お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くありません。

お酒で太ると言う人のお酒の飲み方は、お酒以上に、から揚げや串カツなど、高カロリーのおつまみをたくさん食べてしまい、体重や脂肪が増えていることが多いようです。

ですから、お酒を飲んでもいいのですが、気をつけるべきは、「お酒の量とおつまみの選び方」にあると思ってください。

お酒の飲み過ぎを予防するには?

お酒の好きな方で「1杯や2杯じゃ我慢できない」という方は多くいます。

そでも、もしそこで3杯、4杯と飲みたいのであれば、次のようにすればよいでしょう。す。

  • 前の日にはお酒の量を少し減しておく。
  • または、飲んだ次の日のお酒を減らす。

つまり、1週間をトータルしてプラスマイナスゼロにすればいいです。

お酒のおつまみの選び方は?

ビールをたくさん飲むからビール腹になる、などと世間では言いますが、実際、ビールだけで大幅に体重が増えるとは言い切れません。

カロリーの高いソーセージなどの食べすぎのほうを疑ってみるべきですね。

意外と日本人はお酒を飲むときに、欧米人よりおつまみをよく食べるようです。

「お酒のあとのラーメンはタブー」の画像検索結果

外国人はショットバーのようなところで、それほど食べ物がなくてもお酒だけを飲めるのですが、日本人は何かおつまみが欲しいという人が少なくないのです。

そして、お酒のおつまみを選ぶなら、低カロリーや低糖質のものを選べばよいでしょう。

特に糖尿病が心配な方は糖質含有量が少ない、低糖質なおつまみを選びましょう。

 

飲みすぎ 食べ過ぎの調整法は?

結局、日本人は「お酒を飲むときにおつまみをよく食べる」ことが肥満、食べすぎ、カロリーオーバーになっています。

そのうえ、締めにラーメンを1杯食べているようでは、減量などできませんよね。「締めにラーメン」の画像検索結果

お腹が空いているのならラーメンではなく、おにぎり1個。

これなら脂肪も塩分も控えられます。

 

飲み過ぎや食べ過ぎを防ぐためには、自分が飲んだり食べたりするものは、一定量というものをきちんと決める習慣をつけましょう。

そして、オーバーしたのなら、次で控えてプラスマイナスゼロににすればいいのです。

前もって飲む、食べるとわかっているときは、前後の食事は少し控えめにしておきましょう。

そして、1週間で過不足をなくしていけばいいのです。

 

まとめ

  • 食べすぎや飲みすぎも、1週間で調整すればいい
  • 高カロリーのお酒のおつまみ、お酒のあとのラーメンはタブー

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

 

糖尿人の私は、お酒のおつまみは、血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ないもの」を選んでいます。
そして、お酒のあとはラーメンなど炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることにしています。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

和食のマナーは三角食べ?その弊害は?食べる順番ダイエットと は?

和食のマナーは三角食べ? 三角食べとは? 日本の家庭料理は一汁三菜を基本として、汁物・主食・主菜

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

体重の減量 目標 |ベストの体重は?減量ペースの理想とは?

なぜ人間は体脂肪を蓄積しようとするのかや、ダイエットには食事制限が必須であることも、運動を同時に行な

記事を読む

食べすぎが病気の原因!?食べすぎのサインとは?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いでは

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女

シミやシワを増やす原因は活性酸素とは?酵素ダイエットで美肌になる方法は?

記事 酵素が健康ダイエットの本命!生活習慣病を防ぎアンチエイジン

酵素ダイエット成功の要は腸!リンパ組織が腸に集中?腸の健康チェックの方法は?

記事 日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせ

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてく

→もっと見る

PAGE TOP ↑