効果

不飽和脂肪酸は、化学構造の違いから、さらに3つに分類されます。

●α-リノレン酸 (オメガ3系)・・アマニ油、エゴマ油、魚の池など
●リノール酸 (オメガ6系)・・・・ゴマ油、ベニバナ油、コーン油など
●オレイン酸 (オメガ9系)・・・・オリーブオイル、ナタネ油、ナッツ類など

オメガ3系」 の油は体内で産生できない必須脂肪酸。α-リノレン酸は、ごく1部が体内で「血液サラサラ成分」として有名なエイコサペンタエン酸 (EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA) に変化します。

動物性の脂肪と違い、低い温度でも固まりません。
冷たい水中で暮らす魚の脂と同じ種類ですから、飽和脂肪とは違い、生活習慣病の予防も期待されます。

近年、オメガ3系をサプリメントで取る方法が注目されています。

ご参考記事:オメガ3脂肪酸の効果とは?オメガ3を含む食品は?サプリメントは?

 

オメガ6系」 はリノール酸で、料理によく使われる油です。
これも必須脂肪酸ですが、酸化しやすく、酸化された油は悪玉コレステロールをさらに悪い物に変えてしまう危険性があるため、取りすぎには注意したい油です。l

 

オメガ9系」 の油は、酸化しにくく、天然の油には抗酸化成分が多く含まれているため、活性酸素の影響による細胞障害を抑制し、脂質や糖の代謝を促進します。

 

従って、オメガ6系の油の使用を少なめにして、オメガ9系の油を使っていくといいでしょう。

なお、オメガ3系とオメガ6系の最適比率については以下の記事が参考になるでしょう。

ご参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

オメガ3系とオメガ6系の比率を最適比率にするためにも、オメガ6系の油の使用を少なめにして、オメガ9系の油を使っていくことの妥当性がわかりますね。

 

ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

中でも内臓脂肪を落とすためにおすすめなのが、新鮮なオリーブを圧搾してつくった「エクストラヴァージンオリーブオイル」です。

抗酸化作用の強いポリフェノールなどが豊富に含まれ、体内で脂肪細胞が増加するのを抑制してくれます。

しかも、加熱に強いので妙めたり、焼いたりする料理にも使えます。

エクストラヴァージン以外の普通のオリーブオイルは、オリーブの有効成分が取り除かれてしまっているものが多いので、効果はあまり期待できません。

品質もさまざまなので、表示ラベルなどを見て、なるべく質のいいものを選ぶようにしてください。

また、オメガ3系のアマニ油やエゴマ油も、血液中の中性脂肪の増加を抑え、血圧をドげる効果があるので、メタボが気になる人にはおすすめです。
ただし、熱を加えると酸化してしまうので、冷蔵庫で低温保存し、ドレッシングなど、そのままで使うようにしましょう。

ご参考記事:オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

 

動物性脂肪より、植物性油のほうが健康によい?

動物性脂肪は健康に良くない?

動物性脂肪より、植物性油のほうが健康によいとされていた時代もありました。

しかし、現在では植物油のなかでも、コーン油、ベニバナ油などに合まれるリノール酸(オメガ6系)の取りすぎは肥満につながり、健康によくないことがわかってきました。

リノール酸をとりすぎると?

リノール酸の一部は、体内でアラキドン酸からプロスタグランジンというホルモン状物質に変化し、炎症反応を強くします。

つまり、リノール酸が増えると、酸化物ができやすくなるほか、炎症を引き起こすプロスタグランジンも増加させ、心疾患や動脈硬化の要因にもなるので、リノール酸の取りすぎには気をつけてください。

揚げ物や妙め物など、油をたくさん使う料理は控えめにしましょう。

ご参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

油選択のチェックポイント(まとめ)

調理に使う油は質のよいオリーブオイルがおすすめです。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

 

ダイエットと健康効果を最大限に引き出すなら、エキストラバージンオイルが良い。
でも、エキストラバージンと表記されていても、ピンからキリまであり偽物も多いという。

そこで、まず本物を購入しその美味しさを味わって、自分自身で本物と偽物を見分ける感性をもつ必要がありそうですね。

高品質の本物エキストラバージンは日本でも生産しています。
詳しくはこちら
↓  ↓  ↓


ご参考記事:

オリーブオイルの種類と効果、保存方法は?本物の選び方は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

和食は健康的は嘘?和食の欠点は? 地中海食の健康効果とは? 

カロリー制限食の有効性を主張される、糖尿病学会や病院の先生方は、 戦後の食の欧米化によるカロリ

記事を読む

地中海食は 長寿に繋がるか?地中海食ピラミッドとは?特徴は?

前回まで、地中海食は ・健康的でダイエット効果もあること ・炭水化物を食べても良いので続けやすい

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

記事を読む

体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

体内時計と睡眠の関係は? 前回の記事 自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

ITの進化がストレスの原因とは?眼精疲労に効く栄養は?サプリのおすすめは?

「綺麗に痩せる」ためのダイエットでは、まず、健康な体を維持することが大前提です。 そのためには

記事を読む

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EP

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑