基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。

一方、飽食の時代、食料は豊富ですから、つい好きなものに手が伸びてしまいます。

こうして、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れ、冬太りになってしまうのです。

あなたは大丈夫ですか?

体脂肪を減らすには、食べるのを減らすか、動くのを増やすか、そのバランスを適切に保つことがたいせつです。

活動強度を上げれば、「食べても太らない身体」になるのですね。

ここでは、あなたの活動レベルを高める方法をご紹介します。

基礎代謝を上げる方法は?

栄養バランスのよい食事を必要量食べて、活動的に身体を動かせば、1日の活動量が少しずつ増えてきます。

そうすると、基礎代謝も次第に上がりますから、多少食べても太らない身体になります。

基礎代謝とは、体温の維持や臓器を動かすために消費される、生きるための必要最小限のエネルギー量のことで、安静時代謝とも言います。

基礎代謝を高めるには、身体を動かし筋肉を多くして消費エネルギー量を増やすこと。

どんなささいな運動でも、身体を使うことによって基礎代謝が高まり、消費エネルギー量が増え、結果、太らない身体になるというわけです。

ですから、日常生活を活動的にすることで太らない身体になるのです。

日常生活 を活動的にするには?

日常生活を活動的にするために、「寝ているより起きる、起きるより座る、座るより立つ、立つより歩く」という文言があります。

  • 寝ころんでいるのなら起きなさい。
  • 起きているのなら座りなさい。
  • 座るのだったら立ちなさい。
  • 立っているのだったら歩きなさい。

つまり、現状の自分の活動強度のレベルを一つ上げることを促すメセージです。

より活動的な身体の動きによって、1日の活動量が少しずつ増えてきますから、その活動的な生活を促すための文言なのです。

日常生活 の活動レベルを上げるには?

「そうだ、ゴロゴロしていないで、掃除を始めようー」という気持ちになるように、自分の生活に生かしましょう。

活動レベルが上がり、基礎代謝を上げることは、ただ太らないというだけではありません。

骨も丈夫になりますし、至って健康になります。

でも、ダイエットは何か特別な運動をしなければダメだというのではありません。

たとえば、電車に乗っても、すぐに座るのではなく、常に立っていようとか、エレベーターやエスカレーターを利用せず階段を歩こうとか、そのようなちょっとした日常生活の動きを活動的に変化させることで、基礎代謝は上がります。

ここでやせなければまずいとばかり、いきなり過3回フィットネスクラブに行くことを決めても、はたしてそれがいつまで続くがわかりません。

要するに、やれるところから、ちょっとずつでもやっていきましょうという姿勢を持つことです。

駅の階段を今日からすべて上がりなさいと言っているわけではないのです。

憤れるまでは、最初は行きだけにして、慣れたら帰りも階段を歩こうというように、少しずつ自分を進歩させていくことが、大事なことなのです。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

基礎代謝をあげるために、日常生活のちょっとしたことでの活動強度をあげることが大切ですね。

ここではあの、カリスマブロガーのあいにゃんが衝撃の美ボディになったというダイエットサポートサプリCUTEMEと一緒に手に入る

CUTEME(キュートミー) エクササイズを動画でご紹介します。

なお、CUTEMEの購入については、コチラの記事を参考にしてください。
↓ ↓ ↓
「CUTEMEサプリの危険な罠」これだけは絶対にやってはいけません!

 

ダイエッターサポータサプリCUTEMEの公式ページは

↓↓こちらをクリック↓↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻

記事を読む

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロリーが消費力ロリーより多いから

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑