肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だから大丈夫」と安心した方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現在の数値の結果が健康だから5年後も健康だとは限りません。

今後、問題が出てくる可能性はないとは保証できないからです。

逆に太っていて、標準体重よりも10キロオーバーしているけれど、自分は問題ないと思うという人の場合は、これは問題です。

ここでは、肥満の身体への負担や生活習慣病との関係、高い肥満度の人の注意点などをご紹介します。

肥満は健康問題を引き起こす?

10キロ体重が多いことが、その人の身体にどれだけ負担になっているのでしょうか。

標準よりも10キロ太っている人は、10キロの米俵を背負っているのと同じで、今はなんともなくても、肥満であることには変わりありません。

例えば、適正体重60キロの人が、70キロの体重がある場合は、その人はたまに10キロの荷物を背負うのではなく、歩いているときも座っているときも、ずーっ
とその荷物を背負って生活しているということです。

そのように考えると、肥満がいかに身体に負担をかけているかということが、よくわかるのではないでしょうか。

たとえ、現在は問題なくても、5年後の健康問題につながりやすいのです。

肥満は生活習慣病の原因に?

肥満は、生活習慣病である糖尿病、脳卒中、高血圧、心臓病、脂質異常症など、いろんな病気を引き起こします。

ですから、今私は太っていてもなんともないから、今後もずっと大丈夫とは考えにくいのです。

目に見えないところで、肥満が呼び起こす生活習慣病というものが、いつか芽を出すときが来ます。

BMI値の出し方をご説明したときも触れましたが、日本肥満学会はBMI値22という数値を基準値としています。

理由は、その数値が肥満に強く関連する病気にかかりにくいからです。

 

BMI 25 以上は要注意!

BMIが25以上になると、肥満が原因となる病気にかかる人が増加するという結果が出ています。

たとえ健康診断で、「血圧や血中コレステロール、血糖値が異常値ではありません」と告げられたとしても、BMI値が25以上なら、十分に注意すべきでしょう。

BMI値が35以上の高い肥満度の人は、運動をいきなり始めると膝の関節や骨に負担がかかりすぎる場合がありますから、十分注意してください。

特に、肺や心臓などの内臓へ負担がかかりすぎて身体を壊すことにもなりかねないので、非常に危険です。

ダイエットには、食事と運動の同時療法が効果的ではありますが、高い肥満度の人は、運動は専門の方と相談しながら行なってください。

賢く健康を維持し、楽しく生きていける身体をつくるためにも、自分に合った食事や運動の仕方をマスターしていただければ幸いです。

まとめ

  • 今の食事が、5年後の健康を左右する
    肥満は、つらく、恐ろしい生活習憤病を引き起こす!
  • 太るほどに、健康上の〝重荷″は増すばかり
    太ることで、肺や心臓にまで負担がかかる

なお、肥満のリスクを低減する食事の方法については次の記事が参考になるでしょう。

肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?

ダイエットアドバイザーのコメント


  

「年齢とともにポッチャリ、ブヨブヨ。昔はこんなことなかったのに…」

年齢とともに深刻になってくる中年太り。

ダイエットしようとしてもなかなか落ちにくい…。
食べる量は増えていないのに、なぜかブクブク…。

あなたは、そんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

中年太りの原因は、ズバリ「基礎代謝の低下」。
普段のエネルギー消費が低下しているから
食べる量は一緒でも、年齢とともに太ってしまうのです。

さらに年齢を重ねると「筋肉量」までもが低下してしまうから
自然と運動からも遠ざかり、ポッチャリ街道まっしぐら!なんてことも。

だからこそ、中年太り対策には
しっかりとカロリーをカットできて
ダイエットをサポートする成分が入った習慣を
選ぶべきなのです。

ティーライフ「メタボメ茶」は、
静岡の老舗お茶屋が、世界中から探し出した
4種類のお茶・素材を独自にブレンド。
「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「脂質ゼロ」に加え、
スッキリ、メラメラを応援する成分が入っていますので
まさに中年太り専用茶なのです!

▼累計販売135万個
 中年太り専用茶の実力を特別に500円でお試しください!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

お肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

体幹が老化すると?要介護のリスクは?筋肉を鍛える効果は?

  体幹とは、身体の頭部と四肢(左右の手足)を除く胴体部分のことです。

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るべきとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

PAGE TOP ↑