早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言われています。

それは、ゆっくり時間をかけて食べたほうが太りにくいし健康にも良いからです。

実は、食事のペースを遅くするのには、もう1つ方法があります。

それは自然にかむ回数が多くなるような食材を選ぶこと

やわらかいものばかりだと、どうしてもかむ回数が減ったり、よくかまなくても飲み込めてしまうからです。

ここでは、かむ回数が多くなるような食材を選ぶことで早食いを防ぐ方法をご紹介します。

噛む回数が少ない食材は

麺類

たとえば、かまずに食べるものの代表として麺類があります。

ラーメン、うどん、そば。昼食として人気なのは、食べるのに時間がかからないこともあると思います。

日本人なら、すすって食べますし、スープがあるのでそのまま流し込めてしまいます。

咀嚼(そしゃく)という観点からいえば、スパゲティもあまりかまずに食べられそうですね。

ふわふわしたパン

パンもふわふわしたものならかむ回数は少ないでしょう。

 

噛む回数 多い食材は

食パンやロールパンと比べれば、皮がパリッとしたバゲットや生地がしっかりしたベーダルのほうがかむ回数は多くなるでしょう。

パンを選ぶならハード系のパンのほうがゆっくり食べられます。

しかし、麺類やパンよりも、かむ回数が多いのは、やはりごはんです。

お茶漬けやおかゆ、雑炊など、サラサラッと流し込めるようなものは別として、主食・主菜・副菜・汁物など、いくつかおかずのある定食を食べるようにすれば、自然にかむ回数が増えます。

また、ごはんではあっても、親子井や中華井などは、かき込んで食べがちなので、一品料理よりも定食系のほうがゆっくりかんで食べられます。

噛む回数を増やすには

よくかむ食材や料理を選ぶ

ごはんでも白米から玄米や雑穀米に変えると、さらにかむ回数が増えます。

しっかりかむので量も抑えられるでしょう。

もちろん、栄養も豊富なのでおすすめです。

主食の選び方だけではなく、おかずの中にもよくかむ食材を入れましょう。

たとえば、こんにゃくやきのこ、根菜類 (ゴボウ、レンコン、タケノコなど)を使ったおかずや、野菜を大きめに切った煮物などです。

また、ハンバーグなどのひき肉料理より、しょうが焼きやステーキなど1枚肉の料理のほうがかむ回数が増えますね。

早食いになっているのは、やわらかいものばかり食べているせいかもしれません。

全部を変える必要はありませんが、1品だけでもよくかむ料理を取り入れてみてください。

噛む回数を増やす食事へのシフト例

たとえば、こんな感じにシフトしていきます。

●麺類やパン  よりは →ごはん

●井ものやおかゆ、雑炊、お茶漬けよりは →定食

●白米      よりは →玄米

●ハンバーグ   よりは →しょうが焼き、ステーキ

また、水をガブガブ飲みながら食事をしていると、かまずに飲み込めてしまいます。

食事中にはなるべく飲み物は控えて、前後に飲むようにしましょう。

また、アルコールはカロリーだけでなく、食欲を増進させる効果があるので、ほどほどにしてください。

 

【チェックポイント】

ゆっくり食べられるよう「かむ回数が多くなる食品」を意識して選びましょう。

噛む回数をふやすには「GI値の少ない主食」を選べば良いでしょう。
それにより、肥満を防止するには、血糖値の上昇がゆるやかになり、肥満を防止することができるからです。

たとえば、主食を炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることによる方法も有効です。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは健康制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

病気の元凶となる ″リーキーガット症候群”とは?その原因と改善方法は?

消化不良による腸内環境の悪化の症状は以下の記事でもご紹介しました。 ⇒腸の重要な働きとは?腸内

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されてい

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマー

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)

記事を読む

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてくれます。 「消化酵素」 

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑