お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くありません。

お酒で太ると言う人のお酒の飲み方は、お酒以上に、から揚げや串カツなど、高カロリーのおつまみをたくさん食べてしまい、体重や脂肪が増えていることが多いようです。

ですから、お酒を飲んでもいいのですが、気をつけるべきは、「お酒の量とおつまみの選び方」にあると思ってください。

お酒の飲み過ぎを予防するには?

お酒の好きな方で「1杯や2杯じゃ我慢できない」という方は多くいます。

そでも、もしそこで3杯、4杯と飲みたいのであれば、次のようにすればよいでしょう。す。

  • 前の日にはお酒の量を少し減しておく。
  • または、飲んだ次の日のお酒を減らす。

つまり、1週間をトータルしてプラスマイナスゼロにすればいいです。

お酒のおつまみの選び方は?

ビールをたくさん飲むからビール腹になる、などと世間では言いますが、実際、ビールだけで大幅に体重が増えるとは言い切れません。

カロリーの高いソーセージなどの食べすぎのほうを疑ってみるべきですね。

意外と日本人はお酒を飲むときに、欧米人よりおつまみをよく食べるようです。

「お酒のあとのラーメンはタブー」の画像検索結果

外国人はショットバーのようなところで、それほど食べ物がなくてもお酒だけを飲めるのですが、日本人は何かおつまみが欲しいという人が少なくないのです。

そして、お酒のおつまみを選ぶなら、低カロリーや低糖質のものを選べばよいでしょう。

特に糖尿病が心配な方は糖質含有量が少ない、低糖質なおつまみを選びましょう。

 

飲みすぎ 食べ過ぎの調整法は?

結局、日本人は「お酒を飲むときにおつまみをよく食べる」ことが肥満、食べすぎ、カロリーオーバーになっています。

そのうえ、締めにラーメンを1杯食べているようでは、減量などできませんよね。「締めにラーメン」の画像検索結果

お腹が空いているのならラーメンではなく、おにぎり1個。

これなら脂肪も塩分も控えられます。

 

飲み過ぎや食べ過ぎを防ぐためには、自分が飲んだり食べたりするものは、一定量というものをきちんと決める習慣をつけましょう。

そして、オーバーしたのなら、次で控えてプラスマイナスゼロににすればいいのです。

前もって飲む、食べるとわかっているときは、前後の食事は少し控えめにしておきましょう。

そして、1週間で過不足をなくしていけばいいのです。

 

まとめ

  • 食べすぎや飲みすぎも、1週間で調整すればいい
  • 高カロリーのお酒のおつまみ、お酒のあとのラーメンはタブー

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou

 

糖尿人の私は、お酒のおつまみは、血糖値の上昇がゆるやかな「GI値の少ないもの」を選んでいます。
そして、お酒のあとはラーメンなど炭水化物に変えてGI値の少ない大豆製品をとることにしています。

そのため、麺好きの私が利用している補助食品は大豆麺ソイドルです。

大豆麺ソイドルは糖質制限ダイエットの強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満 とは?原因は?太らない方法は? 

あなたはメタボよりも怖いと言われるサルコペ二ア肥満をご存知ですか? サルコペ二アとは、筋肉が減

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は? では肥満を防

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

カロリー制限ダイエットで成功しない理由は脳が食欲をコントロールしているから?  

あなたは おなかがすいたからではなく、脳を満足させるために、食べていませんか? 前回の記事「カ

記事を読む

ハンバーガー+ポテトのカロリーは?+マヨネーズなら?ヘルシー対策は?

ファストフードの代名詞といえば、ハンバーガーでしょう。 安い値段も手伝って、食欲旺盛な若い人に

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑