腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。

このブログのでも、以下の記事で取り上げましたね。
便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?
2006年にアメリカのワシントン大学の研究チームが、科学雑誌『ネイチャー』に発表して注目を浴び、世界各地の研究機関や大学で研究が続けられています。

ここでは腸内フローラとは何かをまず確認し、マウスを使った実験で「バクテロイデス属」と呼ばれる細菌群に肥満を防ぐ働きがあることが判明したこと、および肥満改善には腸内環境の改善が必要なことをご紹介します。

腸内フローラとは?

腸内フローラ」は、100兆個以上と言われる腸内の細菌のことで、顕微鏡で見ると、細菌群が花畑のように見えることから「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

食生活や感染症などで腸内細菌の構成、バランスが乱れると、腸の病気やアレルギー、メタポリックシンドロームなど、さまざまな病気につながることが指摘されています。

この細菌の中に、血糖値を下げる性質を持つ細菌群が存在することが明らかになりました。

 

肥満の人の腸内細菌をマウスに移植したら

完全無菌状態で育てたマウスに肥満の人の腸内細菌を移植し、もう一方のマウスには、やせている人の腸内細菌を移植した研究結果によると、2匹とも食事、運動量など、同じ
条件で育てたにもかかわらず、やせている人の腸内細菌を移植したマウスの 「脂肪量」に変化はありませんでした。

ところが、肥満の人の腸内細菌を移植したマウスは、どんどん脂肪が増えて太ってしまい、実験を繰り返しても結果は同じだったと言います。

調べると、太ってしまったマウスには「バクテロイデス属」という名前の細菌群が少ないことが判明しました。

この細菌群「バクテロイデス属」に肥満を防ぐ働きがあったのです。

 

肥満を改善するには?

バクテロイデス属の働きは?

バクテロイデス属」は、肉食中心の欧米人に多く、これまでは悪玉菌とされてきました。

ところが、前述のマウスの実験でも判明したように、この細菌群が肥満者に少ないことから、肥満を抑制する働きがある可能性や、炎症をおさえるなど免疫調整機能にも関与していることが明らかになりました。

そして、「バクテロイデス属」は善玉菌としての顔も注目されるようになりました

「バクテロイデス属」がつくり出す短鎖脂肪酸」は、筋肉に作用して脂肪を燃やし、全身のエネルギーのコントロールを行って肥満を防いでいる可能性が考えられます。

食物繊維は腸内細菌の餌?

そして「腸内細菌」 のエサになるのは食物繊維です。

食物繊維は、腸内の悪玉菌を減少させ、有害物質を取り除く働きがあります。

玄米や麦などの穀類、大豆や納豆などの豆類、キノコ類、海藻類、ヒジキなどの乾物類、サトイモやレンコン、ゴボウ、ダイコン、ニンジンなどの根菜類など、食物繊維が豊富に含まれる食品をバランスよく食べることが、陽内の善玉と悪玉細菌群のバランスを改善するために有効です。

食生活で腸内環境を改善することも、糖尿病治療の一つになる可能性がありますが、腸内細菌の研究は、遺伝子解析技術の発達によりはじまったばかりで、今後の研究が待たれる領域です。

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

植物繊維が豊富な青汁は、腸内環境を整えるのに有効な補助食品です。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉が使用されており、食物繊維が豊富です。
その上、フルーツや野菜のエキスも存分に配合されているので、ミネラル(カルシウムが牛乳の約4倍)や多くのビタミン類などの栄養素を一気に摂取できます。

おかげで、私は毎日、快腸な生活を送っています。

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

ハンバーガー+ポテトのカロリーは?+マヨネーズなら?ヘルシー対策は?

ファストフードの代名詞といえば、ハンバーガーでしょう。 安い値段も手伝って、食欲旺盛な若い人に

記事を読む

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは? では、ビフィズス菌

記事を読む

ラーメン+ ご飯 のカロリーと塩分のとりすぎに注意!その対策は?

サラリーマンのランチメニューとして、ラーメンも人気があります。 ラーメン店や中華料理店の中には

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという事実をご存知ですか? 短期間で体重を減ら

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

青汁による置き換え ダイエットのやり方は?効果は?成功の秘訣は?

mana_mさん ダイエット時、20歳女性 OL 身長:160センチ 20歳の時、就職した会社

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑