肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?  

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、ヒトが肥満になるメカニズムが明らかになり、肥満のカギを握るインスリンというホルモンが出るのを抑制するダイエット方法が注目されています。

ここでは肥満の原因を取り除く方法として、GI値という指標を活用する方法についてご紹介します。

肥満の原因をとり除く食事とは?

食事をすると、摂取した炭水化物は腸内で「」に変わり、それが吸収されて血液中に入って血糖値の上昇として表れてきます。

糖は身体を動かすエネルギーになりますが、急激に増えると「インスリン」というホルモンが出て血糖値を下げようとします。

インスリンは糖から脂肪をつくり出し、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因となってしまいます。

つまり、インスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要になります。

従って、肥満の原因を取り除くには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事ヘシフトすることが望まれます。

GI値 とは?

GI値の定義は?

血糖値の上昇をゆるやかにする食事の目安となるのが、「GI値」です。


GI値とは
「ダリセミック・インデックス(glycenic index)」の略で、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを測ったもの。
GI値が低いほど血糖値の上昇が遅く、インスリンの分泌は遅くなります。

つまり、GI値が低い食べ物ほど、ゆっくり吸収されるため腹持ちがよく、内臓脂肪を落とすためにはぴったりなのです。

おもな主食のGI値

では、おもな主食のGI値を見てみましょう。

おもな主食のGI値
■お米

  • 精白米・・・・・84
  • 赤 飯 ・・・・・77
  • 胚芽米 ・・・・・70
  • 麦(押し麦)・・・65
  • 玄 米 ・・・・・56

■麺類

  • うどん ・・・・・・80
  • スパゲティ ・・・・65
  • 中華麺 ・・・・・・61
  • そ ば・・・・・・・59
  • 全粒粉パスタ・・・・50

■パン

  • 菓子パン類・・・・・・95
  • 食パン・・・・・・・・91
  • ロールパン・・・・・・83
  • ベーブル・・・・・・・75
  • 全粒粉・ライ麦パン・・55

GI値の低い食事にシフトするには?

白米より玄米がよい

白米やうどんより、玄米や全粒粉パスタのほうがGl値が低いことがわかりますね。

米や麦などの食材は、精白(精製)されていないもののほうが、食物繊維やミネラルが残っているため、GI値が低くなります

例えば、玄米なら白米に比べ、1.5(84÷56)倍太りにくいといえますね。

たとえば、食パンより全粒粉パン、ロールパンよりはベーゲルのほうが、Gl値が低くなります。

内臓脂肪を落とすには、なるべくGI値の低い食材にシフトするのもおすすめです。

 

【チェックポイント】

血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ない主食」を選びましよう。
jigazou

 

本文から、肥満を防止するには、血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ない主食」を選べば良いことがわかりますね。
なお、別の方法として、主食を炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることによる方法も有効です。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?放置すると危険?治療するには?

昼間も眠気が取れない、大事な会議中でも眠気が襲ってくる……。 あなたにはこのような経験はありま

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とくに女性には多いと思います。

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。 脂質は、体のエネルギ

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑