肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていませんか。

実は脂肪は、細胞でできています。

私たちの身体はたくさんの細胞で構成されていますが、脂肪もまた「脂肪細胞」が集まってできています。

この脂肪細胞が余った糖分や脂肪を取り込み、調整してくれているのです。

ところが、食べ過ぎの状態が続き、太るとこの脂肪細胞の働きは悪くなるのです。

ここでは、脂肪細胞の働きと食べ過ぎで起こる悪循環、及びそれをリセットし正常化する方法をご紹介します。

脂肪細胞の働きとは?

ストックしている脂肪を分解する

脂肪細胞は、血管のまわりを取り囲むようにして存在していて、必要に応じて、ストックしている脂肪を分解して血液に流しています。

それらの分解された脂肪はだいたい、活動用のエネルギーとなって消費されます。

一部は再び脂肪に戻ります。

血糖値や中性脂肪値をコントロールする

食事をすると血液の中に糖や脂肪が増えていきますが、余分なものは脂肪細胞が取り込んでくれます。

その結果、多少食べ過ぎたとしても、血糖値も中性脂肪値もコントロールされ、本来はあまり上昇しないメカニズムになっているのです。

ただし食べすぎる状態が続くと?

ところが、消費しきれない量を食べすぎる状態が続くとどうでしょうか。

脂肪細胞はがんばって取り込んで大きくなり、数も増やしていきますが、キャパシティには限度があります。

それを超えると取り込めなくなった糖や脂肪が血液中にとり残され高血糖や中性脂肪の高い状態が続き、病気になってしまうのです。

つまり、太ると、脂肪細胞が正常な働きをしなくなり、糖尿病動脈硬化などを引き起こしやすくなるのです。

食べ過ぎると起こる悪循環とは?

脂肪細胞は、糖や脂肪を取り込むだけでなく、別の働きもしています。

血液中に糖が増えていくと膵臓からインスリンが出て、糖をどんどん細胞内に取り込んでくれます。

筋肉細胞は血管から糖を取り込み、運動時に筋肉で燃やしてくれるわけです。

インスリンは糖から脂肪を作る働きもしています。

肝臓がエネルギーとして使われなかった余分な糖や脂肪を蓄えてくれます

正常な脂肪細胞は「アディポネクチン」という物質を出し、これがインスリンと一緒に働くと、インスリンの効果を強化します。

ところが、脂肪細胞が肥大化すると、分泌量が少なくなり、インスリンの作用が弱くなっていきます

また、脂肪細胞から分泌されるレプチンは、満腹感にも関わっています。

血液に乗って脳に達し、満腹中枢を刺激して、「お腹がいっぱいになった」と知らせてくれるのです。

レプチンがあまり出なくなると、満腹感がないので、さらに食べ過ぎてしまい、取り込める量も減りますから、さらに太ってしまう‥…・という悪循環におちいります

つまり、食べ過ぎによって、脂肪細胞が肥大すると、以下のような状況になってしまうのです。

食べ過ぎると起こる悪循環

1.糖や脂肪の調整能力が減ってしまう
2.インスリンの作用が弱まってしまう
3.食欲がコントロールできず、食べ過ぎてしまう⇒1.へ戻る

アディポネクチンは糖尿病や動脈硬化、高血圧を防ぐ作用もあります。

日本人は欧米人に比べて、アヂィポネクチンをつくりにくい体質の人が多く糖尿病や動脈硬化になりやすいのはこのためでもあります。

つまり、「太る」というのは、脂肪細胞の働きが悪くなることとイコールです。

食べ過ぎの悪循環をリセットする方法は?

食べ過ぎの悪循環をリセットし、脂肪細胞の働きを正常に戻す方法はズバリ肥満解消です。

ダイエットは単にスタイルの問題ではなく、脂肪細胞の働きを正常に戻すことなんです。

朝食を抜いて食事の回数を減らすより、回数を増やす方がいい理由もこのためです。

脂肪細胞が処理できる量は決まっていますから、これをオーバーすると脂肪細胞が大きくなります。

食事の回数が多いほうが1回に食べる量が少なくなります。

少ない回数で 同じカロリーを取るより、回数を増やすほうが太らないのはそういうわけなのです。

 

【チェックポイント】

  • 脂肪細胞の能力を超えて食べるから太る
  • 食事回数が多いほど太らない。
  • 肥満のメカニズムと脂肪細胞の働きを知って賢く食べましょう。
【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?放置すると危険?治療するには?

昼間も眠気が取れない、大事な会議中でも眠気が襲ってくる……。 あなたにはこのような経験はありま

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑