短期間 ダイエットは健康を害す?リバウンドする理由は?減量の目安は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

急激なダイエットで、かえって太る!

太りやすくなる、健康を害す。とよく言われます。

これでは、まるでいいことなしですね?

健康的に痩せて、理想の体重になった後にリバウンドせず、体重の維持はできないのでしょうか?

ここでは、短期間ダイエットの健康への影響や、リバウンドしやすくなる理由を確認の後、リバウンドせず、理想体重を維持する方法をご紹介します。

短期間 ダイエットは健康を害す?

短期間 ダイエットは危険?

日常、あまり食生活を考えないで、ある日、自分の体重が適正体重をはるかに上回っ
ていたことに気づき、あわててダイエットを始める人は少なくありません。

このとき、早くもとに戻そうと焦り、1年で5キロ太ったのに、1か月で5キロ体書落とそうと張り切る人がいます。

ところが、このように短期間でやみくもに減量することは、非常に危険なことなのです。

1グラムの体脂肪は、約7キロカロリー消費しないと消失しません。

つまり体重1キロ減らすには、7000キロカロリーを消費させる必要があります

ということは、1ヶ月5キロ減らすのてあれば、3万5000キロカロリーをーか月で消費させなければならないことになります。
そのため、1日あたり約1,170キロカロリー分食事を少なくする必要があります。

これは、食べないで激しい運動をしなければ達成できず、健康を損ないかねない危険なダイエットなのです

健康を維持しながら減量するには

1か月に体重1キロ減らすには、ふだん食べている量よりも、1日当たり約230キロカロリー分食事を少なくする必要があります。

この程度のペースなら、健康を維持しながら減量する事ができるでしょう。

つまり、そのくらいの気持ちでやっていかなければ、健康を維持しながら減量するということは難しいのです。

短期間 ダイエットでリバウンドする理由は?

 「ダイエット中」という間違った考え方

短期決戦を試みようと、あれは食べない、これも食べない、そして運動はハードにするということがダイエットをする人によく見られる傾向ですが、その人たちの特徴として一番多いのが、「ダイエット中」という考え方です。

ダイエット中だからといって極端に食事を減らす。運動も激しくやる。

そして、目標体重になると、ダイエットは終わり。

ほとんどの人は、「ダイエット中」を終えたなら、おおよそ食事をもとに戻してしまいがちです。

そうすると、ダイエットをする前よりも余計に太ってしまうリバウドを起こしてしまうのです。

リバウンドする理由は?

リバウンドとは、ダイエットによって減少した体重が、短期間でもとに戻ったり、
ダイエットをする前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの原因については次の記事でもご紹介しています。
リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

人の身体は環境に適応しょうとしますから、急激な摂取カロリーの減少を体験した場合、身体の危機管理システムが働いて、体内に入ってきた脂肪を逃さず吸収しょうとします。

従って、リバウンドを防ぐには、目標体重になっても、ダイエットを継続する必要があるのです。

ダイエットで減量の目安は?

本来のダイエットとは

では、ダイエットで目指すべき減量のスピードはどの程度がよいのでしょうか

1つの目安となるのは、1か月に1キロの減量という基準です。

これを超えて月に2キロとか3キロ、10キロと目指す減量が増えるほど、それは「危ないダイエット」、かえって 「太る食べ方」 になってしまう恐れが濃厚だからです。

つまり、ダイエットをしていると内臓も、いつ次に食べ物が入ってくるかわからないという危機を感じて、食べ物が入ってくると前よりも吸収しようとするので、どんどん太るほうに身体が変わっていってしまうのです。

ダイエットをして、前よりも太っては何の意味もありませんし、そもそも本来のダイエットとは言えません。

リバウンドせず理想体重を維持するには

それでは、ダイエットで理想の体重になった後にリバウンドせず、体重の維持はできないのでしょうか?

その方法については以下の記事が参考になるでしょう。
ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

リバウンドしてしまうダイエット法は誤ったダイエット法です。
本文にあるように、短期間で痩せようとしてリバウンドしてしまうのは、無理があるからです。
ご自分の採用しているダイエット法を正しく理解して取り組むことが大切です。

例えば、糖質制限の場合、「糖質を制限するだけダイエット」は誤りです。
糖質は控えるもののそれ以外の栄養素は、むしろしっかり摂ることが大切です。

ちなみに、野菜が不足気味な私は補助食品 すっきりフルーツ青汁で、ビタミン、ミネラル、食物繊維を補っています。

faojiru.s

 

「すっきりフルーツ青汁」の公式サイトはこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

低カロリー雑炊 ダイエットで30kg減!そのレシピ、方法、効果とは?

コージーさん 31歳男性、販売スタッフ 身長176cm 私のダイエットをした動機ですが、肥満化

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからといって、朝食を抜く人がいます。

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑