満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。

でも、「早食い」を直せば「大食い」にならないってご存知ですか?

あなたは、「早食い」になっていませんか?

ここでは、まず、「早食い」を直せば「大食い」にならない理由を明らかにし、「早食い」を直す方法として、「よく噛む」ことの効果とゆっくり食べる方法についてご紹介します。

満腹中枢をコントロールするには

私たちの食欲をコントロールしているのは、脳の視床下部というところにある「摂食中枢」と「満腹中枢」と言われています。

そうであるなら、この満腹中枢を自由にコントロールできれば減量ができるはずですが、そう簡単なことではありません。

摂食中枢は「血液中のブドウ糖が少ないので食べましょう」と脳から指令を出します。

満腹中枢は血液中のブドウ糖が増えてくると「お腹がいっぱいです。食べるのをやめましょう」と、食欲にストップをかけます。

ところが、満腹中枢が働くには、量に関係なく、食べはじめてから20分ほどかかます。

ということは、よく噛まずにどんどん食べすぎてしまう「早食い」は、満腹中枢が働くころには、すでに必要以上に食べすぎているということです。

このことから、食事は20分~30分かけてよく噛み、ゆっくり食べることが理想的なのです。

ゆっくり 食べる 方法は

ゆっくり食べる方法
・料理をよく味わって食べる。

・食材は硬めに調理する。

・ひと口食べるごとに箸を置く。

・小さいスプーンを使う。

・みそ汁やお吸い物、スープなどは、口の中の物がなくなってから飲む 等。  

汁物は、食べ物が口の中に残っている状態で飲んでしまうと、よく噛んでいない食べ物を流し込んでしまうことになるからです。

何でも習慣ですから、よくない習慣は引きずらないで、どこかで断ち切る覚悟が必要です。

テレビを見ながらの 「ながら食い」でも、ゆっくり食べることができるのであれば、いいと思います。

要は食べすぎなければいいのです。

料理をよく味わって食べるのも、日ごろから意識することが大切です。

人によっては仕事の都合でどうしても時間がなく、早く食べざるをえないときもあると思います。

そのようなときは食べすぎないよう、最初に量を決めて食べるといいでしょう。

よく噛むことの効果は

早食いのデメリット

前述したことから、どうしても満腹になるまで食べてしまう人は、ほとんど 「早食い」だということがわかります。

本当なら食べなくてもいい量の食べ物をよけいに食べてしまっていると言えます。

満腹中枢が摂食ストップの信号を送るころには、食べすぎていて、いつもそれが習慣化しています。

ですから、本人には食べすぎたという感覚はあまりなく、満腹だから食事をしたという満足感があります。

習慣化しているので、この満足感を得られなければ食べた気がしないという悪循環にも陥っています。

さらに、「早食い」 のよくない点は、短時間でかなりの量を食べるわけですから、当然よく噛んでいません。

噛んでいないということは、唾液がしっかり出ていないということです。

唾液の役割は

唾液は非常に重要な役割を持っています。

唾液に含まれるアミラーゼという酵素には消化作用があり、糖質を分解吸収しやすくし、またリゾチームやムチンなどには抗菌作用があります。

ほかにも唾液には咀嚼(噛み砕く)や嚥下(飲み下す)を助ける役目を持っており、口の中を清潔に保つ自浄作用もあります。

また、食べ物で酸性に偏った口の中を中性にする働きもあり、虫歯になるのを防ぎます。

そして、唾液がなければ、味覚さえあやふやなものになってしまいます。

最近では、唾液が少ないと糖尿病や痴呆にもなりやすいという説もあるようです。

よく噛まない原因と対策は

よく噛まない原因には、柔らかい食べ物が多いことが挙げられます。

かたいものなら飲み込みにくいので、多少噛みますから、よく噛むには歯ごたえのあるものを食べるようにしたほうがいいということになります。

最近の子供が好きなメニューは、ハンバーグ、カレーライス、オムライスなど、あまり、噛まなくてもいいような柔らかいものが多いようです。

お肉ならハンバーグよりも焼肉にするとか、ご飯なら精白米よりも七分づき米にするとか、できるだけ歯ごたえのあるものを選ぶようにしたいものです。

また、野菜は大きめに切ったり、かためにゆでたり、焼いたり、調理を工夫して、噛む習憤をつけてください。

噛む回数を増やすことによって、早食いの予防にもなり、唾液の分泌もよくなり、顎や頭の発達にも影響してくるのですから、嘩液のパワーを十分利用しない手はありません。

なお、噛む回数を増やす方法については、以下の記事が参考になるでしょう。

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 わたしたちは、この傾向から学ぶべき

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

糖質制限のダイエット 効果は?体脂肪が減る理由は?インスリンが脂肪分解を抑制する? 

近年、糖質制限のダイエット効果を示すエビデンス(科学的根拠)が内外で発表され、注目されています。

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑