間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

間違った ダイエットとは?

ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べない」という選択をしています。

それは、ダイエット中』という言葉の根底にある誤りであることは既にご紹介しました。

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

 

いくらダイエットといっても、元気に活動するための、その人なりの必要エネルギーというものがあります。

張り切ってダイエットをしようとする人が陥りがちな低カロリー、少食への猛進は間違ったダイエットと言えます。

 

食べる ダイエットの方法は?

では、食べるダイエットを実践するにはどんな方法があるのでしょうか?

例えば、スーパーマーケットに行くと、さまざまな低カロリー食品が並んでいます。

  • 低脂肪、無脂肪の牛乳やヨーグルト、
  • 20パ-セント脂肪をカットしたチーズ、
  • カロリーハーフのマヨネーズ、
  • ノンカロリーの砂糖、
  • プリン体ゼロとか糖質ゼロのビールや日本酒など。

ですので、これらを利用するのも1つの方法です。

たとえ減量中であろうと、1日に必要な最低限のエネルギーを摂取して活動しなければ、かえって太りやすい体質をつくってしまいます。

ですから、極端に食事の量や回数を減らすのではなく、低カロリー食品なども取り入れながら必要量を食べてください。

ダイエットの本来の意味は?

ダイエットとは、「正しい食事」「食習慣」というのが本来の意味。

ですから、やせすぎている人ならば、ある程度、適正体重に近づけることもダイエットになります。

要するに、ダイエットとは「健康体を取り戻す」ということ、「健康体のための食事や生活習慣」のことです。

書店に並ぶダイエット本を見れば、「腹巻ダイエット」「○○サプリでダイエット」というように、何かにからめてダイエットという単語さえつければ、〝やせられる”
ということで、本は売れる、巷ではその話題で踊らされているというのが規状です。

「ダイエット」とは食事の量を減らすことでしょう? と必ず言われますが、それが間違いなのです。

ダイエット」とは、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることなのです。

間違ったダイエットが巷に氾濫していますが、1人でも多くの人が本当のダイエットを知って健康になることができるよう、願っています。

 

まとめ

  • やせて健康を害したら元も子もない
  • 減量中でも「必要エネルギー」は摂収しなければならない
  • ダイエット」とは、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくること

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

加齢とともに、太りやすくなることから、40歳以降の方がダイエットするにはその方の状況に応じた様々な工夫が必要ですね。

ちなみに、60代で糖尿人でもある私は、糖質は控えるもの、肉や魚などのタンパク質と良質の脂質(オリーブオイルやココナッツオイルなど)をしっかり摂り、食べるダイエットを実践しています。

また、腸内環境を改善し必要な栄養素をしっかり摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を利用しています。

「すっきりフルーツ青汁」の詳しくはこちら
↓ ↓公式サイトはこちらから↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」とい

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

食事制限によるダイエットのメニュー|青汁で置き換える理由は?その効果は?

nobuaさん 24歳男、事務職、身長:186センチ 私がダイエットに取り組んだのは、大卒で

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材と言われています。 その理由は大麦若葉は栄養バランスをと

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑