早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言われています。

それは、ゆっくり時間をかけて食べたほうが太りにくいし健康にも良いからです。

実は、食事のペースを遅くするのには、もう1つ方法があります。

それは自然にかむ回数が多くなるような食材を選ぶこと

やわらかいものばかりだと、どうしてもかむ回数が減ったり、よくかまなくても飲み込めてしまうからです。

ここでは、かむ回数が多くなるような食材を選ぶことで早食いを防ぐ方法をご紹介します。

噛む回数が少ない食材は

麺類

たとえば、かまずに食べるものの代表として麺類があります。

ラーメン、うどん、そば。昼食として人気なのは、食べるのに時間がかからないこともあると思います。

日本人なら、すすって食べますし、スープがあるのでそのまま流し込めてしまいます。

咀嚼(そしゃく)という観点からいえば、スパゲティもあまりかまずに食べられそうですね。

ふわふわしたパン

パンもふわふわしたものならかむ回数は少ないでしょう。

 

噛む回数 多い食材は

食パンやロールパンと比べれば、皮がパリッとしたバゲットや生地がしっかりしたベーダルのほうがかむ回数は多くなるでしょう。

パンを選ぶならハード系のパンのほうがゆっくり食べられます。

しかし、麺類やパンよりも、かむ回数が多いのは、やはりごはんです。

お茶漬けやおかゆ、雑炊など、サラサラッと流し込めるようなものは別として、主食・主菜・副菜・汁物など、いくつかおかずのある定食を食べるようにすれば、自然にかむ回数が増えます。

また、ごはんではあっても、親子井や中華井などは、かき込んで食べがちなので、一品料理よりも定食系のほうがゆっくりかんで食べられます。

噛む回数を増やすには

よくかむ食材や料理を選ぶ

ごはんでも白米から玄米や雑穀米に変えると、さらにかむ回数が増えます。

しっかりかむので量も抑えられるでしょう。

もちろん、栄養も豊富なのでおすすめです。

主食の選び方だけではなく、おかずの中にもよくかむ食材を入れましょう。

たとえば、こんにゃくやきのこ、根菜類 (ゴボウ、レンコン、タケノコなど)を使ったおかずや、野菜を大きめに切った煮物などです。

また、ハンバーグなどのひき肉料理より、しょうが焼きやステーキなど1枚肉の料理のほうがかむ回数が増えますね。

早食いになっているのは、やわらかいものばかり食べているせいかもしれません。

全部を変える必要はありませんが、1品だけでもよくかむ料理を取り入れてみてください。

噛む回数を増やす食事へのシフト例

たとえば、こんな感じにシフトしていきます。

●麺類やパン  よりは →ごはん

●井ものやおかゆ、雑炊、お茶漬けよりは →定食

●白米      よりは →玄米

●ハンバーグ   よりは →しょうが焼き、ステーキ

また、水をガブガブ飲みながら食事をしていると、かまずに飲み込めてしまいます。

食事中にはなるべく飲み物は控えて、前後に飲むようにしましょう。

また、アルコールはカロリーだけでなく、食欲を増進させる効果があるので、ほどほどにしてください。

 

【チェックポイント】

ゆっくり食べられるよう「かむ回数が多くなる食品」を意識して選びましょう。

噛む回数をふやすには「GI値の少ない主食」を選べば良いでしょう。
それにより、肥満を防止するには、血糖値の上昇がゆるやかになり、肥満を防止することができるからです。

たとえば、主食を炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることによる方法も有効です。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは健康制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑