EPAとDHAの効果とは?1日摂取量は?魚と肉の摂取すべき比率は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

「青魚」が身体によいことは広く知られるようになりました。

青魚は内臓脂肪を落とすうえでも、ぜひ取り入れたい食品です。

青魚の脂肪に豊富に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、人間の身体で合成できない「多価不飽和脂肪酸」の一種です。

ここでは、EPAとDHAの効果や1日の摂取量、魚と肉の最適な摂取比率などをご紹介します。

EPAとDHAの効果とは?

EPAとDHAには、脂肪を合成する働きを抑える効果があります。

その影響によって肝臓で中性脂肪が合成されるのも抑えられるため、内臓脂肪がつきにくくなります。

また、血液中の脂質の濃度が高くなる脂質異常」を予防・改善します。

そのほかにも、血圧を下げる、血栓を予防する、ストレスを緩和する、神経機能を高めてうつ病や認知症も防ぐなどの効果もあります。

ご参考記事:
DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

EPAとDHAの1日摂取量は?

メタポリックシンドロームを予防するために、EPAやDHAを1日1グラム以上、動物性食品として取ることが推奨されています。

肉だけにかたよらず、青魚を積極的に取るようにしましょう。

EPA・DHAが豊富に含まれる魚は次の通りです。

●EPAを多く含むもの・・・さば、あじ、さんま、ぶり、さわら など

●DHAを多く含むもの・・・さば、あじ、さんま、まいわし、まぐろの脂身 など

魚と肉の摂取比率は?

EPA・DHAは、イカやタコ、貝類にも含まれ、これらの食品にはアミノ酸の一種である「タウリン」も豊富です。

タウリンには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去し、血液中のLDLコレステロールの酸化を抑えて動脈硬化を予防します。

魚介類は良質なタンパク質ですし、比較的低カロリーです。

ところが、日本人の魚介類の摂取量は年々減少傾向です。

 

内臓脂肪を増やさないためにも「魚2:肉1」ぐらいの割合食べるようにしましょう。

 

【チェックポイント】
肉を少なくして魚介類中心の食事にチェンジしましょう。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

以上の記事から、EPA DHAにはダイエット効果のみならず様々な健康効果があることがわかりますね。
でも、EPA DHAの1日に必要な量を魚介類から摂るにはマグロの刺し身に換算すると9人分も食べなければならないとのことです。

これは、近年、魚が高価になってきたこともあり、とっても大変なことがですね。

それで、近年はEPA DHAをサプリメントで摂る人が増加しているのです。
いろんなメーカーから販売されていますが、継続して毎日摂るとしたらコストパーフォーマンスの優れたものが良いでしょう。

 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvsマイケアvsさくらの森

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑