自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

ですから、もちろん適正体重より多い人は体重を落とす必要があります。

しかし、やせすぎの人は、自分にとって必要な食事量を理解してきちんと食べ、適正体重に近づけることも意味します。

ところが、世間では体重を落とすことのみがダイエットだと誤解されています。

そもそもあなたにとって、本当にダイエットが必要なのでしょうか?

自分の適正体重を知るには?

正しいダイエットを実践する上で、まず自分の適性体重は何キロかを知ることが大切です。

ダイエットの本来の意味についてはこちら
間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

そして、自分は体重を減らす必要があるのか、それとも増やす必要があるのかを判断しましょう。

適正体重であれば、やせる必要はまったくありません。

自分を知らないで、ただやせたいやせたいと先走るのはもうやめて、本当の健康管理をしていれば、太ることもないのです。

そのための指標となるのが、肥満度(BMl値)と標準体重です。

肥満度の計算方法

まず自分の肥満度を計算してみましょう。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMl値

例えば、165cm(l.65m)の身長で65kgの人のBMI値は、

65(kg)÷1.65(m)÷1.65(m)=23.9となり、

後述の「BMl 判定基準( 日本肥満学会)」で判定すると「標準」ですから、現在の体重を維持すればいいことになります。

BMl値は、肥満を簡単に判定する指標として、一般的に使われているものです。

標準体重の計算方法

この指標では、統計学的にもっとも疾病率が低い値が男性22.2、女性が21.9であったことから、日本肥満学会はその基準値を男女とも22としました。

そこから、自分の標準体重を計算してみましょう。

身長(m)×身長(m)×22=標準体重(kg)

これが、あなたが本当に健康でいられる体重です。

多ければ、やはり減量する必要があります。

しかし少なかった場合は、減量のためというより、健康的な食習慣のヒントとして、考えればよいでしょう。

ベストの体重とは?

ただ、これらの基準値が絶対というわけではありません。

じつは、私自身これらの計算をすると、やや「太り気味」という数値になります。

でも、病気になったこともほとんどありませんし、体調はいたって良好で、自分でもベストの体重だと思います。

あまり神経質に基準値ばかりを気にしすぎると、自分にとって健康な状態とはどういうものなのか、わからなくなってしまいます。

標準体重よりも少しオーバー気味であっても、少なくても、

無理がなく、よく動くことができて、毎日が楽しい、生活しやすい

このようなときの体重こそが、自分のベストの体重ということを知っておいてほしいと思います。

 

BMl 判定基準(日本肥満学会)とは?

BMl値による肥満度判定

BMl値       判 定

  • 40以上      極度の太りすぎ→かなりの減量が必要です
  • 5~40未満        非常に太りすぎ→減量が必要です
  • 30~35未満    かなり太りすぎ→減量が必要です
  • 25~30未満    太りすぎ      →少しずつ減量が必要です
  • 18.5~25未満   標準         →現在の体重を維持しましょう
  • 18.5未満      やせすぎ     →標準体重に近づけましょう

ダイエット判定サイトご紹介

また、体重や身長を入れるだけで、あっという間に、肥満度の計算をしてくれるサイトをご紹介します。

自分で計算するのが画倒、計算は苦手、という方は、ぜひこちらのサイトでご自分の身体のことを知ってください。

後藤恭子の簡単ダイエット判定サイト

 

 
スポンサーリンク


 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

肉や魚

これだけは必要!ダイエット食の基本とは?

ダイエットの基本は、腹八分目で、一日のカロリーを1600~1800キロカロリーにし、 高タンパク・

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑