マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていました。

でも、いまではマーガリンは製造過程で、肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生することから、マーガリンよりバターのほうが太らないという評価に変わってきました。

ここでは、「トランス脂肪酸」の危険性を確認して、その事実を明らかにします。

マーガリンよりバターの方が太らない!

あなたは、トーストにはなにを塗っていますか。

もしも、マーガリンをお使いなら、今日からすぐにやめましょう。

かつてはバターよりも太らないと言われたマーガリンですが、実はマーガリンはメタボ予備軍の方にはおすすめできない食材のひとつです。

マーガリンは製造過程で、肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生します。

なお、糖質制限ダイエットの観点からもマーガリンよりバターが優れています。

参考記事:

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

トランス脂肪酸の危険性とは?

トランス脂肪酸は曲者(くせもの)です。

悪玉コレステロールを増加させ、心臓疾患や動脈硬化のリスクを高めるおそれもあるからです。

最近はトランス脂肪酸を減らした製品が発売されていますが、マーガリンを使うなら、動物性脂肪のバターを少量使うことをおすすめします。

トランス脂肪酸は、植物油を加工してつくられた人口油脂です。

アメリカでは、一部の菓子類やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸の使用を段階的に禁正する方針が発表されました。

そして、食品業界や飲食店ではすでに使用をやめる動きが広がっています。

参考記事:

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

ショートニングも トランス脂肪酸

日本では禁止になってはいませんが、お某子などにたくさん使われているショートニング」もトランス脂肪酸です。

ショートニングとは?

ショートニング (shortening) とは
主として植物油を原料とした、常温で半固形状(クリーム状)の、食用油脂である。
マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油脂にしたものと考えてよい。
パンや焼き菓子の製造などにバターやラードの代用として利用される 。

もともとはラードの代用品として開発され、原料の油脂に10~20%程度のガスを混入してつくられています。

ショートニングの作用は

ショートニングを使うと、サクッと焼き上がり、食感がよくなります。

ショートニングはクッキーなどのお菓子やパンなどに使われたり、揚げ油に使用すると衣がパリッと仕上がるため、ファストフード店ではフライ用に使われたりします。

なお、アイスクリームやコーヒーフレッシュなどには天然のトランス脂肪酸が含まれています。

 

ポテトチップスのカロリーは?

ポテトチップスなどサクサク感のあるスナックはカロリーが高いわりに簡単に食べられてしまいます。

一度、袋をひっくり返してカロリー表示を見てみてください。きっとギョッとするはずです。

トランス脂肪酸の摂取を防ぐためにもショートニングは避けるようにしましょう。

 

【チェックポイント】

マーガリンやショートニングではなくバターを使いましょう。

 

 

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われた

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

美禅食で置き換えダイエット!その効果は?食事制限ダイエットはもう古い?

ダイエットのための補助食品って、TV通販などの宣伝のせいか利用する人が増えてきています。 でも

記事を読む

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑