マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていました。

でも、いまではマーガリンは製造過程で、肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生することから、マーガリンよりバターのほうが太らないという評価に変わってきました。

ここでは、「トランス脂肪酸」の危険性を確認して、その事実を明らかにします。

マーガリンよりバターの方が太らない!

あなたは、トーストにはなにを塗っていますか。

もしも、マーガリンをお使いなら、今日からすぐにやめましょう。

かつてはバターよりも太らないと言われたマーガリンですが、実はマーガリンはメタボ予備軍の方にはおすすめできない食材のひとつです。

マーガリンは製造過程で、肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生します。

なお、糖質制限ダイエットの観点からもマーガリンよりバターが優れています。

参考記事:

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

トランス脂肪酸の危険性とは?

トランス脂肪酸は曲者(くせもの)です。

悪玉コレステロールを増加させ、心臓疾患や動脈硬化のリスクを高めるおそれもあるからです。

最近はトランス脂肪酸を減らした製品が発売されていますが、マーガリンを使うなら、動物性脂肪のバターを少量使うことをおすすめします。

トランス脂肪酸は、植物油を加工してつくられた人口油脂です。

アメリカでは、一部の菓子類やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸の使用を段階的に禁正する方針が発表されました。

そして、食品業界や飲食店ではすでに使用をやめる動きが広がっています。

参考記事:

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

ショートニングも トランス脂肪酸

日本では禁止になってはいませんが、お某子などにたくさん使われているショートニング」もトランス脂肪酸です。

ショートニングとは?

ショートニング (shortening) とは
主として植物油を原料とした、常温で半固形状(クリーム状)の、食用油脂である。
マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油脂にしたものと考えてよい。
パンや焼き菓子の製造などにバターやラードの代用として利用される 。

もともとはラードの代用品として開発され、原料の油脂に10~20%程度のガスを混入してつくられています。

ショートニングの作用は

ショートニングを使うと、サクッと焼き上がり、食感がよくなります。

ショートニングはクッキーなどのお菓子やパンなどに使われたり、揚げ油に使用すると衣がパリッと仕上がるため、ファストフード店ではフライ用に使われたりします。

なお、アイスクリームやコーヒーフレッシュなどには天然のトランス脂肪酸が含まれています。

 

ポテトチップスのカロリーは?

ポテトチップスなどサクサク感のあるスナックはカロリーが高いわりに簡単に食べられてしまいます。

一度、袋をひっくり返してカロリー表示を見てみてください。きっとギョッとするはずです。

トランス脂肪酸の摂取を防ぐためにもショートニングは避けるようにしましょう。

 

【チェックポイント】

マーガリンやショートニングではなくバターを使いましょう。

 

 

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑